ベーシック3コース

必修7科目

翻訳の学習を始めるうえで、どの分野の翻訳家を目指すか即決するのはむずかしいもの。このコースでは、実務・出版・映像の各ジャンルの翻訳基礎を身につけ、現場で求められる要素はどういうものなのかを、演習を通して習得します。
まずはいろいろな分野の翻訳に触れる中で、オールラウンドな基礎力を養成するとともに、将来ご自分が専門にしたい分野を見極めてください。


実務基礎

講座概要
テキスト「BETA」を使い、英語と日本語の発想の転換方法と動詞の働きを学び、実務翻訳の全ジャンルに共通するスキルを身につけます。
授業ルポはこちらから
講師
藤澤將雄

藤澤將雄

【講師メッセージ】
本講座では論理的に物事を説明することに重点を置き、明快で自然な訳文に仕上げることを目指していきます。実務翻訳には文芸や映像のような派手さはありませんが、海外の最新事情や情報にいち早く触れることができる、広範な知識やリサーチ力が求められる、というところに面白さとやりがいがあると感じています。この講座が受講生の皆さんにそうした実務翻訳の醍醐味を知っていただくきっかけになれば嬉しいです。

実務演習

講座概要
IT 、金融、経済などさまざまなジャンルの翻訳演習を通して、テーマの理解力や文書に応じた訳し方を身につけます。
授業ルポはこちらから
講師
木村千恵子

木村千恵子

【講師メッセージ】
講義では、さまざまな分野の長文を通して、構文の分析、および訳出上のポイントを学び、自然な日本語に仕上げる技術の習得を目指しています。予習では毎回トライアルに挑戦するつもりで訳文を準備していただき、講義後の復習では授業で習ったポイントをふまえて、もう一度訳文を練り直してください。この繰り返しにより、翻訳力が効果的に身につきます。

出版基礎

講座概要
英米のさまざまな名作を翻訳しながら文化的背景知識を深め、それぞれの作品に合った日本語表現を目指します。
講師
三村美智子

三村美智子

【講師メッセージ】
毎日が英語の勉強になる3ヶ月は、分野の違う何人もの翻訳家から、まさに今の翻訳を学ぶ貴重な時間になるはずです。何より基本は重要、私のクラスではどの分野に向かおうとも、対応できる翻訳を目指していくつもりですが、テキストは文学の範囲に入るものを選び、厳しいけど翻訳の楽しさを知っていただき、どれだけご自分が伸びていけるかを知る授業にしたいと思っております。

フィクション

講座概要
短編小説を題材に、登場人物のキャラクターや作者独自の文章の雰囲気を正確につかみ、イメージ豊かな日本語で表現する力を養います。
講師
村井智之

村井智之

【講師メッセージ】
様々な分野の翻訳を体験できるベーシック3コースは、「翻訳」という仕事について改めて考え、身をもって知るのに格好のコースと言えるでしょう。小説も様々な文体で書かれているので、「フィクション」の翻訳においては他のクラスでの学びも貴重な道具になります。意識的に言葉に向きあい、言葉に対する感度や精度を磨き、的確な解釈に基づく的確な訳文を作っていきたいと思います。

児童文芸

講座概要
絵本からヤングアダルトまで、児童文芸のさまざまな作品に触れ、対象年齢に応じた言葉づかいや文体を学びます。
講師
こだまともこ

こだまともこ

【講師メッセージ】
漠然と英語が好き、本が好きというだけでは、なかなかプロとして働けないのが、翻訳という仕事の厳しさです。ベーシック3コースで様々な分野の翻訳を体験することで、自分の新たな可能性を発見してください。ベーシック3コースから勉強を続けて、いま大活躍している翻訳家が大勢います。ぜひ、そのあとに続いてくださいますよう期待しています。

映像吹替

講座概要
映画やテレビ番組を題材に、吹替台本作りのルールを学びます。作った台本を読み上げながら、登場人物に合った自然で流れのある台詞作りを目指します。
講師
峯間貴子

峯間貴子

【講師メッセージ】
初めて翻訳を学ぶ方にとって映像吹替は、まさに「未知との遭遇」でしょう。字幕翻訳はご存じでも、吹替翻訳となると、「ん?」となる方が多いようです。ベーシック3コースでは、その未知なる吹替翻訳の魅力を探り、基本を理解し、中級クラスにつながる力を習得できるように、2つの教材を使って指導します。映像に合った、生きたセリフ作りは、出版や実務の翻訳にも役立ちます。

映像字幕

講座概要
ドラマとドキュメンタリーを題材に、字幕翻訳の基礎を習得します。字幕制作ソフトSSTを使用し、実際の字幕制作のプロセスを意識しながら演習を行います。
講師
田中武人

田中武人

【講師メッセージ】
耳から聞こえるセリフを、目で見る字幕に訳すという字幕翻訳は、ちょっと特殊な作業です。ほかの翻訳にはない技術も必要になります。翻訳プラスアルファの作業は大変ではありますが、パズルを解くような楽しさもあります。映像+音声+字幕が一体となったパーフェクトな日本語版づくりを目指しましょう。

PAGE TOP