カレッジコース
2016年2月10日 

映像日本語版制作会社フォアクロスの
企業説明会を開催しました

現在開講中の2015年度の総合翻訳科カレッジコースでは、ただいまカレッジ生推薦先企業の説明会を続々開催中!

現在就業4年目の鈴木さんは字幕ディレクターとして劇場映画やDVDなどさまざまな映像作品の字幕をチェックしています。(写真中央の『マキシマム・ブラッド』は鈴木さんが字幕演出を手がけた作品で、昨年劇場公開を経てDVDになりました。)


また同社には昨年度も2名のカレッジコース修了生が採用されました。ともに映像翻訳業界未経験で、うち1名は初の就職先となりましたが、2名とも入社1年目にして映画祭上映作品、ドラマシリーズ、ドキュメンタリー番組など数々の日本語版の制作工程に関わっています。
早くから実践的な仕事に幅広く携わって成長できる職場なので、映像翻訳の世界に興味がある方には貴重な経験がたくさんできるのではないでしょうか。
みなさんも活躍する先輩のあとに続きましょう!


今年度は現時点で合計9社の説明会が予定されています。カレッジコースの仕事サポートについてもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。




PAGE TOP