一覧へ戻る

在宅・フリーランス翻訳で活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

鈴木千恵子さん
前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格

松本峻平さん
授業で自分の適性を見極め、希望だった実務翻訳の道で活躍

遠藤智子さん
フリーランスになって絵本、映像など幅広い翻訳で活躍

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

伊藤倫子さん
SEから翻訳業界に転身。推薦制度を利用して就職、独立へ

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
 
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

宮内愛さん
3分野の翻訳を学んだことがフリーランスとしての礎に

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
坂内朝子さん
28歳の時に映像翻訳の通学コースに入学。2013年にフリーランス映像翻訳者として独立し、映画『ザ・ファイター』『エグザム』『ホテル・ルワンダ』(吹替)、TVシリーズ『トランスフォーマー プライム』(吹替)など幅広く翻訳を手がけている。

実績

インタビュー

フリーランス翻訳者になる夢をかなえ
人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

「生きた言葉」を使う仕事にあこがれ、映像翻訳の世界へ
母の影響で洋画や海外ドラマを子どもの頃からよく見ていて、将来は翻訳を仕事にできたらいいなと思っていました。映像翻訳を選んだのは、会話や人物の台詞といった「生きた言葉」に関心があったから。いずれは翻訳スクールに通いたいと考えていたものの、ようやく翻訳者になるための1歩を踏み出せたのは28歳の時でした。

まず初級の「映像基礎」で、字幕翻訳と吹替翻訳の両方を学びました。授業はクラスの全員が同じ課題を翻訳し、皆でディスカッションするという形式でした。クラスメートの翻訳に触れ、自分とは違ういろいろな表現を知ることができ、本当にいい勉強になりました。講師は瀧ノ島先生で、第一線で活躍中のプロの先生から実際の仕事の話を聞けたこともよかったです。
中級・上級の講座では吹替翻訳に絞って学びました。入学前、字幕翻訳の知識はあったのですが、「映像基礎」の授業で初めて吹替翻訳をやってみたら面白いな、と。よく考えると、子どもの頃によくテレビで見ていた洋画やドラマのほとんどは、吹替版だったんですよね。実は吹替翻訳は、とても身近な存在だったことを再認識しました。

先生の仕事を手伝ううちに人脈が広がった
私が仕事を始めたきっかけは、先生からの紹介でした。その先生の仕事を手伝うようになり、徐々に人脈が広がって仕事も増えていきました。そして、今年フリーランスとして独立し、アメリカで大ヒットしたホラードラマシリーズの吹替翻訳を担当しています。
長期にわたるシリーズものでは、登場人物の性格がわかってくると、愛着がわいて台詞が訳しやすくなり、声優さんが実際に演じてくれるアフレコの立ち会いも楽しくなります。また、翻訳者もチームの一員として日本語版の制作に取り組むので、チームワークもできてきます。複数の翻訳者で分担する場合は翻訳の仕方などいろいろと情報交換ができるのも貴重です。

映像翻訳は豊富な語彙力が不可欠です。クライアントにより表現の好みや使用ルールが異なることも多く大変な面もありますが、いかに分かりやすく自然な日本語にできるかが腕の見せどころでもあり、やりがいを感じています。

『翻訳事典2015年度版』(アルク発行)より転載

坂内さんが受講した講座

通学 映像翻訳コース 「映像基礎」

講座の内容をチェック

通学 映像翻訳コース 中級

講座の内容をチェック

PAGE TOP