マスターコース
IT

※お申込みを締切ました

SDL Trados Studioを使った課題演習で、即戦力になるIT翻訳者を目指す

  • この講座では、ソフトウェアやネットワーク管理など、IT関連として典型的な製品・サービスを題材に、UIからマニュアル/ヘルプ、製品紹介までをひととおり訳していきます。英日のみを扱います。
    IT関連の翻訳では、大規模な翻訳に大人数で取りかかったり、既訳に対する追加や改訂を行ったりすることも多々あり、内容を理解して的確に訳すことはもちろん、表記スタイル等の指示を守ることもたいへん重要になります。そもそも、表記のばらつきはただでさえ目立ちます。そのため、この講座では翻訳そのものだけではなく、スタイルガイドをはじめとする指示を守れているかどうかも大切なポイントとして評価します。指定されるスタイルガイド等を、実際の仕事だと思って厳守してください。
    また、このジャンルでは特定の翻訳支援ソフトの使用を指定される仕事、指定されなくても使用したほうが効率のいい仕事が多くあります。その場合、表記スタイルの指示を守るのと同様に、原典のレイアウトやリンクの位置などを保持するための微調整も必要になることがあります。
    さらに、所定のファイルを決められた命名規則や形式で、場合によってはフォルダー構造も維持して納品できることも、後工程をスムーズに進めるために重視されています。
    こうしたことをふまえて、課題には翻訳支援ツールSDL Trados Studioを使用して取り組んでいただきます。また、出題時にはフォルダー構造ごとzip圧縮したSDL Trados Studio翻訳プロジェクトをお送りしますので、みなさんはそれを展開して作業し、作業終了後のバイリンガルファイル(sdlxliff形式)とアドバイスシート(docx形式)をzip形式で圧縮して提出してください(都合により、作業ファイルのやりとりにGroupShareやパッケージは使用しません)。
    ほかにも、学習と直接の関係はなくても重要と思われる事柄を毎回小ネタとして取り上げたり、最終回にはSDL Trados Studioに関連してささやかですがプレゼントを差し上げたりして、皆さんがIT分野で生き残れる翻訳者になるためのお手伝いをしたいと思っています。

    ※2017年6月開講「IT」と同じ教材を予定しています。

■講師

松井 信彦 外資系メーカーでスキャナーやデジカメの設計・開発(デジタル回路とファームウェアを担当)に携わった後、独立して翻訳に転向し、コンピューター・IT関連の実務翻訳に従事。のちにポピュラーサイエンスの出版翻訳も手がけるようになる。訳書に『神経免疫学革命』、『重力波は歌う』(共訳)、『「偶然」の統計学』、『スプーンと元素周期表』(以上、早川書房)、『たいへんな生きもの』(インターシフト)など多数。

  • 予定カリキュラム

    第1回:データベースアプリケーションの製品紹介
    第2回:プログラミング言語のリファレンスマニュアル
    第3回:ソフトウェアのユーザーインターフェイスとエラーメッセージ
    第4回:ネットワーク管理ソフトのマニュアル、使用許諾契約と著作権表示
    第5回:第3回で訳したソフトウェアのマニュアル
    第6回:顧客管理アプリケーションの製品紹介とエラーメッセージ
    (カリキュラムは予告なく変更する場合があります)

  • この講座で身につくスキル

    ・指示書やスタイルガイドへの対応力
    ・実践的なリサーチ力
    ・前後関係に気を配る意識
    ・読み手にわかりやすいよう訳す意識
    ・翻訳支援ソフトを使用する場合の注意点に配慮した訳文作成力

  • クラウン推薦対象ジャンル

  • 受講期間

    2018年5月~10月

  • スクーリング日

    2018年11月10日(土)または17日(土)
    この講座の直接講義は、ご自宅に居ながらオンライン上でご参加いただけるWeb授業形式で行います。
    ※ご来校の必要はございません。

  • 申込期間

    2018年3月1日(木)~4月2日(月)

  • 選抜課題提出締切

    2018年4月2日(月)正午

  • 合否発表

    2018年4月16日(月)

  • 提出・返却方法

    提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
    返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
    ※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordまたはWord形式で保存できるワープロソフト、SDL Trados Studio 2014以降(エディションは問わず)、zip形式で圧縮できるソフトウェアを所有し、基本操作ができることが条件となります。この講座の受講を機にSDL Trados Studioを初めて使うことになる方は、無料トライアル版やサンプルプロジェクトなどで翻訳作業での基本操作にあらかじめ慣れておいてください。

修了生の声

翻訳技術はもちろんのこと、ツールを使った「仕事のやり方」も学べる点が
このコースの大きなメリットです

IT企業に勤めており、日頃は製品のローカライズ作業に携わっています。将来は翻訳を本業としたいと考えており、本格的にIT翻訳を学ぶためマスターコース「IT」を受講することにしました。
こちらの講座では、業界の標準ツールとも言われる「Trados」を使用しながら課題に取り組みます。現役の翻訳者でもある松井先生の指導により、翻訳技術はもちろんのこと、ツールを使った「仕事のやり方」も学べる点がこのコースの大きなメリットです。とりわけ、私のようにツールを使った翻訳経験がない方にとって、こちらは「IT翻訳業務」の片鱗を味わえる最適なコースだと思いました。
月一回の提出とはいえ、受講期間中、本業をこなしながら課題に取り組むのは大変でした。しかし、先生の詳細な課題添削によって自分の弱点が明らかになり、それらを毎月振り返ることによって翻訳力の向上に努められたことは、このさき大きなプラスになると考えています。受講修了後は英文を見る目が明らかに変わり、原文解釈や翻訳の精度も向上したように感じられます。また、課題で取り上げられる内容が多岐にわたっており、それらをやり通りした現在、どのようなドキュメントにも対応できるという自信がつきました。
この講座で学んだことを基礎として、これからも勉強に励んでいきたいと思います。

宮城県在住/30代/男性

オンラインのスクーリングでは、他の受講生の方の、
自分と異なる経験からの視点を知ることができ、視野が広がりました

通信講座「ベータ応用講座「IT・通信」」を受講した際、次のステップについて添削トレーナーの先生にご相談し、勧めていただいたのが、受講したきっかけです。
最初は、月1回の課題の量としては少ないようにも思いましたが、考えに考えて出した課題はいつもびっしり添削されて返ってきたので、沢山の学びを得られる濃密な課題であったと思います。添削では、実際のプロの現場でのノウハウや考え方をたくさん教えていただき、実際の仕事の厳しさも知ることができました。また課題の添削、解説以外にも、先生の仕事の中でこれまでにあったエピソードや、役立つお話もしていただけるのが、毎回楽しみでした。
オンラインのスクーリングでは、他の受講生の方の、自分と異なる経験からの視点を知ることができ、視野が広がったとともに、刺激を受けることができました。参加できなかったため、後日動画で視聴しましたが、ぜひとも参加すべき講義だと思います。

岐阜県在住/40代/男性
top btn