マスターコース
ニュース記事英訳

ニュース翻訳の要である、スピーディーかつ正確な英訳のスキルを身につける

  • 本講座では、読売新聞とその英字紙 ”The Japan News”に実際に掲載された記事を使い、ニュース記事の英訳に取り組んでいただきます。

    課題は政治、経済、社会と3つのジャンルに設定し、一回の課題量は原文で600字~1000字程度を想定しています。該当記事をインターネットで入手できるかもしれませんが、自分の力で訳してください。ただし、他のニュースサイトで使用されている表現などを参考にしていただくのは構いません。ストレートニュース翻訳では正確さとスピードが重視されますので、課題は何日もかけず、実際にニュースの現場で仕事をしているつもりで、できるだけ数時間で翻訳してみてください。

    ニュース記事でよく使用される英語表現や、正確な文法を学ぶことはもちろん、本講座では、いつチャンスが巡ってきても迷わず掴めるよう、ニュース翻訳の現場でプロとして必要な心構え、基本的な姿勢を身につけていただきます。 “日本語の内容を正確に理解し、できるだけ忠実に、誤訳や漏れのないように訳す”というニュース翻訳の要は、時事翻訳や他分野の翻訳でも役に立つスキルだと言えるでしょう。

    ニュース記事の英訳に挑戦したい方はもちろんのこと、スピーディーかつ正確な英訳に磨きをかけたいという方もお待ちしています。

  • ニュース記事英訳

■講師

小野 久美子 大学卒業後、静岡新聞社に記者として勤務。英国留学で開発学修士号を取得後、出版社編集職を経て2006年読売新聞社英字新聞部に入社。編集記者として約9年間、ニュース翻訳や紙面編成に携わる。2015年に退社し、以後フリーランスで活動。現在もニュース翻訳を続けている他、時事翻訳やビジネス文書の翻訳を行っている。

  • この講座で身につくスキル

    ・日本語のニュースへの理解が深まる
    ・ニュース英語で頻出の表現が使えるようになる
    ・日本語の記事に忠実かつ、英語ニュースとして自然な訳文を作成できる
    ・固有名詞やバックグラウンドなどのリサーチの基本的な方法が習得できる
    ・限られた時間の中でのスピーディーな翻訳ができる
    ・一字一句もらさない、正確な訳文が作成できる

  • クラウン推薦対象ジャンル

  • 受講期間

    2018年8月~2019年1月

  • スクーリング日

    2019年2月9日(土)または23日(土)

  • 申込期間

    2018年6月1日(金)~7月2日(月)正午

  • 選抜課題提出締切

    2018年7月2日(月)正午

  • 合否発表

    2018年7月17日(火)

  • 提出・返却方法

    提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
    返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
    ※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWord形式で保存できるワープロソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

top btn