マスターコース
ビジネス(保険)

※お申込みを締切ました

生命保険業界にもグローバル化の波。拡大する翻訳需要に対応できるプロを目指す

  • ひと昔前まで、生命保険業界と言えば国内の大手企業が市場をほぼ占有していましたが、近年では欧米大手保険会社が日本にも進出しています。また逆に日本の大手保険会社の海外進出も盛んになっているため、外資系生保からの翻訳需要が安定しているだけでなく、今後は国内生損保での需要の拡大も見込まれています。以前は一部の限られた部門のみで必要とされていた翻訳ですが、上述したような状況から、今では営業やコンプライアンスなど、さまざまな領域で翻訳の需要があるのです。

    一方、生命保険を専門とする翻訳者の数はそう多くなく、一般経済や証券投資分野と異なり、定訳の蓄積もあまり進んでいないのが現状です。この講座では、こうした環境におかれている生保関連の翻訳に、英日と日英半々の割合でチャレンジしながら専門知識や専門用語を身につけていただきます。特に、金融リテラシーをお持ちの方は、保険というジャンルで需要拡大の波に乗るなら今がチャンスです。みなさんからのご応募をお待ちしています。

  • 生命保険

■講師

島崎 正彦 米国生保業界団体LIMRA日本事務所副代表、上智大学非常勤講師。外資系生保を中心に翻訳を手がける。日系生命保険、外資系生命保険会社の国際業務、企画調査、広報部門等に通算32年勤務。

  • 予定カリキュラム

    第1回:外資系生保の英文決算プレスリリース(和訳)
    第2回:米生保のアニュアルレポート(和訳)
    第3回:保険金の支払いに関する当局宛報告書(英訳)
    第4回:アジアの銀行窓販リサーチレポート(和訳)
    第5回:銀行窓販における販売ルール(英訳)
    第6回:生命保険関連規制文書(英訳)
    (カリキュラムは予告なく変更する場合があります)

  • この講座で身につくスキル

    ・生命保険関連のさまざまな専門用語を身につける
    ・仕事需要の高い日→英の翻訳力
    ・最新の業界動向についての知識習得

  • クラウン推薦対象ジャンル

  • 受講期間

    2018年6月~11月

  • スクーリング日

    2018年12月15日(土)または22日(土)

  • 申込期間

    2018年4月2日(月)~5月1日(火)

  • 選抜課題提出締切

    2018年5月1日(火)正午

  • 合否発表

    2018年5月16日(水)

  • 提出・返却方法

    提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
    返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
    ※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWord形式で保存できるワープロソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

top btn