一覧へ戻る

出版翻訳で活躍

越智睦さん
適性を知り出版翻訳者に。フリーランスで仕事と家事を両立

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

江上泉さん
子どもがいたから実現できた。努力の継続で出版翻訳家に!

近江美佐さん
故郷でデビューを果たし、文化奨励賞を受賞

堀江里美さん
作者の言葉を代弁する―創作とは違う楽しさがある

金井真弓さん
夢を分かち合う仲間と熱心な指導のおかげで訳書を出す夢がかないました

大友香奈子さん
デビューして12年。翻訳の道に終わりはないと感じます

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

阿部寿美代さん
記者として培った感性と筆力を翻訳に活かしたい

門脇弘典さん
ノンフィクション書籍の翻訳で活躍

石垣賀子さん
裏方仕事で信頼を得て訳書刊行へ

元井夏彦さん
通信講座で学習を始め、待望の児童書を翻訳

多田桃子さん
リーディングした作品で翻訳者デビュー

松本佳代さん
クラスメイトとともに初の共訳書を出版

川添節子さん
ノンフィクションを中心に翻訳、リーディングで活躍

児島修さん
IT翻訳の知識で出版翻訳のキャリアも開拓

梅田智世さん
講師の下訳が出版デビューのきっかけ

川岸史さん
英語に加えて独語の翻訳も。出版と映像分野で活躍

穴水由紀子さん
先生や先輩を追いかけていればいずれ訳書が出せると思えた

大塚典子さん
課題でも仕事でも、児童書の翻訳を心から楽しんでいます

山西美都紀さん
3冊の単独訳を上梓。ミステリー作品の翻訳で活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

黒木章人さん
素晴らしい師にめぐり会い、待望の訳書を出すことができました

山崎恵理子さん
アメリアのスペシャルコンテストをきっかけに出版翻訳デビュー

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

宮崎晴美さん
リーディングでチャンスを掴んで出版翻訳デビュー

小林美麗さん
ロマンス小説の翻訳を数多く手がける。「地方在住がハンデとは感じません」

桜井真砂美さん
数冊のノンフィクションを上梓。出版翻訳者として活躍

武田裕子さん
書籍やWeb、雑誌などファッション分野の翻訳で活躍

佐藤由樹子さん
小説としての日本語を学びプロデビュー

岡本由香子さん
実務・出版・映像すべての分野で活躍。通信講座だけで学習してプロへ

八木恭子さん
自分の名前が本に載る喜びをかみしめて

相良倫子さん
憧れの先生のもとで学びたかった

武富博子さん
児童文芸翻訳家として日々奮闘中

花塚恵さん
ビジネス書を連続して翻訳出版

篠沢絵里さん
憧れの先生に追いつくために精進中です

由良章子さん
翻訳の楽しさが自然と熱意に変わりました

堀川志野舞さん
翻訳家になることが中学生のときからの夢

久保尚子さん
フェローはプロの翻訳者、活力ある仲間との出会いの場です
石垣賀子さん
立命館大学産業社会学部、ウィスコンシン大学(英語言語学専攻)卒業。帰国後、医療機器メーカー勤務のかたわら翻訳の勉強を開始。2004年から約5年間、フェロー・アカデミーに通学。2005年、「第11回いたばし国際絵本翻訳大賞」特別賞を受賞。2011年にフリーランスの翻訳者となり、出版翻訳と医療機器翻訳を行っている。

実績

インタビュー

裏方仕事を丁寧に続け
信頼を得て訳書刊行へ

2作目の訳書『いつまでも美しく――インド・ムンバイのスラムに生きる人びと』(早川書房)は、ピュリッツァー賞受賞ジャーナリストが3年余にわたってスラムに密着し、貧困と過酷な現実の中で懸命に生きる二家族の姿を追ったノンフィクションで、2014年1月に刊行された。全米図書賞をはじめ数多くの文学賞に輝いており、日本でも各種の書評で高い評価を受けた秀作である。
「リーディングしたとき強い衝撃を受けた作品でした。丹念な取材の下、希望もあれば絶望もある混沌としたスラムの世界が鮮やかに描かれています。もともと貧困や女性の生き方というテーマに関心があったので、とても大切な作品になりました」 翻訳に際しては、格調高く美しい原文の雰囲気を再現すること、インドの文化や習慣になじみのない日本の読者がすっと読めるようにすることなどを心がけた。
「長編を本格的に訳したのは初めてで、“木を見て森を見ず”になってしまっていた点を、編集者や校閲者の方に気づかせてもらいました。翻訳者は木も森も見て、例えば本全体を見て登場人物の心情の変化などもつかみながら訳すことが求められます」
9月には同じ出版社から、ツイッターの創業者の一人が著した『ツイッターで学んだいちばん大切なこと』が刊行された。前作とはガラリと雰囲気の違うユーモアあふれる作品で、「原書と同じように人の善意を信じる著者の人柄が感じられるように訳した」とのこと。現在は4作目となるビジネス書を翻訳中である。

翻訳学校の人脈から仕事のチャンスが到来
最初の就職後に翻訳を仕事として考え始め、アメリカで英語学を学び、帰国後の2004年に翻訳の勉強を始めた。医療機器メーカーで働きながらフェロー・アカデミーに通学。スクールの講師からの紹介で少しずつリーディングや下訳のチャンスが来るようになった。
2010年に刊行されたデビュー作『なんでももってる(?)男の子』(徳間書店)も、講師に紹介され継続的に子どもの本のリーディングをしている出版社の編集者に依頼されたもの。児童書ならではの対象年齢に合わせた訳語選びに苦戦したが、編集者の助けも得て、校正を重ね訳了した。
和書向けのイラストと本文を照らし合わせる作業などもあり、一から本を作るプロセスを体験できたことは大きな糧になった。だが、低学年向けの書籍でボリュームが少なかったにも関わらず会社勤めとの両立は大変で、まとまった量の翻訳の仕事をするにはフルタイム勤務では難しいと考え、会社を退職。出版翻訳の下訳やリーディングとともに、会社での経験を生かして医療機器翻訳もするようになった。
「私は翻訳業界につてがなく、スクールから人脈が広がって、下訳やリーディングのお話をいただけるようになりました。2作目の『いつまでも美しく』も、最も長く師事した夏目大先生の紹介で始めたリーディングがきっかけでした。仕事を得るには少しでも翻訳の近くにいようとすることが重要であり、その方法のひとつがスクールなのだと思います」
外に出て人と話すこと、横のつながりを持つことは大切なので、今も翻訳教室や勉強会に参加。友人や翻訳者仲間に会う機会も意識して設けているそうだ。

翻訳者と編集者は目的を共有するチーム
翻訳をするときは、その作品の中身やメッセージを日本の読者に伝える責任の重さを常に感じるが、それだけにやりがいは大きい。
「編集担当の方からの意見を受け、ときには一緒に考えて、訳稿に手を加え文章が洗練されていく過程では、大きな感謝とともに『よい本をつくる』という目的を共有するチームの一員であることに謙虚な気持ちと喜びを感じます」
これからもノンフィクションが主軸になりそうだが、児童書のリーディングも続けており、機会があればヤングアダルトにも挑戦してみたいと思っている。
「特に興味があるテーマは女性の生き方や働き方、人種・民族、多文化理解などですが、ジャンルを問わず、世界にはさまざまな文化と価値観があることを知るきかっけになるような書籍を手がけられればうれしいです」

誰のところにもチャンスはやってくる
リーディングや下訳、分担訳などのチャンスは誰のところにも回ってきます。私は積極的な売り込みはあまりしていませんが、リーディングや下訳から次の仕事につながり、単独訳のお声をかけていただきました。いい仕事をすれば次につながると思うので、どうすれば仕事が得られるかと悩むより、チャンスがめぐってきたときにいい仕事ができるように日々準備しておく――読む、書く、訳す――ことが大事だと思います。

『通訳者・翻訳者になる本2016』(イカロス出版発行)より転載
(Text 四宮規子)

石垣さんが受講した講座

通学 出版翻訳コース 「出版基礎」

講座の内容をチェック

通学 出版翻訳コース 「夏目ゼミ」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語