一覧へ戻る

実務翻訳で活躍

望月武弘さん
先生の教えを今も大切に。ITや特許の翻訳者として活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

田中久美子さん
自動車部品メーカーの社内翻訳者として活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

笠川梢さん
医薬翻訳者として活躍。修了後、受注案件の幅が広がった

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

小倉郁子さん
出版と映像を学んだ経験は実務翻訳にも必ず活きると思います

橋村吾土子さん
翻訳会社に勤務し社内チェッカー、翻訳者として活躍中

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

竹内英二さん
学習を始めて1年半で3社のトライアルに合格

村松沙綾さん
デザイン会社の正社員として翻訳業務にも関わる

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

松石奈保子さん
企業説明会がきっかけで翻訳会社に勤務

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

志田文子さん
新聞社で海外ニュースの翻訳者として活躍

官澤彩さん
社内翻訳者として新エネルギー関係の翻訳で活躍

加藤まり子さん
経済・金融分野の翻訳者として活躍

菊地清香さん
ニュース記事の翻訳で活躍

土岐治久さん
実務翻訳者としての第二の人生がスタート

三浦あかねさん
獣医師専用サイトの翻訳で活躍

染谷英昭さん
エンジニアの経験を活かし活躍

茂貫恵助さん
医薬翻訳の在宅翻訳者・チェッカーとして活躍中

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

佐渡麻衣子さん
受講中から積極的に情報収集。経験を積み、医薬系の翻訳で活躍

田中亜紀子さん
社内でどんな書類の翻訳を頼まれてもひるまなくなった

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

大塚敏文さん
メディカル分野の翻訳で活躍。さまざまなジャンルを学んだことが役立っている

中畑京子さん
実務翻訳のチェッカーとして活躍

矢島有記さん
在宅での翻訳とオンサイトのチェッカーで実務経験を積む

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

伊東照起さん
50代から翻訳の仕事を目指す!

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
菊地清香さん
子どものころから本が好きで、大学の卒業論文で英語文献を日本語に訳す機会があり、翻訳におもしろさとやりがいを感じる。大学卒業後、一般企業に入社。その後、フェロー・アカデミーで翻訳の勉強を始める。通信講座「翻訳入門<ステップ18>」修了後、「はじめての出版翻訳」「出版翻訳講座」「リーディング講座<ロマンス>」「マスターコース フィクション<ロマンス&ミステリー>」などを受講。翻訳者ネットワーク「アメリア」で応募した翻訳会社からニュース記事の翻訳を受注しながら、出版翻訳の学習を続けている。

インタビュー

徹底して原文と向き合う姿勢を身につけ、
ニュース記事の翻訳で活躍

2012年にアメリアで未経験者でも応募できる求人があったのでトライアルに応募したところ、合格して翻訳会社に登録となりましたが、まだ学習中の身でやはり至らないところが多かったためか、その会社とは継続的なお取引にはつながりませんでした。当時はまだ出版翻訳コースの中級講座を受講中で、「実際に仕事ができるのはまだまだ先だな」と割り切って課題の学習に力を注ぎました。

最近になって実務翻訳の求人に本格的に応募するようになりました。きっかけは、昨年夏にツイッターのオフ会で実務翻訳者の方々とお会いしたことです。そのときお会いしたみなさんの姿から「自分の腕一本で食べていく」翻訳者の仕事のやりがい、難しさや楽しさを感じ、「自分も早く翻訳で収入を得てこの人たちに近づきたい」と強く思いました。
「翻訳入門<ステップ18>」から学習を始めて3年目になるころで、ちょうど上級のマスターコースを修了したタイミングでもありました。翻訳の勉強も楽しかったのですが、オフ会で刺激を受けたこともあり、出版翻訳と並行して、それまではまったく考えていなかった実務翻訳にも意識を向けて行こうと思いました。
その第一歩として、日本翻訳者協会(JAT)の新人翻訳者コンテストに応募しました。思いがけず第2位に選んでいただき、副賞としてJATの年次総会IJET-25にご招待いただきました。IJET-25の会場でご挨拶をした翻訳会社の方に後日連絡を取って、トライアルを受けさせていただき、現在は、主にビジネス関連のニュース記事の翻訳と、英文資料を読んで抄訳する仕事を受注しています。

私は、出版翻訳の学習をメインにしてきたのですが、実際には出版翻訳の講座で学んだことはすべて実務翻訳の仕事に役立っています。入門講座では翻訳の土台としての英文法の知識を学び、出版の初級、中級では腰を据えて原文と向き合う姿勢を学びました。そして、上級講座で日本語として自然な文章を書く訓練を繰り返しましたが、こうした学習の全てが今の仕事に役立っていると感じます。表記の仕方など細かなルールに違いはありますが、それは実務翻訳のなかでもジャンルによって違います。出版翻訳の講座で「原文との向き合い方、翻訳者としての原文の読み方」を鍛えれば、実務の分野でも通用する可能性があると身をもって感じています。

実は、ステップ18を受講しているとき、課題を提出するまでにかなり時間がかかっていたため、「実際の仕事でこれでは通用しない」と焦ってしまい、スピードを上げたほうがいいでしょうかとトレーナーに相談したことがあるんです。そのときに、「この段階では、時間を気にするのではなく、原文の意味合いを正確に読み取って丁寧に訳すことが実力を養うことになる」というアドバイスをもらいました。
それからは腹をくくり、十分に原文が理解できるまで、納得がいく訳文が書けるまで、徹底的に時間をかけるようにしました。どんな仕事にも期限はあるので時間を無限にはかけられませんが、入門・初級講座の段階で、どんなに時間がかかっても最後まで原文と向き合う姿勢を身につけた意味は大きかったと思います。

菊地さんが受講した講座

通信 「翻訳入門<ステップ18>」

講座の内容をチェック

通信 出版翻訳コース 「はじめての出版翻訳」

講座の内容をチェック

通信 出版翻訳コース 「出版翻訳講座」

講座の内容をチェック

通信 出版翻訳コース 「リーディング講座<ロマンス>」

講座の内容をチェック

通信 マスターコース 「フィクション」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語