一覧へ戻る

在宅・フリーランス翻訳で活躍

多田優子さん
社内翻訳を経て独立。主にIT系の日英案件を受注

鈴木千恵子さん
前職の経験と学んだことを活かし、トライアルに合格

松本峻平さん
授業で自分の適性を見極め、希望だった実務翻訳の道で活躍

遠藤智子さん
フリーランスになって絵本、映像など幅広い翻訳で活躍

秋葉晴彦さん
61歳で勉強を始め、会社員からフリーランスの実務翻訳者に

石原奈緒美さん
翻訳は年齢や性別、過去の職歴など関係のない実力の世界だと実感しています

井口春香さん
好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに

飯原央子さん
フリーランスとして独立。子育てに翻訳に充実した毎日

高橋和子さん
派遣で勤めた会社との縁がフリーランスの仕事の第一歩に

池田美紀さん
翻訳者として独立。映像翻訳と出版翻訳を手がける

矢代淳一さん
講師の紹介で翻訳会社のトライアルに挑戦し登録翻訳者に

長本幸子さん
TOEIC600点台から翻訳者に翻訳は経験が生かせる仕事です

三浦朋子さん
フリーランス翻訳者として医学薬学の日英・英日の翻訳で活躍

吉田裕子さん
字幕ディレクターとして勤務後、フリーの映像翻訳者に

伊藤倫子さん
SEから翻訳業界に転身。推薦制度を利用して就職、独立へ

星野順子さん
翻訳会社数社からプレスリリースなどの案件を受注

蔭山歩美さん
ゲーム、映像などエンタメ分野の翻訳で活躍

鈴木和博さん
ITの知識を活かし、未経験からフリーの翻訳者に

横山妙子さん
3社で翻訳と周辺業務に携わり、フリーランスに

山口浩司さん
翻訳会社勤務を経て独立。地元でフリーの翻訳者に

猪原理恵さん
IT分野やビジネス文書の英日翻訳で活躍

根岸亜都子さん
金融・ビジネス・経済の英訳と和訳を手がける

篠原このみさん
翻訳会社に就職し、1年後にはフリーランスに

松田栄さん
社内翻訳者を経てフリーランスとして活躍

水野裕紀子さん
環境やエネルギーの翻訳を中心に活躍

坂内朝子さん
フリーランス翻訳者になる夢をかなえ人気ドラマシリーズの吹替翻訳を手掛ける

田中和香子さん
沖縄の地でフリーの映像翻訳者として活躍

熊谷玲美さん
Webニュースの記事翻訳とノンフィクション書籍の翻訳で活躍

豊田実紗さん
翻訳会社9社に登録し、契約書や行政文書の翻訳で活躍

伊藤由美子さん
日本語版制作会社での勤務を経て、映像翻訳者として活躍

堀込泰三さん
幅広く学んだ強みを仕事に活かし在宅翻訳者へ転身

川端周平さん
自分を変える覚悟がフリー翻訳者への出発点

浅川佳秀さん
 
2年のオンサイト勤務を経て、フリーランスとして独立

古川晶子さん
フリーランスの実務翻訳者として経済・金融分野で活躍

宮内愛さん
3分野の翻訳を学んだことがフリーランスとしての礎に

千葉敏生さん
技術翻訳の仕事を軸に、出版翻訳でも活躍

国枝幸子さん
会社員から在宅ワークに。金融・財務関係の翻訳で活躍

樋口真理子さん
契約書の和訳を中心に着々と実績を重ねる

藤原由希さん
吹替・字幕を学び、多言語の翻訳で活躍

大橋美帆さん
海外在住でも、「翻訳入門<ステップ18>」から学んで正解でした

市川昌基さん
ローカライズは天職だと思っています

紺野玲美子さん
映像制作会社勤務を経てフリーランスに道

Oakley千春さん
翻訳の仕事は海外在住がメリットになることも
井口春香さん
大学卒業後カレッジコースへ入学し、修了後は大学時代から見ていたアメリカンプロレスの番組の日本語版を手がける映像制作会社に就職する。3年半ほど勤務したのち、英語のブラッシュアップをはかるためアイルランドに渡航。それを機にフリーランスで翻訳とチェックを行うようになり、今も取引先を増やしている。

インタビュー

好きな番組の字幕を手がける会社に就職後、海外でフリーに


大学時代、父の影響で見ていたアメリカンプロレスの番組。
その日本語版制作を手がける会社で字幕チェックに携わる


大学卒業後の進路を決めるにあたって、それまで勉強してきた英語と小学生の頃から海外のファンタジー系の児童書が好きだったことを考慮した結果、翻訳にたどり着きました。フリーランスになったらパソコンひとつ持って仕事をしながら海外を放浪したい、という単純な憧れもありました。とはいえ、目指す分野は決めかねていたので、通学するうちに進む道を絞れればと思い、多分野を並行して学べるカレッジコースを選びました。

授業では現役の翻訳者である講師がじかに訳文に目を通し、意見を言ってくれるのでとても勉強になりました。クラスメイトの訳文と自分の訳文をたくさん比較できたこともためになったと思います。選択科目の中でも「児童文芸」は指導のポイントが厳しくて毎回落ち込みましたが、一つでも褒められるとやたらと嬉しかったのを覚えています。また複数の先生が「ただ訳すだけでなく、なぜその訳語を選んだのか説明できるようにしなさい」と言っていたのが印象に残っていて、今も気をつけていることの一つです。

コースの終盤に進路を探っていたところ、WWE(アメリカンプロレス)の番組などの日本語版を手がける映像制作会社ルミエールの求人をアメリアで見つけました。大学時代に父の影響で毎回欠かさず番組を見ていたので、その字幕制作に携われる絶好のチャンスと思って応募したところ、採用されました。WWEにハマるきっかけを作ってくれた父には感謝しています。入社後はWWEをはじめサイクルロードレース、フィギュアスケートといったスポーツ番組の字幕原稿のチェック、翻訳者のコーディネート業務に携わりました。自分がチェックした字幕をテレビで見たときは嬉しかったです。チェック業務を経験したことで、自分自身の訳文を客観的に見られるようになり、翻訳をする際に意識するべきポイントも学べました。


英語学習熱とファンタジー好きが高じてアイルランドへ。
フリーになった今は自分の好きな場所で暮らすことが理想


ルミエールで実務をこなすうちに自分の英語力をさらに磨きたくなり、どうせ英語を勉強するなら以前からの夢だった海外生活を実現させようとアイルランドへ渡りました。何度も読み返しているアイルランドを舞台にした冒険物語の影響で、現地の民謡や妖精物語に興味があったからです。滞在中は午前中語学学校に通い、それ以外はルミエールから翻訳とチェックの仕事をフリーランスで受けたり、国内を旅行したりしていました。

いったん日本に帰国してからはほかの会社のトライアルにもいくつか合格し、今後ドラマやアニメの翻訳もすることになりそうなので、今は自分なりにその分野の勉強をしているところです。アイルランドに行ったことで自分のファンタジー好きも再確認できたので、今後は子ども向けのアニメや映画、児童文芸にも携わりたいと思っています。この仕事をしてみて分かったのは、いろいろな物事に好奇心を持てると有利だということ。すでに知識のある分野なら翻訳がそのぶんはかどりますし、そうでない分野でも調べ物が苦にならなければ楽しく取り組めるからです。

フリーランスは、なんといっても自分のペースで、好きな場所で仕事ができることがメリット。会社勤めに比べて生活をコントロールできるのがいいですね。旅行は好きですが普段はインドア派なので、通勤電車に乗らなくてすむのも助かります。翻訳しながら放浪の旅、という憧れにはまだ到達できていませんが、国内外問わず自分の好きな場所で暮らしていけることが理想です。今のところはアイルランドに住めたらとても嬉しいです。


井口さんが受講した講座

通学 総合翻訳科「カレッジコース」

講座の内容をチェック

PAGE TOP
翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> はじめての出版翻訳 はじめての映像翻訳 ベータ応用講座 出版翻訳講座 映像翻訳<吹替と字幕> マスターコース リーディング講座 e英語