一覧へ戻る

出版翻訳で活躍

越智睦さん
適性を知り出版翻訳者に。フリーランスで仕事と家事を両立

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

江上泉さん
子どもがいたから実現できた。努力の継続で出版翻訳家に!

近江美佐さん
故郷でデビューを果たし、文化奨励賞を受賞

堀江里美さん
作者の言葉を代弁する―創作とは違う楽しさがある

金井真弓さん
夢を分かち合う仲間と熱心な指導のおかげで訳書を出す夢がかないました

大友香奈子さん
デビューして12年。翻訳の道に終わりはないと感じます

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

阿部寿美代さん
記者として培った感性と筆力を翻訳に活かしたい

門脇弘典さん
ノンフィクション書籍の翻訳で活躍

石垣賀子さん
裏方仕事で信頼を得て訳書刊行へ

元井夏彦さん
通信講座で学習を始め、待望の児童書を翻訳

多田桃子さん
リーディングした作品で翻訳者デビュー

松本佳代さん
クラスメイトとともに初の共訳書を出版

川添節子さん
ノンフィクションを中心に翻訳、リーディングで活躍

児島修さん
IT翻訳の知識で出版翻訳のキャリアも開拓

梅田智世さん
講師の下訳が出版デビューのきっかけ

川岸史さん
英語に加えて独語の翻訳も。出版と映像分野で活躍

穴水由紀子さん
先生や先輩を追いかけていればいずれ訳書が出せると思えた

大塚典子さん
課題でも仕事でも、児童書の翻訳を心から楽しんでいます

山西美都紀さん
3冊の単独訳を上梓。ミステリー作品の翻訳で活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

黒木章人さん
素晴らしい師にめぐり会い、待望の訳書を出すことができました

山崎恵理子さん
アメリアのスペシャルコンテストをきっかけに出版翻訳デビュー

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

宮崎晴美さん
リーディングでチャンスを掴んで出版翻訳デビュー

小林美麗さん
ロマンス小説の翻訳を数多く手がける。「地方在住がハンデとは感じません」

桜井真砂美さん
数冊のノンフィクションを上梓。出版翻訳者として活躍

武田裕子さん
書籍やWeb、雑誌などファッション分野の翻訳で活躍

佐藤由樹子さん
小説としての日本語を学びプロデビュー

岡本由香子さん
実務・出版・映像すべての分野で活躍。通信講座だけで学習してプロへ

八木恭子さん
自分の名前が本に載る喜びをかみしめて

相良倫子さん
憧れの先生のもとで学びたかった

武富博子さん
児童文芸翻訳家として日々奮闘中

花塚恵さん
ビジネス書を連続して翻訳出版

篠沢絵里さん
憧れの先生に追いつくために精進中です

由良章子さん
翻訳の楽しさが自然と熱意に変わりました

堀川志野舞さん
翻訳家になることが中学生のときからの夢

久保尚子さん
フェローはプロの翻訳者、活力ある仲間との出会いの場です
近江美佐さん
大阪女学院短大英語科、米グウィネット・テクニカル・インスティテュート卒。英語講師などを経て、フェロー・アカデミーに約2年通学。兵庫県に転居後、通信マスターコース「フィクション」「児童文芸」などを修了。現在、出版翻訳家として活躍中。最新訳は『沿岸と20万年の人類史』(一灯舎)。

実績

インタビュー

転居で通学から通信講座にスイッチ
何の不自由もなく勉強を続けられました

故郷・兵庫県に暮らしながら、出版翻訳に携わる近江美佐さん。30代の頃に好きな英国人アーティストの日本語訳詞の素晴らしさに感銘を受け、翻訳に興味を持ったそうだ。地方では通学するチャンスはなかったが、40歳のときに旦那さんの転勤で埼玉県に転居。運を感じつつ、「アットホームな雰囲気に安心感を覚えた」というフェロー・アカデミーで翻訳学習を始めることにした。
手始めに「翻訳入門」を受けたところ、表現力の不足を痛感。「出版基礎」を経て、「フィクション」と「出版総合演習」をダブル受講し、幅広い出版ジャンルのそれぞれにあった文体や表現、雰囲気づくりを学んだ。
「『フィクション』の講座ではミステリの短編の全訳や先生が受けた仕事の下訳にも取り組み、全体の流れを把握して訳語を選ぶことや、時間をおいて推敲することの大切さ、体や心の『動き』を訳すコツを教えていただきました。翻訳にいっそう夢中になり、授業が楽しくて仕方なかったです」


故郷でデビューを果たし
今年、文化奨励賞を受賞

ところが通学を始めて約2年後、兵庫へまた戻ることに。近江さんは通信講座に切り替え、最上級のマスターコースを受講してプロの手ほどきを受けた。
「先生方の指導は的確かつ丁寧でわかりやすく、紙でのやり取りに変わっても何の不自由さも不満も感じなかったですね。過剰に表現してしまう私のクセを根気強く指導してくださり、親身にアドバイスしてくださいました」

受講のかたわら、通学時代のクラスメートの紹介で仕事も始めた。雑誌やコミックなどの翻訳を手がけ、2013年には初の書籍翻訳となる『世紀の名作はこうしてつくられた』を上梓。今年3月には2冊目となる歴史書も発売になり、その翻訳活動が評価されて6月、淡路文化協会文化奨励賞を受賞した。
「生まれ育った淡路島で表彰していただいたことを、とてもうれしく思います。頂いた仕事に精いっぱい取り組み、実力を磨いて、いずれは児童書やヤングアダルトも訳してみたいです」
通学講座から通信講座に切り替えても、「学習上のハンデは感じなかった」と近江さん。生活環境に合わせて学びのスタイルを変え、精進を重ねた熱意は、今後もさまざまな実を結ぶに違いない。

『通訳翻訳ジャーナル AUTUMN 2016』(イカロス出版発行)より転載
(Text 金田修宏)

近江さんが受講した講座

通学 「翻訳入門」

講座の内容をチェック

通学 出版翻訳コース「出版基礎」

講座の内容をチェック

通学 出版翻訳コース 「フィクション<3>」

講座の内容をチェック

通学 出版翻訳コース 「出版総合演習」

講座の内容をチェック

通信 マスターコース

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語