カレッジコース
2016年12月15日 

翻訳業界に就職した修了生2名が経験談を語ってくれました

コースのカリキュラムや仕事サポートの説明に加え、修了生の経験談を直接聞くこともできる「カレッジコース説明会」。
11月26日に開催した前回の説明会では、ともに推薦制度を利用し、実務翻訳と映像翻訳それぞれを手がける会社に就職した2名の修了生が登場してくれました。



2014年度修了生の加藤千里さん(左)は大学新卒でコースに入学し、映像日本語版制作会社のフォアクロスに就職。字幕翻訳の最終的なクオリティを追求する字幕ディレクターとして一人前になれるよう、日々修業に励んでいます。
2015年度修了生の荒井理恵子さん(右)はコース受講を機に前職のアパレル販売業から翻訳業界へと転身。多言語の実務翻訳を手がけるライオンブリッジ ジャパンで、品質管理を行うランゲージ リードとしての経験を積んでいます。



どちらの就職先も、カレッジコース出身の先輩がいて直接指導を受けられる環境にあります。これからもどんどん腕に磨きをかけて、次に就職するカレッジ生にとって頼れる先輩になってくださいね!



カレッジコース説明会の次回開催は2017年1月21日(土)。ここでも修了生の方々の経験談が聞けますので、学習とその後の仕事についてイメージを深めたい方はぜひご参加ください。

次回の説明会の詳細・お申込みはこちら



PAGE TOP