一覧へ戻る

在宅・フリーランス翻訳で活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

鈴木千恵子さん
前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格

松本峻平さん
授業で自分の適性を見極め、希望だった実務翻訳の道で活躍

遠藤智子さん
フリーランスになって絵本、映像など幅広い翻訳で活躍

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

伊藤倫子さん
SEから翻訳業界に転身。推薦制度を利用して就職、独立へ

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
 
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

宮内愛さん
3分野の翻訳を学んだことがフリーランスとしての礎に

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
鈴木千恵子さん
前職では企業向けソフトウェアベンダーに勤務。「総合翻訳科ベーシック3コース」修了後すぐに、アメリアに寄せられていたIT翻訳の求人に応募し、トライアルに合格。現在、前職の知識を活かせる「IT・テクニカル」と、コース受講中に興味を持った「字幕」の2つの講座で学習を続けている。

インタビュー

前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格


当時勤めていたITベンチャーでの仕事にやりがいはありましたが、ハードワークだったため、この先年齢を重ねても続けていけるかどうか不安を持っていました。また、将来的には東京を離れて地元に帰りたい、定年のない仕事をしたいという希望を持っていたため、そのような条件に合う職種として翻訳者を目指すことにしました。
当初は独学で勉強していましたが、15年以上英語を使っていなかったこともあり、思ったように学習の成果が現れませんでした。そこで翻訳学校に通うことを考え始めました。私の条件としては、平日昼間通えること、短期集中であること、学習環境が良いことでした。それに合致したのがフェロー・アカデミーです。また、分野に関して自分の向き不向きがわからなかったため、3分野を学べる「総合翻訳科ベーシック3コース」があるのも決め手の一つとなりました。

ベーシック3コースで学んだ感想は、シンプルですが「とても役に立った」「楽しかった」。それぞれの翻訳分野でのルールや作法をたくさん教えていただけました。また、かつての大学での勉強はインプットを重ねていくものでしたが、ベーシック3コースでの授業はアウトプット中心であり、実践的でした。実際の仕事では、自分の頭の中にあることではなく、アウトプットしたものが評価されます。そのような観点から考えても翻訳学校での学習は非常に有効だったと思います。
入学前に自分が向いているだろうと思っていた分野と、先生を含めた周囲からの評価が良かった分野が違うということも良い発見でした。また、毎日訳文を書いて授業を受けるということを繰り返しているうちに、分野を問わず、訳文の初めのパラグラフあたりに誤訳やケアレスミスが発生しやすいという傾向に気づきました。このような自分の行動習慣を含めた弱点がわかったのも収穫です。
クラスメイトは20代前半から50代前半まで幅広く、経験してきた仕事もバラバラで、普通に過ごしていたら接点がなさそうなメンバーでした(笑)。人生経験もさまざまなので、仕事に対する考え方や日常的なものの考え方でも刺激を受けました。


4月中旬にコースを修了する予定だったので、翻訳者ネットワーク「アメリア」で3月の末から求人をチェックし始めました。未経験者可で、前職の経験が生かせるIT翻訳の求人を中心に探し、3社の求人に応募。各社とも書類審査のあと、トライアルを受けるという流れでした。トライアルの内容は各社ごとに異なりますが、IT分野であるため、ソフトウエアのマニュアルやホワイトペーパーなどの翻訳が中心です。Tradosを使用したトライアルもありました。また、チェッカー(※)のトライアルも受けました。内容は誤りを含む訳文を、正しく修正するというものでした。
3社のうち2社のトライアルに合格し、仕事を受注するようになりました。

(※)翻訳会社内のポジションの一つで、翻訳者から納品された翻訳物のチェック業務を行う。クライアンから指定された訳語を正しく使っているか、誤字・脱字がないかなどをチェックする。在宅で行う場合もある。

翻訳とは、英文をただ日本語に置き換えるのではなく、文書の種類によってどういった日本語を使うとわかりやすいか、読み手が理解しやすいかを考えて表現することだとベーシック3コースの中では学習してきました。トライアルでは、学習した成果を充分に発揮できたと思います。また、特別講座に「Trados基本操作講習」があるのですが、Tradosを使ったことがある、というのも大きかったです。それに加えて前職で経験したことをアピールできたことも合格の要因だと考えています。
よく「専門知識もなにもないし……」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、仕事でも趣味でも皆さん何かしら身近な分野というものはあるはずです。その業界の言葉を知っているということは、翻訳において大きなアドバンテージになるので、前職や学生時代の専攻などプロフィールに必ず書くことをおすすめします。

翻訳者としての私はまだ駆け出しにすぎません。2020年の東京オリンピックまでには「翻訳者です」と胸を張って言えるようになりたいと思っています。


鈴木さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「ベーシック3コース」

講座の内容をチェック

通学 実務翻訳コース「IT・テクニカル」

講座の内容をチェック

通学 映像翻訳コース「字幕」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語