マスターコース
メディカル

<試験課題の公開廃止に伴うご案内>
試験課題のWeb上での公開を廃止いたしました。課題は、講座にお申込みいただいた方に自動配信される受付確認メールから、ダウンロードをお願いいたします。

※お申込みを締切ました

内容の理解とともに、表現力も必要とされる医学論文の翻訳を通してプロレベルのスキルを習得する

  • 本講座では、主要臨床医学雑誌に掲載された薬や治療法に関する原著論文を題材にして、論文の一部を和訳したり、全体の内容を短時間で把握するコツを指導していきます。論文抄録しか読んだことのない人にとっては、原著論文はかなりの長文に思われるでしょうが、論文全体の構成を理解し、著者の意図について考察する絶好の機会となるでしょう。医学論文の読解と翻訳には、英語力の他に医学と統計学の基礎知識が必要ですが、本講座は、翻訳演習ならびに課題文に出てくる研究方法や結果の理解に重点を置きますので、基礎知識はご自身で習得する姿勢を求めます。添削においては、適切な医学用語を選択した上で、読み手を意識した表現ができることを重視します。メディカル翻訳の学習経験・仕事経験のある方の受講を歓迎します。
    ※2018年4月開講「メディカル」と同じ教材を予定しています。

■講師

西村 多寿子 医療翻訳者・ライター。プレミアム医学英語教育事務所代表。外資系製薬会社、総合病院、産業保健分野での実務経験を経て独立。日経メディカルオンラインに掲載する新着文献紹介記事や英語学習記事を執筆。主な翻訳作品に『生命倫理を考える~終わりのない7編の物語』(丸善DVD・共訳)。

  • 予定カリキュラム

    第1回:論文①緒言の表現
    第2回:論文①研究方法の表現
    第3回:論文①研究結果の表現
    第4回:論文①考察の表現
    第5回:論文②緒言と研究方法の表現
    第6回:論文②研究結果と考察の表現

  • この講座で身につくスキル

    ・臨床研究論文を訳す際に参照すべき資料を把握できる
    ・臨床研究論文にふさわしい用語や表現を選択できるようになる
    ・当該論文の研究デザインと研究の全体像を理解することができる
    ・英語と日本語の違いを意識し、直訳から一歩進んだ訳文を作成できる

  • クラウン推薦対象ジャンル

  • 受講期間

    2019年4月~9月

  • スクーリング日

    2019年7月27日(土)または8月3日(土)

  • 申込期間

    2019年2月1日(金)~3月1日(金)正午

  • 試験課題提出締切

    2019年3月1日(金)正午

  • 合否発表

    2019年3月15日(金)

  • 提出・返却方法

    提出:受講生専用Webサイト「マイページ」より課題をご提出いただきます。
    返却:「マイページ」から添削結果と解説/訳例をダウンロードしていただきます。
    ※受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWord形式で保存できるワープロソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。
    ※海外手数料不要

修了生の声

スクーリングで先生から直接アドバイスなどを頂けたこと、また他の受講生の方の学習状況などを聞けたことが非常に励みになりました

医薬分野の翻訳者を目指し、スキルアップの一環としてこちらの講座を受講しました。医薬分野のバックグラウンドがなく翻訳も一から勉強中の身なので、毎回添削箇所が多く自分の不出来さを反省する一方、その中でも良いコメントを頂けた時は嬉しかったです。課題が最近の論文で同じテーマの2本から出されていたので、近年の事情に触れながら、半年間ひとつのトピックに沿ってじっくり学習に取り組めたのは良かったと思います。
スクーリングに出席させて頂きましたが、日頃文字だけのやり取りでお顔の見えなかった先生と直接お会いして学習のアドバイスなどを頂けたこと、また他の受講生の方ともお会いできて、学習状況など生の声が聞けたことが非常に励みになりました。

千葉県在住/40代/女性
top btn