実務翻訳 IT・テクニカル

選抜課題文(PDF) 受講申込フォームへ

お申込み〜受講までの流れ

講師による講座紹介

プロレベルの調査力と対応力の習得に向け、
リンギストとして経験豊富な講師が徹底アドバイス

マスターコース「IT・テクニカル」

ITがビジネスや生活に広く取り入れられるようになった今、翻訳の対象となる領域は多岐にわたります。そのためIT・テクニカル関連の翻訳の需要は高まっていますが、仕事をコンスタントに受注するには、翻訳スキルとともに、高い調査力も身に付けておかなければなりません
なぜなら、翻訳者にはコンピューター関連の知識のみならず、ときには電気や機械、金融などといった分野の知識も要求されるからです。さらに、技術は日々進歩し、それに伴って新しい概念やサービスが登場しているので、調査は欠かすことができないプロセス。このプロセスを手間と思わず、新しい知識を身に付けられるチャンスと捉えて楽しんで取り組めるなら、IT・テクニカル分野の翻訳に向いているといえるでしょう。
本講座では、調査能力を高めるため、課題としてさまざまな題材を取り上げます。実際の仕事ではスタイルガイドや用語集が支給されることが一般的ですので、課題でもこのような作業指示を出します。指示を順守しながら読みやすく正確な文章に仕上げるための、実践的なトレーニングとして取り組んでください。全6回の課題を通して、講師が訳文を細かく点検することで、自分では気づけないミスや改善の余地を洗い出します。トライアルに向けて、またプロとして、訳文の品質向上を目指す方からのご応募をお待ちしています。

予定カリキュラム

第1回 サーバー(取扱説明書)
第2回 ネットワーク(技術説明)
第3回 アプリケーション(製品紹介)
第4回 モバイルデバイス(市場調査)
第5回 スマートグリッド(技術説明)
第6回 セキュリティ(ホワイトペーパー)
(カリキュラムは予告なく変更する場合があります)

この講座で身につくスキル

・正確に原文を読み取る力
・文脈を考慮した、論理的な文章の作成
・原文の内容に即した、過不足のない適切な表現
・対象分野に適した訳語の選定
・スタイルおよび用語の統一

クラウン会員推薦対象ジャンル

IT・テクニカル
→ クラウン会員についての詳細はこちら

講師

石崎 あゆみ(いしざき あゆみ)

電機メーカーにてソフトウェアの研究開発に従事した後、翻訳会社に転職。リンギストとして様々なプロジェクトのローカライズを経験する。その後フリーランス翻訳者として、主にITおよびビジネス関連の翻訳・レビューに携わる。

◆講師インタビュー
→ 「おすすめの勉強法、健康管理、リフレッシュ方法とは?」

受講期間

2018年1月 〜 2018年6月

スクーリング日

2018年7月14日(土)または21日(土)

申込期間

2017年11月1日(水)〜12月1日(金) 正午
選抜課題提出締切 2017年12月1日(金)正午 必着

合否発表

2017年12月15日(金)
メールにて結果をお知らせいたします。

提出・返却方法

提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWord形式で保存できるワープロソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。
※海外手数料不要。
PAGE TOP