一覧へ戻る

出版翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

江上泉さん
子どもがいたから実現できた。努力の継続で出版翻訳家に!

近江美佐さん
故郷でデビューを果たし、文化奨励賞を受賞

堀江里美さん
作者の言葉を代弁する―創作とは違う楽しさがある

金井真弓さん
夢を分かち合う仲間と熱心な指導のおかげで訳書を出す夢がかないました

大友香奈子さん
デビューして12年。翻訳の道に終わりはないと感じます

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

阿部寿美代さん
記者として培った感性と筆力を翻訳に活かしたい

門脇弘典さん
ノンフィクション書籍の翻訳で活躍

石垣賀子さん
裏方仕事で信頼を得て訳書刊行へ

元井夏彦さん
通信講座で学習を始め、待望の児童書を翻訳

多田桃子さん
リーディングした作品で翻訳者デビュー

松本佳代さん
クラスメイトとともに初の共訳書を出版

川添節子さん
ノンフィクションを中心に翻訳、リーディングで活躍

児島修さん
IT翻訳の知識で出版翻訳のキャリアも開拓

梅田智世さん
講師の下訳が出版デビューのきっかけ

川岸史さん
英語に加えて独語の翻訳も。出版と映像分野で活躍

穴水由紀子さん
先生や先輩を追いかけていればいずれ訳書が出せると思えた

大塚典子さん
課題でも仕事でも、児童書の翻訳を心から楽しんでいます

山西美都紀さん
3冊の単独訳を上梓。ミステリー作品の翻訳で活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

黒木章人さん
素晴らしい師にめぐり会い、待望の訳書を出すことができました

山崎恵理子さん
アメリアのスペシャルコンテストをきっかけに出版翻訳デビュー

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

宮崎晴美さん
リーディングでチャンスを掴んで出版翻訳デビュー

小林美麗さん
ロマンス小説の翻訳を数多く手がける。「地方在住がハンデとは感じません」

桜井真砂美さん
数冊のノンフィクションを上梓。出版翻訳者として活躍

武田裕子さん
書籍やWeb、雑誌などファッション分野の翻訳で活躍

越智睦さん
翻訳家デビューは人気海外ドラマの公式ガイドブック

佐藤由樹子さん
小説としての日本語を学びプロデビュー

岡本由香子さん
実務・出版・映像すべての分野で活躍。通信講座だけで学習してプロへ

八木恭子さん
自分の名前が本に載る喜びをかみしめて

相良倫子さん
憧れの先生のもとで学びたかった

武富博子さん
児童文芸翻訳家として日々奮闘中

花塚恵さん
ビジネス書を連続して翻訳出版

篠沢絵里さん
憧れの先生に追いつくために精進中です

由良章子さん
翻訳の楽しさが自然と熱意に変わりました

堀川志野舞さん
翻訳家になることが中学生のときからの夢

久保尚子さん
フェローはプロの翻訳者、活力ある仲間との出会いの場です
佐藤由樹子さん
会社勤務を経て、2005年フェロー・アカデミー入学。ベーシック3コース、出版翻訳コース「フィクション」、「真崎ゼミ」修了。訳書に『一年でいちばん暗い夕暮れに』(共訳)、『マルチーズ犬マフとその友人マリリン・モンローの生活と意見』がある。

実績

インタビュー

信頼できる先生のもと小説としての日本語を学び
プロデビューすることができました

高校時代からエンタテインメントのペーバーバックを読み始め、翻訳家という仕事に「なんとなく憧れていた」と話す佐藤由樹子さん。結婚を機に会社員生活にピリオドを打った際、漠然とした気持ちは「プロになる」へと変わり、明確な目的意識を持ってフェロー・アカデミーの門を叩いた。
「初めての翻訳学習だったので、様々な分野を一通り勉強してみようと、ベーシック3コースから始めました」

同コースで各分野の翻訳に触れ、進むべきは出版翻訳だと再確認。好きなエンタメ小説の翻訳を学ぼうと、真崎義博先生のクラスで勉強を始めた。授業は、毎回2人の受講生がそれぞれ“検事役”と“被告役”に指名されるというユニークな進め方。被告役の受講生は他の受講生より早めに訳文を提出し、検事役はその訳文を自宅で添削。授業では検事役が訳文の気になる箇所を指摘し、それに対して被告役が反論する。もちろん、議論には他の受講生も参加し、“被告役”の提出した訳文は講師の添削後に返却される。
「自分で訳した上で他の人の訳文をじっくり吟味すると、考え方の幅が広がるんです。いい勉強になりました」

真崎先生は「『僕に敬語は使うな』とおっしゃるほどフランク」だが、「日本語にはすごく厳しい」。読点の打ち方ひとつでリズムや意味が変わるといった基本から、小説としての日本語を徹底的に叩き込まれた。受講1年後には、初期の自分の訳文を読み返して「文章の流れやリズムが悪い」と自己批判できるほど、日本語のセンスが向上。講師経由で下訳も経験し、それがきっかで2010年に『一年でいちばん暗い夕暮れに』(共訳)でデビューした。
「下訳をしたときの担当編集者さんから直接ご連絡をいただいたんです。嬉しかったですね」

子育ての関係で現在は通学していないが、在籍した5年弱を「先生への信頼は少しも揺るがなかった」と振り返る。昨年6月には単独訳『マルチーズ犬マフとその友人マリリン・モンローの生活と意見』を上梓し、プロ生活も上々の滑り出し。それでも「まだ先生のもとで学びたいことがあるし、好きなエンタメ作品も翻訳してみたい」と、ますます意欲盛んな佐藤さんだ。

『通訳翻訳ジャーナル SPRING 2012』(イカロス出版発行)より転載
(Text 金田修宏  Photo 小久保陽一)

佐藤さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「ベーシック3コース」

講座の内容をチェック

通学 出版翻訳コース 「真崎ゼミ」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語