一覧へ戻る

出版翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

江上泉さん
子どもがいたから実現できた。努力の継続で出版翻訳家に!

近江美佐さん
故郷でデビューを果たし、文化奨励賞を受賞

堀江里美さん
作者の言葉を代弁する―創作とは違う楽しさがある

金井真弓さん
夢を分かち合う仲間と熱心な指導のおかげで訳書を出す夢がかないました

大友香奈子さん
デビューして12年。翻訳の道に終わりはないと感じます

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

阿部寿美代さん
記者として培った感性と筆力を翻訳に活かしたい

門脇弘典さん
ノンフィクション書籍の翻訳で活躍

石垣賀子さん
裏方仕事で信頼を得て訳書刊行へ

元井夏彦さん
通信講座で学習を始め、待望の児童書を翻訳

多田桃子さん
リーディングした作品で翻訳者デビュー

松本佳代さん
クラスメイトとともに初の共訳書を出版

川添節子さん
ノンフィクションを中心に翻訳、リーディングで活躍

児島修さん
IT翻訳の知識で出版翻訳のキャリアも開拓

梅田智世さん
講師の下訳が出版デビューのきっかけ

川岸史さん
英語に加えて独語の翻訳も。出版と映像分野で活躍

穴水由紀子さん
先生や先輩を追いかけていればいずれ訳書が出せると思えた

大塚典子さん
課題でも仕事でも、児童書の翻訳を心から楽しんでいます

山西美都紀さん
3冊の単独訳を上梓。ミステリー作品の翻訳で活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

黒木章人さん
素晴らしい師にめぐり会い、待望の訳書を出すことができました

山崎恵理子さん
アメリアのスペシャルコンテストをきっかけに出版翻訳デビュー

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

宮崎晴美さん
リーディングでチャンスを掴んで出版翻訳デビュー

小林美麗さん
ロマンス小説の翻訳を数多く手がける。「地方在住がハンデとは感じません」

桜井真砂美さん
数冊のノンフィクションを上梓。出版翻訳者として活躍

武田裕子さん
書籍やWeb、雑誌などファッション分野の翻訳で活躍

越智睦さん
翻訳家デビューは人気海外ドラマの公式ガイドブック

佐藤由樹子さん
小説としての日本語を学びプロデビュー

岡本由香子さん
実務・出版・映像すべての分野で活躍。通信講座だけで学習してプロへ

八木恭子さん
自分の名前が本に載る喜びをかみしめて

相良倫子さん
憧れの先生のもとで学びたかった

武富博子さん
児童文芸翻訳家として日々奮闘中

花塚恵さん
ビジネス書を連続して翻訳出版

篠沢絵里さん
憧れの先生に追いつくために精進中です

由良章子さん
翻訳の楽しさが自然と熱意に変わりました

堀川志野舞さん
翻訳家になることが中学生のときからの夢

久保尚子さん
フェローはプロの翻訳者、活力ある仲間との出会いの場です
大友香奈子さん
出版社でアルバイトをしていた30代に、知人の紹介でリーディングを開始。2003年に『魔法使いになる14の方法』でデビュー。訳書に『ホアズブレスの龍追い人』『本の町の殺人』『情熱のシーラ(上)』(共訳)などがある。

実績

インタビュー

デビューして12年。
翻訳の道に終わりはないと感じます


最初ではなく3番目の仕事がデビュー作に

2003年に『魔法使いになる14の方法』でデビューし、主にミステリーやファンタジーを翻訳しています。きっかけを作ってくれたのは、出版社でアルバイトをしていたときの同僚です。同じように翻訳者を目指していて、東京創元社のリーディングの仕事を紹介してくれました。リーダーとなって1年後、編集者の方が機会を設けてくださったトライアルに合格。諸般の事情で、担当することに決まった本が2冊連続してお蔵入りするという不運に見舞われましたが(笑)、3冊目にしてようやく翻訳することができました。
その後、間を置かずにもう2冊やらせていただきましたが、ここにもちょっとした裏話があります。3番目に訳した『魔法使いになる14の方法』が一番最初に刊行され、一番最初に訳した『ジェニーの肖像』が3番目に発売されたのです。作品によっては「旬」があるため、版元の営業判断で順番を入れ替えたわけですが、そういった業界事情を知ることができていい経験になりました。


子育てをしながら、フェローで再出発

子どもの頃から海外の本に親しみ、また英語も好きだったため、OLをしていた20代後半に翻訳学校に通い始めました。3年ほど通学しましたが、本気で「翻訳家になろう」と決心して大学に入りなおしたのが転機になりました。OLをやめて、大学に通いながら出版社でアルバイトを始め、「翻訳家になるために勉強している」とまわりに言っていたら、仕事を紹介してくれるひとが現れ、道が開けたのです。33歳で結婚し、3冊目を訳している途中でひとり目の子どもを出産して、その後は子育てをしながらリーディングをしていました。子どもが1歳になったころ、焦りが生じ、仕事として翻訳をしたことで自分に足りない部分も見えてきたため、2003年から3年間フェローに通学。フィクションのゼミクラスで研鑽を積みました。
亀井よし子先生には「どんな原文もじっくり読めば、自ずとそれにあった日本語が出てくる」と教わりましたが、この言葉はいまも私の拠り所です。単語の訳し方ひとつとっても、新たに目が開かれるような発見がありましたし、作品の舞台となる国や文化を知ることの大切さも教えていただきました。人生の先輩として、子育てと仕事のバランスについてもいろいろと助言してくださり、心強かったですね。もっと勉強したかったのですが、ふたり目の子どもを妊娠して、ゼミをやめました。


絵本を訳すべく8年ぶりに復学

2014年の4月からは、こだまともこ先生のゼミクラスで児童文芸を学んでいます。家で子どもたちに読み聞かせをしているうち、「私たちが読めるような本も訳して」とせがまれ、背中を押されました。もっとも、私が本を好きになったきっかけが『長くつ下のピッピ』でしたから、「子どもが楽しく読める本を訳したい」という思いは、つねに心のどこかにあった気がします。
授業では、原文を尊重しつつ、子どもが理解できるよう、噛み砕いたり長い文章を短く区切ったりするコツを学んでいます。大人向けの本の翻訳とは考え方が異なるので、一から翻訳を学び直している感覚です。
未訳作品を教材として取り上げてくださるので、作家や作品を知るうえでもいい勉強になります。先生やクラスメートから海外の児童書の情報を教えてもらえるので、それを頼りに出版社に持ち込めそうな本を探しているところです。


今後も持ち込みを続けていきたい

店頭で自分の訳書を見かけるのは嬉しいもの。評判が良かったりすると、つい心が踊ってしまいます。ただ、デビューから12年経ったいまでも「まだまだ」という感じがするので、つくづく翻訳の道に終わりはないんだと感じます。
ある先生の受け売りですが、フィクションの翻訳を目指すなら、読書はもちろん、映画やお芝居を見ることが大切です。台詞まわしや言葉づかいの勉強になりますし、洋画なら服装や家の中の様子、風景などが視覚的にわかり、背景知識として役立ちます。情報をアップデートするという意味でも、プロになった後も見続けることが大事だと思いますね。
いまは出版業界そのものが厳しく、翻訳者として仕事を続けていくには、自ら紹介していく努力が必要です。私もここ数年は持ち込みをしており、企画が通って「本の町の殺人」シリーズを3作訳すことができました。好きなコージーミステリーをもっと訳したいですし、子どもたちが楽しめる絵本も手がけてみたいので、これからも持ち込みを続けるつもりです。

通学 出版翻訳コース 中級

講座の内容をチェック

通学 出版翻訳コース「こだまゼミ」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語