相原結城

Yuki Aihara

出版

2002年に早川書房へ入社し、海外フィクションを担当。その後、別の出版社を経て、2011年に原書房へ入社。現在にいたるまで翻訳出版に20年ほど携わっている。原書房ではノンフィクションを中心に文化史、戦争関連、ポピュラーサイエンス、児童書まで担当ジャンルは多岐にわたる。主な担当書は、翻訳書に『フェルメールと天才科学者』『ヴィジュアル版 世界のティータイムの歴史』『図説 クリスマス全史』『天体観測に魅せられた人たち』『ビジュアルで見る遺伝子・DNAのすべて』など多数。日本人作家による書き下ろしでは、小手鞠るい著『あんずの木の下で 体の不自由な子どもたちの太平洋戦争』、澤宮優著『イラストで見る 昭和の消えた仕事図鑑』、小島美羽著『時が止まった部屋 遺品整理人がミニチュアで伝える孤独死の話』などがある。私生活では、中1と小2の二人の男の子の母。