一覧へ戻る

出版翻訳で活躍

江上泉さん
子どもがいたから実現できた。努力の継続で出版翻訳家に!

近江美佐さん
故郷でデビューを果たし、文化奨励賞を受賞

堀江里美さん
作者の言葉を代弁する―創作とは違う楽しさがある

金井真弓さん
夢を分かち合う仲間と熱心な指導のおかげで訳書を出す夢がかないました

大友香奈子さん
デビューして12年。翻訳の道に終わりはないと感じます

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

阿部寿美代さん
記者として培った感性と筆力を翻訳に活かしたい

門脇弘典さん
ノンフィクション書籍の翻訳で活躍

石垣賀子さん
裏方仕事で信頼を得て訳書刊行へ

元井夏彦さん
通信講座で学習を始め、待望の児童書を翻訳

多田桃子さん
リーディングした作品で翻訳者デビュー

松本佳代さん
クラスメイトとともに初の共訳書を出版

川添節子さん
ノンフィクションを中心に翻訳、リーディングで活躍

児島修さん
IT翻訳の知識で出版翻訳のキャリアも開拓

梅田智世さん
講師の下訳が出版デビューのきっかけ

川岸史さん
英語に加えて独語の翻訳も。出版と映像分野で活躍

穴水由紀子さん
先生や先輩を追いかけていればいずれ訳書が出せると思えた

大塚典子さん
課題でも仕事でも、児童書の翻訳を心から楽しんでいます

山西美都紀さん
3冊の単独訳を上梓。ミステリー作品の翻訳で活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

黒木章人さん
素晴らしい師にめぐり会い、待望の訳書を出すことができました

山崎恵理子さん
アメリアのスペシャルコンテストをきっかけに出版翻訳デビュー

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

宮崎晴美さん
リーディングでチャンスを掴んで出版翻訳デビュー

小林美麗さん
ロマンス小説の翻訳を数多く手がける。「地方在住がハンデとは感じません」

桜井真砂美さん
数冊のノンフィクションを上梓。出版翻訳者として活躍

武田裕子さん
書籍やWeb、雑誌などファッション分野の翻訳で活躍

越智睦さん
翻訳家デビューは人気海外ドラマの公式ガイドブック

佐藤由樹子さん
小説としての日本語を学びプロデビュー

岡本由香子さん
実務・出版・映像すべての分野で活躍。通信講座だけで学習してプロへ

八木恭子さん
自分の名前が本に載る喜びをかみしめて

相良倫子さん
憧れの先生のもとで学びたかった

武富博子さん
児童文芸翻訳家として日々奮闘中

花塚恵さん
ビジネス書を連続して翻訳出版

篠沢絵里さん
憧れの先生に追いつくために精進中です

由良章子さん
翻訳の楽しさが自然と熱意に変わりました

堀川志野舞さん
翻訳家になることが中学生のときからの夢

久保尚子さん
フェローはプロの翻訳者、活力ある仲間との出会いの場です
池田美紀さん
カレッジコースで1年間翻訳を学び、翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける。主な吹替翻訳作品に、映画『トゥモローランド』、DVD『フィフス・エステート』、TVシリーズ『BS 世界のドキュメンタリー』『ビッケはちいさなバイキング』など。訳書に、『ヘルスケア臨床現場におけるクリニカルマッサージ』 『地球のごはん』(ともに共訳)などがある。

実績

インタビュー

さまざまな仕事に即対応できたのは、
カレッジコースで基礎を幅広く学んでいたからだと思います


どんな翻訳がしたいのかを見極めたかった

大学を出て商社に就職したものの、自分には向いていないのかもしれないと思うようになりました。ではどんな仕事なら、と考えたとき「翻訳」という答えに至ったのは、小さいころから本好きだったことが大きいと思います。
翻訳者になろうと一念発起し、5年勤めた会社を退職。無収入になる時間をできるだけ少なくするため、一時期に集中して学べる学校を探しました。フェローに決めたのは、全日制のカレッジコースがあったからです。特にやりたい分野が決まっていたわけではないので、実務・出版・映像の3分野が学べるカリキュラムも私にはぴったりでした。
会社勤めをやめて挑戦する以上、お金になるかどうかより「やりたいかどうか」を最優先したかったので、ジャンルへの好みや適性がわかったのが良かったですね。毎日授業についていくのに必死でしたが、授業が終われば同じ目標を持った仲間と翻訳や本についてじっくり話すこともでき、楽しくあっという間の1年でした。


無難な翻訳から自分らしい翻訳へ

カレッジコースの中で特に印象に残っているのが映像翻訳の授業。先生が「このセリフにはこういう気持ちが隠れているよ」と芝居の解説をよくなさっていたのですが、実際に映像翻訳の仕事を始めるとその大切さが分かりました。セリフを訳すうえで欠かせない「芝居心」を学べたのは、映像翻訳者としての大きな財産です。
出版翻訳の布施由紀子先生には、自分らしく訳す勇気を授けてもらった気がします。無難で味気ない翻訳をしがちでしたが、最後の授業で先生に「少しは思い切ったことができるようになったわね」と言われ、目が覚めた思いがしました。原文に忠実に訳すのは大前提ですが、そのうえで「大胆に訳すべきところは思い切って訳そう」という気持ちで仕事に取り組んでいます。


身に付けた対応力で仕事を軌道に乗せる

カレッジコース修了後、知人のツテを頼りにいくつか取引先を確保することができました。最初の仕事は、補聴器を調整するソフトのマニュアル翻訳。苦手な実務翻訳とはいえ、自分から頼みこんだ手前「イヤ」とは言えず(笑)、似たような日本語マニュアルを参考にしながら何とか訳し切りました。その後も、ニュース雑誌やウェブ、映像作品などをこなして実績と経験を重ねました。さまざまな仕事に即対応できたのは、カレッジコースで基礎を幅広く学んでいたからだと思います。
次第に仕事の方向が定まり、現在はドキュメンタリーやアニメ、ドラマや映画の吹替と、専門書や実用書の翻訳を手がけています。出版翻訳を始めるきっかけとなったのは、2009年に応募したアメリアのスペシャルコンテストです。私ともう1人の方が合格し、『ヘルスケア臨床現場におけるクリニカルマッサージ』という専門書を共訳しました。解剖学の本や医学辞典を買い込み、互いに用語統一をしながら訳しましたが、分量は多く内容は専門的。翻訳していた5カ月間、互いに励まし合いながら、なんとか二人三脚で完走することができました。
そんな私が同じ編集者さんからその後も継続して仕事を頂いているわけですから、やはり頑張ってみるものです。自分にできることを精一杯やり切ることがいかに大事か、再確認できました。


新人だからこそ「スピード」が不可欠

1年学んですぐフリーランスの世界に飛び込んだ私から学習者の皆さんにアドバイスするとしたら、まずは「原文を丁寧に読み取りましょう」ということ。仕事で要求されるスピードはケタ違いなので、原文の理解があいまいだと、とたんにあやふやな文章になってしまいます。ぜひこの機会に、基礎をしっかり学ぶことをお勧めします。
アニメから専門書まで幅広く請け負っている立場から申し上げると、雑学もとても大事です。仕事では何を頼まれるかわからず、そのつど調べはしますが、土台があるのとないのとではまったく違います。何ごとにも興味を持ち、広く雑学を吸収し続けることが大切です。
長く勉強していれば、それだけスキルは上達します。ただ仕事になれば、また違う世界が広がっていることも事実。ある程度の実力がついたら、現場に飛び込んで学ぶというのも1つの方法だと思いますね。
女性の場合は特に、家庭の事情などでやりたいようにできない時期もあるでしょう。でも翻訳という仕事は、細くても続けていけば、いつか時間ができたときに手を広げられるのではないかと思います。私も長く続けていこうと考えています。

通学 総合翻訳科「カレッジコース」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語