実務翻訳 契約書・ビジネス法務

選抜課題文(PDF) 受講申込フォームへ

お申込み〜受講までの流れ

講師による講座紹介

読む人が理解しやすい法務文書を目指す!
 ◎翻訳会社勤務経験のある講師が、仕事を安定させるためのポイントをアドバイス

マスターコース「契約書・ビジネス法務」

法務翻訳と聞くと、多くの方が契約書の翻訳を思い浮かべるのではないでしょうか。実は、それだけではありません。グローバル化の拡大に伴い、海外企業との取引、現地法人の設立、海外の製品やサービスの導入などが増加傾向にあるため、コンプライアンス、就業規則、行動規範、利用規約などさまざまな文書で翻訳が必要とされるようになりました。これらの文書は、法律の専門家や法務部の社員だけでなく、企業で働くあらゆる従業員、さらには一般消費者までも目にする機会が増えているのです。
そのため、 プロとして活躍するためには、さまざまな案件に対応できるだけの力が必要です。そこで本講座では、契約書の他に、法務翻訳の仕事でよく取り扱われる文書を課題にします。難しいと思われがちな法務文書を、いかに一般の方々に分かりやすく読んでもらうか、ということを念頭に入れた文章作りを目指しましょう。 みなさんには、実際の仕事の話などもお伝えしていきたいと思っています。プロの翻訳者を目指して学習している方も、さらにブラッシュアップしたい方も一緒に学んでいきましょう。

予定カリキュラム

第1回 秘密保持契約
第2回 利用規約
第3回 セキュリティポリシー/就業規則
第4回 腐敗行為禁止
第5回 行動規範
第6回 プライバシーポリシー
※すべて和訳です

この講座で身につくスキル

・さまざまな法務分野の文書に対応できる
・契約書特有の定型表現と応用力の習得
・内容に即した正しい法律用語の選択ができる

クラウン会員推薦対象ジャンル

ビジネス
→ クラウン会員についての詳細はこちら

講師

上原 あい子(うえはら あいこ)

高校・大学をアメリカで過ごし、帰国後は語学や留学に関わる仕事に従事。その後、精密機器メーカーにて特許事務、特許翻訳に関わり、現在はフリーで法務文書やマーケティング文書の翻訳/チェックに携わる。

受講期間

2017 年 12 月 〜 2018 年 5 月

スクーリング日

2018 年 6 月 9 日(土)または 16 日(土)

申込期間

2017 年 10 月 2 日(月) 〜 11 月 1 日(水) 正午

合否発表

2017 年 11 月 16 日(木)
メールにて結果をお知らせいたします。
選抜課題提出締切 2017 年 11 月 1 日(水)正午 必着

提出・返却方法

提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWord形式で保存できるワープロソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。
※海外手数料不要。
PAGE TOP