一覧へ戻る

就職・オンサイトで活躍

平田航さん
翻訳会社への就職を決め現場で経験を積む

武市有里子さん
英語教材の販売会社で、日英翻訳や商品PR映像の字幕制作に従事

佐藤優子さん
文系出身で医薬品の安全性に関する英訳・和訳に従事

松林真美さん
地方公務員から映像制作会社勤務へとキャリアチェンジ

田中久美子さん
自動車部品メーカーの社内翻訳者として活躍

加藤千里さん
映像制作会社に就職し、字幕ディレクターを目指す

荒井理恵子さん
販売業から翻訳会社勤務へとキャリアチェンジ

北林愛さん
幅広い知識やノウハウを学び、あこがれの映像翻訳会社に就職

井口裕美子さん
技術やマーケティングの文書を手がける会社の社内翻訳者に

上田理沙さん
翻訳会社で特許翻訳のチェッカーとして活躍

三樹愛さん
教職から翻訳の道へ。仕事が人の生活の一部になるのがやりがい

吉田千晴さん
主婦生活から再就職を果たし、外資系企業の正社員に

須田理恵子さん
商社勤めから翻訳業界へ。就職活動のサポートが心強かった

大島陸さん
まだまだ歴史の浅いゲームの魅力を翻訳者として伝えたい

坂田あやさん
就職未経験でローカライズ最大手の企業に採用

坂井大剛さん
フリーの翻訳者を経て映像翻訳会社に就職

安孫子智美さん
翻訳・編集コーディネーターとして翻訳会社にオンサイト勤務

橋村吾土子さん
翻訳会社に勤務し社内チェッカー、翻訳者として活躍中

平野佑樹さん
医学関連情報を提供する会社に勤務

河村愛子さん
英語の業務経験ゼロから医薬系の翻訳会社に就職

濱野寿美子さん
通信講座で学び、翻訳会社に勤務

村松沙綾さん
デザイン会社の正社員として翻訳業務にも関わる

高橋彩さん
映像制作会社で字幕演出。長編映画の翻訳も経験

岸岡高史さん
映像制作会社に就職してディレクションに従事

小貫麻衣さん
翻訳会社の特許部門でチェッカーアシスタントに

松石奈保子さん
企業説明会がきっかけで翻訳会社に勤務

齋藤由佳さん
翻訳コーディネーターとして活躍中

根岸邦明さん
約30年のエンジニア生活を経て翻訳会社に転職

志田文子さん
新聞社で海外ニュースの翻訳者として活躍

官澤彩さん
社内翻訳者として新エネルギー関係の翻訳で活躍

山道真奈さん
社内翻訳者として成長を実感

武田大輝さん
金融関係の英訳チェッカーとして活躍

鈴木敦史さん
「映画好き」を生かせる仕事をしたい

御囲ちあきさん
新卒で翻訳会社のコーディネーターに

桑澤真由さん
翻訳スキルが生かせる映像制作の現場へ

原田真吾さん
翻訳会社の医薬部門に勤務。安全性に関する文書に携われる“やりがい”を感じています

村中知世さん
大手翻訳会社の特許部門でコーディネーターとして活躍

佐渡麻衣子さん
受講中から積極的に情報収集。経験を積み、医薬系の翻訳で活躍

長澤優子さん
就職後は翻訳、メモリの更新、品質管理などローカライズ全般を担当

田中亜紀子さん
社内でどんな書類の翻訳を頼まれてもひるまなくなった

中畑京子さん
実務翻訳のチェッカーとして活躍

矢島有記さん
在宅での翻訳とオンサイトのチェッカーで実務経験を積む

松井貴司さん
医療翻訳会社から大手製薬会社に出向

多田あゆみさん
出版・映像コンテンツ事業を行っている企業に就職

並木泰二さん
推薦制度を利用してローカライズ企業に就職
田中久美子さん
好きな英語を活かせる、育児と両立できる仕事として翻訳を選び、総合翻訳科「ベーシック3コース」で学習を始める。コース修了後は単科 中級「ドキュメンタリー」で学習を続けながら就職活動も行い、旅行記事翻訳のトライアルに合格。その後自動車部品メーカーの社内翻訳者に採用され、現在は主に品質保証関連の資料や報告書を翻訳している。

インタビュー

授業でとったノートは迷った時の大事な教科書
職場の引き出しに入れて常に見直しています


学生の頃から英語はずっと好きでした。大学時代に留学したアメリカでの経験が、自分の英語の基礎になっていると思います。卒業後帰国し、その後英語とはあまり縁のない仕事を8年ほどしていましたが、結婚出産を機に退職。時間の使い方に対する考え方が自分中心から子供中心に大きく変わりました。時間がコントロールできて子供との時間をしっかり作れる、好きな英語のスキルアップができる、そんな仕事がないかと調べた結果、翻訳の仕事に行きつきました。
ベーシック3を選んだ理由は、3カ月で翻訳の基礎を集中的に学べたからです。私の場合、年齢的にもあまりのんびりしていられなかったので、集中的に学んで、早く就職活動を始めたいと思っていました。

ベーシック3コースの内容はとても充実していて、出版、映像、実務の3分野すべて学べたことは、翻訳者の道を歩き始めるうえで、とても貴重な経験だったと思います。私は、実務を第一希望にしていたのですが、「実務基礎」の成績ははじめのうちとても悪く、逆に自分には不向きだろうと思っていた「フィクション」で良い評価をもらい、とても驚いたのを覚えています。自分の適性をプロの先生方に客観的に見てもらえることも、ベーシック3コースのいいところだと思います。
講師は全員プロの翻訳者なので、授業内容はとても実践的です。「実務基礎」と「実務演習」では、先生の言ったことを一つも逃すものか!という心構えでノートをとりました。そのノートは今、職場の引き出しに入れてあり、迷った時に道を指し示してくれる大事な教科書になっています。「映像吹替」の授業では、実際の仕事で訳文に送付する「申し送り」の書き方も教わります。このように書けば、クライアントとの信頼関係を築けるといった、すぐに実践で使えるテクニックも学ぶことができます。

コースを受講して、自分の適性を講師に客観的に判断してもらったり、興味がなかった分野を勉強してみて、意外な面白さを見つけたりといった、新しい発見をたくさんしました。そんな理由から、3カ月の講座を修了しても、自分の進む道を実務と映像から1つだけを選ぶことができず、単科の中級「ドキュメンタリー」と、自宅での実務翻訳の勉強とトライアルを同時進行で続けていました。勉強を続けながら、旅行記事翻訳のトライアルに合格したのですが、なかなかすぐには仕事が回って来ず、仕事の依頼を待ちながら他の求人を探す日々が続きました。その時に、インターネットで近所にある自動車会社が社内翻訳者を募集している記事を見つけました。子供の幼稚園の時間があるので、オンサイトは時間的に難しいだろうと、今まで応募を諦めていたのですが、その仕事は9:00~16:00勤務で、さらに自宅から近距離で幼稚園のお迎えに間に合う条件だったため、「これならいける!」とすぐに申し込みました。

現在は派遣社員として、自動車部品製造会社の品質管理統括部で、品質保証関連の資料を翻訳しています。今の部署は海外にある12カ所の工場を統括しているところで、私が行っている主な業務は、製品の不具合が出た時の報告書やそれをまとめた週報を毎週日本語から英語に翻訳することです。「車のリコール」と言えば一般的にイメージがつくかと思いますが、リコールとまでいかなくても、製品の小さな不具合は日々起こっています。その対応として、不良品を回収したり、代替部品を調達したりといった内容の報告書が12拠点から入ってきます。本社から赴任している役職者が報告を作成するため、言語は日本語で書かれていて、それを統括部で一つの週報にまとめ、その後私が英語にしたものをまた海外に発信する流れです。
それ以外に、月に数回ある会議の議事録の翻訳、海外工場の社員教育や研修会で使われる資料の翻訳なども行います。
ベーシック3コースで学んだ「実務基礎」のテキスト『BETA』の問題文で学習した工業用語が、実際の業務でたくさん出てくるので、学んだことが大いに今の仕事に役立っていることは間違いありません。実際に、『BETA』と授業でとったノートは職場の机に置いていて、常に見直しています。

私の自動車産業についての知識は皆無に等しかったので、今の仕事を始めてからは、覚えることが山盛りで毎日が勉強の日々です。今の私の目標は、何年かかるか分かりませんが、現在会社が扱っている製品の部品名を全部把握できるようになることです。いつか工業英検にも挑戦したいと思っています。

田中さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「ベーシック3コース」

講座の内容をチェック

通学 映像翻訳コース「ドキュメンタリー」

講座の内容をチェック

通信 実務翻訳コース「ベータ応用講座「契約書」」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語