実務翻訳 ビジネス英訳

※お申込みを締切ました
お申込み〜受講までの流れ

講師による講座紹介

英訳のスキルが問われる課題を通してわかりやすく、高精度で伝わる英文を書く力を身に付ける

マスターコース「ビジネス英訳」

ビジネスの場において、質の良い英訳の条件は以下の3つです。
(1)わかりやすく誤解の余地がない
(2)簡単な単語と構文でできている
(3)形容詞や副詞が少なく文章が短い
それを実現するために、英訳では、言葉が出たところから意味が伝っていく文章を心がける必要があります。日本語は全く逆で、「〜で、〜なので、〜なことは、ありません」と最後までこないと「ある」のか「ない」のかが、わからない構造の文章ですから、構造自体を変換する必要があるわけです。
章構造を変換するために、まず考えなければならないのは主語を誰/何にするか。例えば、「新しいプロジェクトのスタートが決まった」は、The new project will start. あるいはStarting the new project was decided. またはWe have decided to start new project.など、「訳す」だけであれば何通りかの英訳が考えられます。英語には無生物主語がありますし、I/Youを主語にする場合でも、「総称のYou」や、Weなどを使うこともできます。主語を何にするか(話の主体は誰なのか)を決めることが、文章全体のトーンを決めるのです。
そして主語の選択同様に大切なのが、動詞の選び方です。

「歩く」に相当する英語は、walkの他に、step, tramp, dodderなど30以上あります。日本語では、「よちよち歩く」「とぼとぼ歩く」などオノマトペ+動詞、あるいは「座り込む」「食べ尽くす」のように動詞を重ねて表現される内容が、英語ではすでにひとつの動詞の中に含まれているからです。
また構文の選択も重要で、約200から500程度あると言われる構文のうち、高頻度で使われる150から200程度の構文を使うことで、伝わる精度があがります。
この講座では、論理的な文章の代表格である「新聞の社説」や、官僚的な表現で、一読して意味がわかりにくいために英訳が難しい「各種白書」、情報を取捨選択し、効果的に相手に訴えかける英語表現が求められる「プレゼンテーション資料」など、英訳のスキルが問われる課題を通して、主語と動詞、そして構文を適切に選ぶ力を身に付け、英語らしいリズムの英文が書けるようになることを目指します。

※2017年1月開講「ビジネス英訳」と同じ課題を予定しています。

予定カリキュラム

第1回 新聞の社説
第2回 中小企業白書
第3回 新聞の社説
第4回 情報メディア白書
第5回 プレゼンテーション資料
第6回 プレゼンテーション資料

クラウン推薦対象ジャンル

日英ビジネス
→ クラウン会員についての詳細はこちら

講師

阿部川 久広

アップル、ディズニーなど外資系企業にてマーケティング、マネージメントの要職を歴任。通訳・翻訳を含む英語関連業務にも従事。多くのグローバル企業や神戸大学、立教大学などでマーケティング論、プレゼンテーション、英語コミュニケーションなどに関する講義も行う。元CNNキャスター。翻訳書に『次の会議までに読んでおくように!』(すばる舎)、著書に『たった3時間でやれる「勘違い英語」完全克服術』(講談社)などがある。

→ 阿部川先生のインタビュー「ビジネスシーンで必要な英語力とは?」

受講期間

2017 年 7 月 〜 12 月

スクーリング日

2018 年 1 月 13 日(土)または 20 日(土)

申込期間

2017 年 5 月 1 日(月) 〜 6 月 1 日(木)正午

合否発表

2017 年 6 月 16 日(金)
メールにて結果をお知らせいたします。
選抜課題提出締切 2017 年 6 月 1 日(木)正午 必着

提出・返却方法

提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWord形式で保存できるワープロソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。
※海外手数料不要。
PAGE TOP