蔭山歩美さん

ベーシック3コース実務

受講生インタビュー

幅広く学んだからいろいろ訳せる 今の仕事のスタイルが気に入っています

長く続けられる在宅ワークを模索する中で、中学生の頃から漠然と憧れていた翻訳を選択。通信講座で出版や映像の基礎を学んだ後に「総合翻訳科ベーシック3コース」を受講。興味や適性を見定め、エンタテインメント分野の翻訳を志すことにしました。

「ベーシック3コース」在籍中、スタッフの勧めによりアメリアで募集していたゲーム翻訳会社の求人に応募し、採用されました。翻訳や実機テストを行うほか吹替収録に立ち会うこともあります。ほかにも翻訳会社や映像制作会社のトライアルを受け、現在ではゲーム・映像・Webサイトなど、エンタテインメントを中心に翻訳とその周辺業務に従事しています。

そんなワークスタイルが可能なのは、「ベーシック3コース」で各分野を網羅的に学んだからでした。知識や資料など、何かしらとっかかりがあるん です。どんな案件でも、先生の「論理的根拠に基づいて訳す」という教えを守って翻訳することを心がけています。

ゲーム翻訳の仕事に関わっているため、実践的ノウハウを学ぶことでスキルアップを図れると思い、短期集中講座「はじめてのゲーム翻訳」も受講しました。エンタメ系の翻訳は受け手の反応がわかるので、より強くやりがいを感じます。いろいろ訳すのが楽しいので、エンタメというくくりであ れば幅広く手がけていきたいです。

先生については言うまでもありませんが、クラスメイトの存在も大きいです。訳文は十人十色で学べることが多く、モチベーションも上がります。私は通信と通学両方で学びましたが、断然、通学をおすすめします。

蔭山歩美さんが受講した講座(通学)

ベーシック3コース

実務翻訳 出版翻訳 映像翻訳
開講日
年3回(1月、4月、9月)
期間
週3日・3ヶ月
  • 実務翻訳
  • 出版翻訳
  • 映像翻訳