一覧へ戻る

出版翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

江上泉さん
子どもがいたから実現できた。努力の継続で出版翻訳家に!

近江美佐さん
故郷でデビューを果たし、文化奨励賞を受賞

堀江里美さん
作者の言葉を代弁する―創作とは違う楽しさがある

金井真弓さん
夢を分かち合う仲間と熱心な指導のおかげで訳書を出す夢がかないました

大友香奈子さん
デビューして12年。翻訳の道に終わりはないと感じます

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

阿部寿美代さん
記者として培った感性と筆力を翻訳に活かしたい

門脇弘典さん
ノンフィクション書籍の翻訳で活躍

石垣賀子さん
裏方仕事で信頼を得て訳書刊行へ

元井夏彦さん
通信講座で学習を始め、待望の児童書を翻訳

多田桃子さん
リーディングした作品で翻訳者デビュー

松本佳代さん
クラスメイトとともに初の共訳書を出版

川添節子さん
ノンフィクションを中心に翻訳、リーディングで活躍

児島修さん
IT翻訳の知識で出版翻訳のキャリアも開拓

梅田智世さん
講師の下訳が出版デビューのきっかけ

川岸史さん
英語に加えて独語の翻訳も。出版と映像分野で活躍

穴水由紀子さん
先生や先輩を追いかけていればいずれ訳書が出せると思えた

大塚典子さん
課題でも仕事でも、児童書の翻訳を心から楽しんでいます

山西美都紀さん
3冊の単独訳を上梓。ミステリー作品の翻訳で活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

黒木章人さん
素晴らしい師にめぐり会い、待望の訳書を出すことができました

山崎恵理子さん
アメリアのスペシャルコンテストをきっかけに出版翻訳デビュー

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

宮崎晴美さん
リーディングでチャンスを掴んで出版翻訳デビュー

小林美麗さん
ロマンス小説の翻訳を数多く手がける。「地方在住がハンデとは感じません」

桜井真砂美さん
数冊のノンフィクションを上梓。出版翻訳者として活躍

武田裕子さん
書籍やWeb、雑誌などファッション分野の翻訳で活躍

越智睦さん
翻訳家デビューは人気海外ドラマの公式ガイドブック

佐藤由樹子さん
小説としての日本語を学びプロデビュー

岡本由香子さん
実務・出版・映像すべての分野で活躍。通信講座だけで学習してプロへ

八木恭子さん
自分の名前が本に載る喜びをかみしめて

相良倫子さん
憧れの先生のもとで学びたかった

武富博子さん
児童文芸翻訳家として日々奮闘中

花塚恵さん
ビジネス書を連続して翻訳出版

篠沢絵里さん
憧れの先生に追いつくために精進中です

由良章子さん
翻訳の楽しさが自然と熱意に変わりました

堀川志野舞さん
翻訳家になることが中学生のときからの夢

久保尚子さん
フェローはプロの翻訳者、活力ある仲間との出会いの場です
山崎恵理子さん
早稲田大学第一文学部卒業。日本経済新聞社データバンク局に勤務した後、イギリスに1年間留学。英文誌の編集を経て、翻訳者ネットワーク「アメリア」のスペシャルコンテストで選ばれ『波瀾の時代の幸福論』(武田ランダムハウスジャパン)でデビュー。主な訳書に『ファッションの意図を読む』、『VOGUE ON アレキサンダー・マックイーン』(ガイアブックス)など。

実績

インタビュー

スクールで教わったことを出しきるつもりで
課題に取り組みました

働きながら短期間で必死に翻訳
英文誌を発行している出版社で10年以上働いていたのですが、そこでネイティブの翻訳の仕事を見て翻訳に興味をもちました。以前から翻訳には関心があり、通信講座なども複数受講したことがあったのですが、改めて2008年10月からフェロー・アカデミーのノンフィクション翻訳講座に半年間通学。そのときにアメリアで「スペシャルコンテスト」という出版前提のトライアルを行っていることを知りました。2008年12月頃に、投資関連の書籍のコンテスト募集をメルマガで見かけて、応募してみようと思いました。

課題は十数ページあって、応募期限は1週間〜10日くらいだったと思います。分量のわりに期間が短かったのですが、「せっかくスクールで学んだんだから、教わったことをもとに、この締切の内でできるかどうかやってみよう」という、自分に課した課題のような気持ちでチャレンジしました。ひと通り訳して、その時自分ができるレベルまではやったという感じで、自分なりの達成感がありました。

2〜3週間後にメールで採用という結果がわかり、本当にびっくりしました。まさか採用されると思っていなかったので、嬉しいというより「1冊訳せるのだろうか」という焦りのほうが大きかった。内容がリーマンショック後に書かれたもので出版社が刊行を急いでいたため、翻訳期間は約2カ月と短かったです。仕事をしながらだったため、平日は会社に行く時間以外はずっと、土日は可能な限り翻訳をしていました。

用語や引用などで悩む部分も多かった
ある程度まとまった段階で一度編集者の方が見てくださり、細かくフィードバックをいただきました。例えば、「原文は『!』が多用されているが、読みやすさを重視して割愛してよい」など、初めはどこまで原書に忠実に訳すべきか悩む部分だったので、その後は訳しやすくなりました。

苦労したのは投資信託に関する専門用語。日本語で何というのかが確信が持てず、日本語で書かれた投資信託に関する専門書を3、4冊借りてきて調べました。でもその部分は、後で本にしたときに、予定ページ数を2、3割超えてしまうことがわかり、最終的にはカットされてしまいました(笑)。
それから、引用がたくさん出てくる点も難しかったですね。有名な経済学者の言葉など、そのほとんどは日本語訳が出版されているものだったので、多くは既存のものからしっくりくる文を当てはめました。複数の書籍を探したり、該当箇所を探す作業に予想外に時間がかかりましたね。2日ほど図書館にこもりました。

1日刻みで翻訳スケジュールを立てていたので、初校で読んでみると、直したい部分がたくさん出てきてしまいました。その経験は2冊目以降で役立ちましたね。後から読むと絶対に直したくなるので、何日か置いてから、見直す時間をとるようにしています。

2011年に出版された2作目にあたる『ファッションの意図を読む』もスペシャルコンテストで採用されました。3冊目以降は出版社から声がかかり、ファッションやデザイン系の本を訳しています。今後の目標としては、長く読まれるようなノンフィクションを手がけられたらと思っています。

本の一部という意識で訳す
出版前提のコンテストで編集者が見たいのは、この人に一冊まかせて大丈夫か、ということだと思います。点数を付けてもらうスクールの課題などとは違って、全体があることを想像して、本として読めるか、最終的に本の一部になることを意識して訳すとよいと思います。原書を入手できなくても、その本に対する情報はネットでとれるので、どういう本であるかを知っておくべきだと思います。Amazonなどで目次をチェックすると、大体どういう内容なのかは掴めます。

『最新版 あなたも出版翻訳家になれる』(イカロス出版発行)より転載

山崎さんが受講した講座

通学 出版翻訳コース 「夏目ゼミ」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語