一覧へ戻る

就職・オンサイトで活躍

平田航さん
翻訳会社への就職を決め現場で経験を積む

武市有里子さん
英語教材の販売会社で、日英翻訳や商品PR映像の字幕制作に従事

佐藤優子さん
文系出身で医薬品の安全性に関する英訳・和訳に従事

松林真美さん
地方公務員から映像制作会社勤務へとキャリアチェンジ

田中久美子さん
自動車部品メーカーの社内翻訳者として活躍

加藤千里さん
映像制作会社に就職し、字幕ディレクターを目指す

荒井理恵子さん
販売業から翻訳会社勤務へとキャリアチェンジ

北林愛さん
幅広い知識やノウハウを学び、あこがれの映像翻訳会社に就職

井口裕美子さん
技術やマーケティングの文書を手がける会社の社内翻訳者に

上田理沙さん
翻訳会社で特許翻訳のチェッカーとして活躍

三樹愛さん
教職から翻訳の道へ。仕事が人の生活の一部になるのがやりがい

吉田千晴さん
主婦生活から再就職を果たし、外資系企業の正社員に

須田理恵子さん
商社勤めから翻訳業界へ。就職活動のサポートが心強かった

大島陸さん
まだまだ歴史の浅いゲームの魅力を翻訳者として伝えたい

坂田あやさん
就職未経験でローカライズ最大手の企業に採用

坂井大剛さん
フリーの翻訳者を経て映像翻訳会社に就職

安孫子智美さん
翻訳・編集コーディネーターとして翻訳会社にオンサイト勤務

橋村吾土子さん
翻訳会社に勤務し社内チェッカー、翻訳者として活躍中

平野佑樹さん
医学関連情報を提供する会社に勤務

河村愛子さん
英語の業務経験ゼロから医薬系の翻訳会社に就職

濱野寿美子さん
通信講座で学び、翻訳会社に勤務

村松沙綾さん
デザイン会社の正社員として翻訳業務にも関わる

高橋彩さん
映像制作会社で字幕演出。長編映画の翻訳も経験

岸岡高史さん
映像制作会社に就職してディレクションに従事

小貫麻衣さん
翻訳会社の特許部門でチェッカーアシスタントに

松石奈保子さん
企業説明会がきっかけで翻訳会社に勤務

齋藤由佳さん
翻訳コーディネーターとして活躍中

根岸邦明さん
約30年のエンジニア生活を経て翻訳会社に転職

志田文子さん
新聞社で海外ニュースの翻訳者として活躍

官澤彩さん
社内翻訳者として新エネルギー関係の翻訳で活躍

山道真奈さん
社内翻訳者として成長を実感

武田大輝さん
金融関係の英訳チェッカーとして活躍

鈴木敦史さん
「映画好き」を生かせる仕事をしたい

御囲ちあきさん
新卒で翻訳会社のコーディネーターに

桑澤真由さん
翻訳スキルが生かせる映像制作の現場へ

原田真吾さん
翻訳会社の医薬部門に勤務。安全性に関する文書に携われる“やりがい”を感じています

村中知世さん
大手翻訳会社の特許部門でコーディネーターとして活躍

佐渡麻衣子さん
受講中から積極的に情報収集。経験を積み、医薬系の翻訳で活躍

長澤優子さん
就職後は翻訳、メモリの更新、品質管理などローカライズ全般を担当

田中亜紀子さん
社内でどんな書類の翻訳を頼まれてもひるまなくなった

中畑京子さん
実務翻訳のチェッカーとして活躍

矢島有記さん
在宅での翻訳とオンサイトのチェッカーで実務経験を積む

松井貴司さん
医療翻訳会社から大手製薬会社に出向

多田あゆみさん
出版・映像コンテンツ事業を行っている企業に就職

並木泰二さん
推薦制度を利用してローカライズ企業に就職
安孫子智美さん
通信講座「はじめての出版翻訳」「リーディング講座」で翻訳の学習を始め、「総合翻訳科ベーシック3コース」で3分野の翻訳の基礎を習得。コース受講中、翻訳会社の求人に応募し、採用される。現在は、主に日英翻訳のコーディネートや編集業務に携わっている。

インタビュー

翻訳・編集コーディネーターとして
翻訳会社にオンサイト勤務

小さい頃から英米の児童文学が好きでよく読んでいました。はじめて「翻訳家」という仕事があると知ったのは中学生のとき。学校の図書室で『翻訳家になるには』という本を読んで、漠然と憧れていました。大学でも翻訳作品の日英比較をテーマに卒論を書いたりと、ことばの違いにずっと興味はありましたが、その当時はまだ職業として翻訳家という選択肢を真剣に考えたことはなく、就職活動を経てご縁のあった企業に就職しました。
その後、仕事を休職した際、英語の勉強を再開しようと思い、どうせなら楽しめるものをと、出版翻訳の通信講座を受けてみました。それが思った以上に面白く、「これならずっと続けられるかも」と感じました。いざ通学を決意して、フェロー・アカデミーの「ベーシック3コース」を選んだ理由は、やはり実務・出版・映像の基礎が同時に学べること。何から始めたら良いか、どんな分野が向いているのか分からなかったので、3カ月間で方向性が決まればいいなと思い受講しました。

受講中は全7科目の課題をこなすのに毎日必死でしたが、慣れてくると実務・出版・映像それぞれに違った面白さがあり、新しい発見の連続でした。特に「実務基礎」の授業では、文章の「本質」を読みとる大切さを教えていただき、はじめて英文を「ロジカルに読む」という経験をしました。出版翻訳の授業では様々なジャンルを3人の先生に教えていただきましたが、どの先生も「原文に寄り添うこと」を大事にされていたのが印象的でした。翻訳学校というと、こなれた日本語に訳すためのテクニックを中心に学ぶようなイメージがあったのですが、文芸作品を訳すときに自分の勝手な解釈や先入観による言い換えはご法度なのだと教わり、それまでいかに自分が「なんとなく」英文を読んでいたかに気づかされました。辞書を引く、事実関係を調べるといった習慣が身についたのは貴重な財産だと思っています。

コース修了後もどの道に進むか決めかねていたので、なるべく色んな経験ができる仕事を探していたところ、アメリアの求人で見つけたのが現在の会社の「翻訳・編集コーディネーター職」でした。会社が得意とする「観光・仏教・環境」に特に注力している点がユニークで興味を惹かれました。フェローのスタッフの方から、未経験でも前職の業務経験をアピールしてみては、とアドバイスをもらい、面接とチェッカーのトライアルを経て、採用となりました。

会社では翻訳以外にも、DTP、Webデザイン、印刷なども行っているので、これら全般の製作コーディネーションと編集作業が私の仕事です。一番シンプルな翻訳(日英)のみの案件を例にとりますと、受注→翻訳者の選定・手配→Pre-editing(元原稿のチェック・編集)→Post-editing(翻訳原稿のチェック・編集)→クライアントへの申し送り作成→納品、というのが一連の流れです。Pre-editingとは翻訳者へ送稿する前に、元となる日本語の文章を確認し、場合によってはクライアントに確認をとりながら適切な翻訳ができるよう手を加えたり、翻訳者への注釈をつけたりする作業です。特に当社では観光情報や日本の伝統文化に関する案件が多く、日本語独特の表現や文化の違いを効果的に外国語に翻訳するためにPre-editingを重視しています。Post-editingでは、誤訳・訳抜け・スペルミスなどの基本的なチェックに加えて、用字・用語や表記スタイルの統一といった観点から編集を行います。最後に確認事項や申送り事項をコメントにまとめ、クライアントへ納品。その後もクライアントからの質問や修正依頼などに対応し、無事校了が出たら案件終了となります。

翻訳は、原文のメッセージを正確に伝えることが重要だと思います。その一方で商品としては、自然で(直訳調でなく)魅力的な表現も求められるのだと、仕事を始めて実感しました。言語が違う以上、どちらも100%満たす表現を見つけるのは必ずしも容易ではなく、頭を悩まされます。そんなときフェローの先生方に教わった、「原文に誠実に向き合う姿勢」「読者の気持ちを考えること」「その2つの落としどころを見つける根気」を思い出しながら、翻訳者とクライアントを繋ぐような仕事ができるよう日々精進しています。

2020年の東京オリンピック開催に向けて観光業界では翻訳の需要が高まっています。日英翻訳のチェッカーとして経験を積み、日本の魅力を海外に伝える手助けができたら良いなと思っています。

安孫子さんが受講した講座

通信 出版翻訳コース「はじめての出版翻訳」

講座の内容をチェック

通信 出版翻訳コース「リーディング講座 児童文学」

講座の内容をチェック

通学 総合翻訳科「ベーシック3コース」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語