短期集中講座 スペシャルプログラム

マーケティング翻訳

※お申込みを締切ました

内容

優秀な方にはトライアルのチャンスあり!
需要の高まるマーケティング翻訳で仕事獲得を目指す


マーケティングとは、企業が市場の動向や顧客のニーズを探り、それをもとに有益な販売戦略を企画・実行する一連の活動のことです。こういった活動の中で発生する文書はメッセージ性の高いものが多いため、実務翻訳の基本である「わかりやすく、正確で、簡潔な」日本語に加えて、製品やサービスを魅力的に伝える日本語表現力が求められます。IT業界を筆頭に近年ますます需要が高まっているこのジャンルですが、対応できる翻訳者は不足している、というのが現状です。今回の講座ではIT関連の題材を取り上げ、どんな業界のマーケティング翻訳でも活かせる考え方を指南します

授業では、マーケティング翻訳の特徴や目的といった基本はもちろん、「わかりやすく読みやすい」「アピール力のある」「質の高い」訳文を作成するためのテクニックもお伝えします。課題は毎回100〜200ワードで、そのほかに仕事で通用するレベルの訳文に仕上げるために必要不可欠な「リライト」の練習にも取り組みます。提出していただいた訳文は講師が添削し、全員分の添削を無記名で配布。優秀な訳文やありがちな間違いなどを取り上げて解説するので、自分の改善すべき点がわかるだけでなく、表現の幅も広げることができます。そして最終回では、クライアントが求めるマーケティング翻訳の品質やどんな翻訳者に仕事をお願いしたいかといった、現場のリアルな話も。これから仕事を始めたい方々にとって必聴の内容です。

なお、毎回の課題提出を通じて、受講生の中で優秀な方は株式会社ヒューマンサイエンスのトライアルに挑戦できる、もしくは即戦力として登録翻訳者になれる可能性があります。マーケティング翻訳の仕事を獲得できるこのチャンスをお見逃しなく!

トライアルと
合格後の仕事
について
ヒューマンサイエンスの翻訳トライアルでは、IT、マーケティング、契約書、字幕、メディカルなど、様々な分野ごとにテストを用意しており、受験者は自分の得意な分野を選んでそれぞれ100〜300ワード程度のテスト翻訳をしていただきます。トライアル完了後、誤訳や訳抜けがないか、日本語表現が適切か、ケアレスミスがないか、といった観点から評価し、合否結果をお知らせします。
トライアルに合格されますと、ヒューマンサイエンスとの契約、翻訳単価の決定、翻訳者データベースへの登録といった諸々の手続きを済ませたのち、実際の案件をお受けいただくことになります。作業ボリュームは案件によって様々ですが、通常は翻訳で一日に数百〜2000ワード、レビューで4000ワード程度をご対応いただいています。 ヒューマンサイエンスでは、翻訳納品後にレビュー担当が翻訳チェックを行い、評価項目に基づき翻訳品質を点数化し、コメントとともに翻訳者にフィードバックしています。マーケティング案件のフィードバックには、誤訳やケアレスミスなど通常の指摘のほかに、より適切な表現という観点からの指摘も盛り込まれます。フィードバックがあることで今後の品質改善につなげ、翻訳者として着実に成長していくことができます。
カリキュラム(予定)
第1回(3/1) 「マーケティング翻訳とは」
■IT業界のマーケティング翻訳の特徴
・製品翻訳とマーケティング翻訳
・マーケティング翻訳で目指すこと
・予習課題の解説
■わかりやすく読みやすい訳文
・リライトでブラッシュアップ
・リライトの技法(講義と簡単な演習を交えて)
※終了時に課題を配布(200ワード程度)

第2回(3/15) 「アピール力のある訳文とは」
■第1回課題の解説
・押さえたいポイント
・優秀な訳例、ありがちな誤り
■アピール力を高めるために
・何をアピールするか
・リライト応用編(講義と簡単な演習を交えて)
※終了時に課題を配布(200ワード程度)

第3回(3/29) 「お客様が満足される訳文を目指して」
■第2回課題の解説
・押さえたいポイント
・優秀な訳例、ありがちな誤り
■訳文の品質を高めるためのヒント
・翻訳作業で気を付けたいこと
・日頃から心がけたいこと
■マーケティング翻訳の最前線
・お客様の生の声
・こんな翻訳者の方にお願いしたい
・全3回のまとめ


※予定教材は、予告なく変更する場合があります。
講師

大越 康弘(株式会社ヒューマンサイエンス)

外資系ITコンサルティング会社で開発を担当した後、外資系ソフトウェア会社でプリセールスを担当。現在は、IT分野の翻訳・レビュー・リライトに従事。ITシステムの開発者およびユーザーとしての経験、翻訳について発注者および作業者としての経験をもとに、実際にマーケティング部門など最前線で日本の顧客に向けて必要とされる文書や、対象読者にアピールする書き方を追求。

株式会社ヒューマンサイエンス

マーケティング翻訳

ヒューマンサイエンスは、テクニカルコミュニケーションとランゲージテクノロジーを軸に、ドキュメントや教育コンテンツの制作・翻訳、およびその管理システムの開発を行っております。また、通常の受託制作に加え、これまで培ってきた制作・翻訳関連のノウハウをセミナーやコンサルティングサービスとしてご提供し、企業様の人材育成や業務標準化のサポートをしております。お客様が必要とするあらゆるサービスを、確かな技術とマネージメントでご提供いたします。
→ ヒューマンサイエンスのWebサイトはこちら
日時 3/1、3/15、3/29(隔週水曜・全3回)
19:00〜20:40(100分)
受講料(税込) 一般:27,640円(税込)
マイページユーザー/アメリア会員:24,640円(税込)
対象 実務翻訳の学習経験がある方
定員 16名
申込締切 2/15(水)正午
※お申込みは定員になり次第、締め切らせていただきます。
予習課題 あり
第1回の授業で解説する予習課題(100ワード程度)を2/15(水)午後にメールで送付いたします。提出期限は2/22(水)正午です。予習課題の添削はありません。
添削指導 あり
第1回と第2回の授業で配布する課題をご提出いただくと、講師が添削して次回の授業で返却します。授業翌週の水曜日正午が提出期限となります。
PICK UP

通学講座説明会 体験レッスン フェローでの学び方

PAGE TOP