こだま ともこ Tomoko Kodama

[通学]■ベーシック3コース「児童文芸」
     ■単科「児童文芸」 「こだまゼミ」「こだま特別ゼミ」
[通信]■リーディング講座「児童文学」

『ブラック・レコニング』児童文芸翻訳家。「ダイドーの冒険」シリーズ、『コールド・ショルダー通りのなぞ』(冨山房)、「大草原の小さな家」シリーズ(共訳―講談社)、『レモネードを作ろう』(徳間書店)、『アーチ・グリーンと錬金術師の呪い』『ブラック・レコニング』(あすなろ書房)、『わたしたちのてんごくバス』(さえら書房)、『ラブリーオールドライオン』(フレーベル館)、『スモーキー山脈からの手紙』(評論社)、『ぼくが消えないうちに』(ポプラ社)など訳書多数。
こだまともこ◆インタビュー
「児童文学者として、後進を育てる師として 子どもの心に寄り添いながら」
close