一覧へ戻る

就職・オンサイトで活躍

平田航さん
翻訳会社への就職を決め現場で経験を積む

武市有里子さん
英語教材の販売会社で、日英翻訳や商品PR映像の字幕制作に従事

佐藤優子さん
文系出身で医薬品の安全性に関する英訳・和訳に従事

松林真美さん
地方公務員から映像制作会社勤務へとキャリアチェンジ

田中久美子さん
自動車部品メーカーの社内翻訳者として活躍

加藤千里さん
映像制作会社に就職し、字幕ディレクターを目指す

荒井理恵子さん
販売業から翻訳会社勤務へとキャリアチェンジ

北林愛さん
幅広い知識やノウハウを学び、あこがれの映像翻訳会社に就職

井口裕美子さん
技術やマーケティングの文書を手がける会社の社内翻訳者に

上田理沙さん
翻訳会社で特許翻訳のチェッカーとして活躍

三樹愛さん
教職から翻訳の道へ。仕事が人の生活の一部になるのがやりがい

吉田千晴さん
主婦生活から再就職を果たし、外資系企業の正社員に

須田理恵子さん
商社勤めから翻訳業界へ。就職活動のサポートが心強かった

大島陸さん
まだまだ歴史の浅いゲームの魅力を翻訳者として伝えたい

坂田あやさん
就職未経験でローカライズ最大手の企業に採用

坂井大剛さん
フリーの翻訳者を経て映像翻訳会社に就職

安孫子智美さん
翻訳・編集コーディネーターとして翻訳会社にオンサイト勤務

橋村吾土子さん
翻訳会社に勤務し社内チェッカー、翻訳者として活躍中

平野佑樹さん
医学関連情報を提供する会社に勤務

河村愛子さん
英語の業務経験ゼロから医薬系の翻訳会社に就職

濱野寿美子さん
通信講座で学び、翻訳会社に勤務

村松沙綾さん
デザイン会社の正社員として翻訳業務にも関わる

高橋彩さん
映像制作会社で字幕演出。長編映画の翻訳も経験

岸岡高史さん
映像制作会社に就職してディレクションに従事

小貫麻衣さん
翻訳会社の特許部門でチェッカーアシスタントに

松石奈保子さん
企業説明会がきっかけで翻訳会社に勤務

齋藤由佳さん
翻訳コーディネーターとして活躍中

根岸邦明さん
約30年のエンジニア生活を経て翻訳会社に転職

志田文子さん
新聞社で海外ニュースの翻訳者として活躍

官澤彩さん
社内翻訳者として新エネルギー関係の翻訳で活躍

山道真奈さん
社内翻訳者として成長を実感

武田大輝さん
金融関係の英訳チェッカーとして活躍

鈴木敦史さん
「映画好き」を生かせる仕事をしたい

御囲ちあきさん
新卒で翻訳会社のコーディネーターに

桑澤真由さん
翻訳スキルが生かせる映像制作の現場へ

原田真吾さん
翻訳会社の医薬部門に勤務。安全性に関する文書に携われる“やりがい”を感じています

村中知世さん
大手翻訳会社の特許部門でコーディネーターとして活躍

佐渡麻衣子さん
受講中から積極的に情報収集。経験を積み、医薬系の翻訳で活躍

長澤優子さん
就職後は翻訳、メモリの更新、品質管理などローカライズ全般を担当

田中亜紀子さん
社内でどんな書類の翻訳を頼まれてもひるまなくなった

中畑京子さん
実務翻訳のチェッカーとして活躍

矢島有記さん
在宅での翻訳とオンサイトのチェッカーで実務経験を積む

松井貴司さん
医療翻訳会社から大手製薬会社に出向

多田あゆみさん
出版・映像コンテンツ事業を行っている企業に就職

並木泰二さん
推薦制度を利用してローカライズ企業に就職
田中亜紀子さん
外国語大学を卒業後、メーカーの海外事業部に勤務。2002年よりフェローの通信講座で勉強を始め、「翻訳入門<ステップ18>」「実務翻訳<ベータ>」「マスターコース」(アニュアルレポート、金融・経済、契約書、ビジネス総合ほか)など10講座を修了。外資系メーカーを経て、現在は医療系の社団法人に勤め、英文誌の編集や翻訳業務に従事している。

インタビュー

どんな仕事にもひるまない対応力と
「納期厳守」の自信がつきました

田中亜紀子さんがフェローの通信講座を初めて受講したのは2002年のこと。雑誌を読んでいてフェローの広告が目に留まり、「こういう学校があるんだ」と興味を抱いたのだそうだ。 「当時はメーカーの海外事業部に勤めていて、英語を書く仕事が一番好きでした。翻訳を教える学校があるとわかった瞬間、『面白そうだ』と思いましたね」

まだ興味本位だったこともあり、気軽に始められる通信講座を選択。「翻訳入門<ステップ18>」からスタートし、自分の訳文が添削されるのを楽しみながら勉強した。修了後にはすぐに「実務翻訳<ベータ>」を受講。久しぶりに「勉強している」という感覚が呼び覚まされ、「本格的に学びたい」と強く思うようになった。
その意欲を後押しするかのように、転職した外資系メーカーでは翻訳の仕事を任される。これをきっかけに、上級講座マスターコースの連続受講が始まった。 「最初に頼まれたのはアニュアルレポートの翻訳でしたが、それまで日本語で読んだことがありませんでした。だからマスターコースの『アニュアルレポート』を受講したのは必要に迫られてのこと。その後に受けた『金融・経済』も『契約書』もすべてそうなんですよ(笑)」

平日は仕事があるため、週末に集中して課題に取り組んだ。1カ月1課題というスケジュールのなか、1週目ですべて訳し、2週目に見直しをして提出。時間をかければいつまでも手直ししてしまうため、「仕事と同様に短い期限の中でベストをめざすようにした」という。そして残り2週は、翻訳者ネットワーク<アメリア>が開催する定例トライアルに挑戦。ジャンルを問わず、受けられるものは何でも受けた。

マスターコースを受講したことによって、勉強に対する姿勢だけでなく、翻訳に取り組む姿勢も大きく変わった。 「ある先生から添削指導で『プロの世界は甘くはありません』と叱咤されたことが大きいですね。また『日本語の詰めが甘い』と何度も指摘され、日本語についても辞書でしっかり意味を確認するようになりました」

さまざまな分野を学んだ結果、「社内でどんな書類の翻訳を頼まれてもひるまなくなった」と田中さん。また、課題の期限内提出を貫き通したことで、「納期厳守には自信があります」と頼もしい言葉も続く。
現在は医療系の社団法人に転職し、英文誌の編集業務に従事。通信講座で学んだことを確実にキャリアに活かしている。そして全10講座を修了した今なお、旺盛な学習意欲は健在だ。 「次はマスターコースの『メディカル』を受けたいですね。医薬を本格的に学び、職場で自分の翻訳力をもっと色々な形で役立てられたらと思っています」

『通訳者・翻訳者になる本2012』(イカロス出版発行)より転載
(Text 金田修宏  Photo 今野光)

田中さんが受講した講座

通信 「翻訳入門<ステップ18>」

講座の内容をチェック

通信 マスターコース

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語