松井 信彦

Nobuhiko Matsui

実務

外資系メーカーでスキャナーやデジカメの設計・開発(デジタル回路とファームウェアを担当)に携わった後、独立して翻訳に転向し、コンピューター・IT関連の実務翻訳に従事。のちにポピュラーサイエンスの出版翻訳も手がけるようになる。訳書に『AI新生』『もうダメかも』(みすず書房)、『重力波は歌う』(共訳)、『「偶然」の統計学』、『スプーンと元素周期表』(以上、早川書房)、『Liquid 液体』、『合成テクノロジーが世界をつくり変える』(インターシフト)など多数。