松村 哲哉 Tetsuya Matsumura

27年の会社勤務を経て、現在は音楽書やビジネス書の翻訳を手がける。主な訳書に『ホワイトハウスのピアニスト:ヴァン・クライバーンと冷戦』『「音楽の捧げもの」が生まれた晩』(白水社)、『わくわく「資本論」』(PHP研究所)、『プロジェクトは、なぜ円滑に進まないのか』(ファーストプレス)など。

松村 哲哉

講師の翻訳作品

『ホワイトハウスのピアニスト:ヴァン・クライバーンと冷戦』の書影

『「音楽の捧げもの」が生まれた晩』の書影

『わくわく「資本論」』の書影

『プロジェクトは、なぜ円滑に進まないのか』の書影

『オーケストラの音楽史』の書影

『音楽史を変えた五つの発明』の書影

top btn