受講生インタビュー

推薦制度を利用してローカライズ企業に就職

大学4年のときに自分が何をやりたいのかを真剣に考えてみたら、「本を読むこと」と「英語」が好きだったので、翻訳を仕事にしたいと思ようになりました。新卒で就職しても翻訳の仕事をすぐに始めるのは難しいだろうと思い、まずは学費をためるために一年間アルバイトをしてから「カレッジコース」に入学しました。

はじめは文芸翻訳に興味がありましたが、コース修了後はすぐに仕事をしたかったので、需要の高い実務翻訳に進んでもいいかなと思うようになりました。

個別ガイダンスで進路相談をしたとき、推薦制度の受け入れ先でもあるローカライズ企業を紹介され、トライアルを受けて採用していただきました。現在はトレイニー翻訳者として働いています。新卒で就職した友人たちはすでに社会人3年目なので、焦りを感じたこともありましたが、希望の仕事に就くことができたので、今はよかったと思っています。会社では、同じく「カレッジコース」出身の先輩たちに仕事を教えてもらっています。毎日勉強しながらお給料をいただいているようなもので、とても充実しています。

採用企業の声:SDLジャパン トランスレーションマネージャー 上地かおりさん

SDLはイギリスに本社を置き、日本オフィスではIT、医療、機械、自動車など幅広い分野を扱っております。当社の特徴は「トレイニー制度」を設け、素質や将来性があれば未経験の方でも積極的に採用していること。トレーニング後は特定のクライアントを担当し、翻訳、レビューをはじめ、PM(プロジェクトマネージャー)やクライアントとの交渉、外部翻訳者、予算、スケジュールの管理なども行っていただきます。プロを目指す方には、答えを与えられるのを待つのではなく、積極的に学ぶ意識と、経験に基づいて問題の解決方法を模索する、能動的な姿勢を期待したいですね。失敗しても何かを掴み、自分の成長に活かすことが大切です。

並木泰二さんが受講した講座(通学)

カレッジコース

実務翻訳 出版翻訳 映像翻訳
開講日
年1回(4月)
期間
週5日/1年
受付開始日
11/25
  • 実務翻訳
  • 出版翻訳
  • 映像翻訳