マスターコース プロの翻訳家が直接指導。講師が実際の仕事で手がけた作品や時代・需要に合った実践的な文書で徹底的にプロの極意を学びます。

映像翻訳 吹替・字幕

選抜課題文(PDF) 受講申込フォームへ お申込み〜受講までの流れ

講師による講座紹介

講師から仕事紹介実績あり!
スキルアップも仕事のチャンスも、この講座でつかもう


マスターコース「吹替・字幕」

近年では、視聴者のニーズにあわせて吹替と字幕で訳の整合性が求められる、というのはめずらしいことではなくなりました。ただ、吹替は日本語ですべてを伝えるいわば「立役者」的な翻訳で完全に話し言葉、対して字幕は、原音を理解してもらうための「黒子」で書き言葉に近いものがあります。
そのためアプローチの仕方や作るコツも大きく違ってきますが、実のところ目指すゴールはまったく同じ。観る人に日本語を意識させない訳、つまり、どちらもセリフの真意を明確に、かつ、自然に伝えることです。これを念頭に吹替・字幕それぞれの要点や利点をしっかり把握することで、どちらのスキルも確実に向上させることができます。さらにはどちらもこなせれば、仕事の幅が広がるのは言うまでもありません。
そこで本講座では毎回、同じ範囲を吹替と字幕の両方で取り組んでもらいます。
使用するのは、かのロンメル将軍の生き様を描いた不朽の名作「砂漠の鬼将軍【後半】」。前半のストーリーは教材で確認していただき、登場人物の思いが語られる後半の訳作りを、吹替・字幕の違いをもとに解説していきます。
映像作品には、「戦争物」やSFなど、軍事的要素が取り入れられているものがたくさんあります。プロとしてデビューしたら、避けては通れない分野の1つといって過言ではありません。学習中の今から様々なジャンルに積極的に取り組み、守備範囲を広げておきましょう。
また、実際の仕事で求められる申し送りや書式のあれこれ、業界用語なども併せて解説していきますし、優秀な方には下訳などの形で仕事へのチャンスを提供できればと思っています。ご期待ください!

クラウン推薦対象ジャンル 映像
 →クラウン会員についての詳細はこちら
講師

有尾 さゆり

映像翻訳家。海外ドラマシリーズ、長編ドラマ、アニメ、ドキュメンタリー、趣味・教養・実用DVDなど、ジャンルを問わず手がける。『ダーク・エンジェル』(吹替)、『サンクチュアリ(テレビドラマ)』(吹替・字幕)、『ヘイヴン−謎の潜む町−』(字幕)、『スモールアイランド』(字幕)、『ナルニア国物語 〜秘密の年代記〜』(VO)、韓国時代劇『夜警日誌』(吹替)ほか担当作品多数。

◆講師インタビュー
→ 「プロの翻訳メソッドとは?」
受講期間 2017 年 6 月 〜 11 月
スクーリング日 2017 年 12 月 9 日(土)または 16 日(土)
申込期間 2017 年 4 月 3 日(月) 〜 5 月 1 日(月)正午
合否&教材発送日 2017 年 5 月 16 日(火) 発送
不合格者には結果と選抜課題の訳例を送付します。
選抜課題提出締切 2017 年 5 月 1 日(月)正午 必着
受講形式 提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWord形式で保存できるワープロソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。
※海外手数料不要
受講生の声

先生にいただいた下訳の仕事では、
チームの一員としてプロの仕事を垣間見ることができました


戦争映画という、それまで馴染みのないジャンルで不安はありましたが、未知の分野だからこそ取り組めば、苦手意識が無くなるかもしれないと受講を決めました。実話に基づくフィクションだったので、史実との照合、人名地名、軍事用語など、裏取りが非常に大変でしたが、細かなこともきちんと確認すると、自信を持って訳に反映できるという、裏取り作業の大切さを実感できました。また戦争映画とは言っても、ベースにあるのはヒューマンドラマなので、次第に作品に愛着を感じるようになり、毎回課題箇所を訳すのが楽しみでした。有尾先生は訳以外にも細かな事項(オン、オフ、B記号、ブレスや間、シーン分けなど)も丁寧に指導して下さり、全員ができていない訳には簡単に答えを与えず宿題にして、生徒自身が再考する力をつけられるよう指導されていました。また申し送りの仕方、吹替7つ道具、デビューしたらすべきことなど、プロを目指した具体的アドバイスを毎回下さいました。講座修了後、先生から海外ドラマの下訳をいただき、チームの一員としてプロの仕事を垣間見られたのは非常に貴重な体験です。


海外在住/50代/女性

初めての仕事は先生から依頼された海外ドラマの下訳。
講座で学んだことをそのまま生かすことができました


以前フェロー・アカデミーの通学講座「字幕」「吹替」を受講していましたが、海外に移住してからは勉強をしばらくやめていました。通信講座の存在は知っていたので、新しい生活に慣れてしばらく経った頃に受講を決めました。
この講座を受講した理由は、タイミングが合ったというのが一番大きいのですが、半年の間に得たものは本当に大きく、受講できて良かったと思っています。
毎回非常に丁寧な解説と細かい添削をしていただきました。受講前は、クラスメイトの訳を見ることができ、対面で講師からの解説量が多い通学講座に比べると、通信講座のメリットは少ないかなと予想していました。ところが、実際受講してみると、自分の作成した訳に対するフィードバックの量は、通学講座よりはるかに多いと感じました。また有尾先生からは、受講生をプロに育てようという気持ちが強く伝わり、惜しみなくプロに近づくための情報やスキルを教えていただきました。ここまで丁寧に指導いただけるとは思っておりませんでした。
講座修了からしばらくして、有尾先生から吹替の下訳の仕事をいただきました。私は翻訳の仕事経験がなかったので、出来については、ご迷惑をおかけしてばかりだったと思いますが、講座で学んだことをそのまま仕事に生かすことが出来ました。


海外在住/20代/女性
PICK UP

翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> フェローでの学び方

PAGE TOP