トランスポット

   

字幕翻訳家 石田泰子さん<前編>

字幕翻訳は制限があるからこそ面白い

企業に就職するものの字幕翻訳者を志望。日本翻訳学院(フェロー・アカデミーの前身)で翻訳を学んだ石田泰子さん。現在は劇場公開映画の字幕翻訳者として、年間30本前後を訳しています。字幕翻訳家になろうと思ったきっかけなど石田泰子さんにお話を聞きました。

映画好きの母の影響で
映画が大好きだった

  • 字幕翻訳家になろうと思ったきっかけを教えてください。

    石田さん

    石田さんの翻訳作品『バーン・アフター・リーディング』
    石田さんの翻訳作品『バーン・アフター・リーディング』

     私が学生の頃は、字幕翻訳という職業の存在はまだ世の中に認知されていませんでした。もちろん私も知らなかった。映画はよく観ていても、そこに字幕翻訳者が介在しているということに気づいていなかったのです。それに気づいたのは、社会人になった後のことでした。
     最初に出会った先生が良かったのでしょう。中学で出会った英語が好きになって、以来、英語はずっと好きな科目でした。英語に関する仕事をしたいと思い、就職先も英語を使う仕事を選びました。しかし就職はしたものの、しばらく経つと「私の居場所はもっと他にあるんじゃないか…?」と感じるようになって。その頃、仕事が終わると2本立て400円の、いわゆる名画座と呼ばれる映画館に足繁く通っていました。映画好きの母の影響か、私も映画が大好きだったのです。
     そしてある日突然、映画を観ている最中に閃いたんです。この字幕を翻訳することを仕事にしている人がいるんだと。「そういえば、映画の冒頭に出てくるあの名前、“清水俊二さん”“高瀬鎮夫さん”。それが翻訳をしている人の名前だったんだ。これだ!」と思いました。
     英語と映画がこんなにぴったり結びつく仕事があったなんて。そのときから、どうすれば字幕翻訳者になれるのか、いろいろと調べ始めました。

  • 字幕翻訳者になる方法はどのように調べましたか?

    石田さん

     インターネットも何もない時代。映画界にツテもなく、仕事としての字幕について書かれた本もない。調べようにも手だてがなく、思いついたのは配給会社宛に手紙を書くこと。手持ちの映画のパンフレットをめくり、そこにあった配給会社の住所宛に手紙を出しました。「どうすれば字幕翻訳者になれるのでしょうか」と。まさかそんな不躾な手紙に返事が頂けるとは思っていませんでしたので、1ヵ月ほどして封書を受け取った時には本当に有り難かったです。ところがそこにはこう書いてありました。「字幕翻訳者になる道はありません」。ガーン!です。
    「徒弟制度もなければ、字幕翻訳者を養成する機関もありません。そもそも数少ない翻訳者が生活をかけて仕事をしている世界です。新人が入る余地はありません。ただ、テレビ用の吹替翻訳なら、最近はグループでやっているところもあるようなので、そちらを探してみてはいかがですか」とアドバイスを添えて下さっていました。
     そして最後にこんな一言が。
    「いずれにしても翻訳は日本語が大事なので、日本語を勉強することをおすすめします。」
     目からうろこでした。なるほど翻訳は日本語が勝負なのだと。

きっかけとなった
翻訳学校での1年間

  • 「字幕翻訳者になる道はない」との手紙の返事を受けて、その後はどうされましたか?

    石田さん

     扉を叩こうにも扉がどこにあるかすら分からないという状況でしたが、ある日、雑誌に出ていた日本翻訳学院(フェロー・アカデミーの前身)の広告に「外国映画科」というのを見つけました。字幕翻訳ではなく吹替翻訳を教える講座だったのですが、手紙のアドバイスが頭にありましたし、とにかく何かきっかけをつかみたいと、その講座に通い始めました。
     結局、授業料が続かずに1年でやめてしまいましたが、講師の矢田尚先生がおっしゃった映画の翻訳は言葉を訳すのではない。セリフの心を訳すものだとの教えが心に響き、その後仕事を始めてから、ああ本当にそうだと実感しました。今でも座右の銘です。
     先生からは後に「石田君は本当に目立たない生徒だったよね。特に成績がよかったわけでもないし」と言われたんですよ。本当にその通りだったと思います。
     その頃はもう、自分には向かないと思っていた会社勤めは辞めていました。会社勤めの頃に始めた翻訳の仕事が面白かったので、知人を介して特許や契約書など、主にビジネス翻訳の仕事を請けていました。さらにそれだけでは生活できなかったのでアルバイトもしました。今で言う“フリーター”のようなものですね。何らかの形で翻訳に関係する仕事を選んでいましたが、本当にいろいろなアルバイトを経験しました。
     今、勉強中の方で、なかなか仕事につながらず焦っている方もいらっしゃるかもしれませんが、今のこの状態がいつかプラスに転じることを信じて、自分の糧になる勉強を地道に続けていけば、きっとよい結果に結びつくのではないかと思います。継続は力なり、です。

  • 初めての字幕翻訳の仕事は、どのように得られたのですか?

    石田さん

     しばらく暗中模索の日々を過ごしていたのですが、チャンスは一気にやってきました。きっかけはあの1年間の翻訳学校でした。クラスメイトだった女性から久しぶりに電話をもらったのですが、彼女があるプロダクションでビデオ用の字幕翻訳の仕事を始めたということで、紹介して頂けることになったのです。
     ちょうどビデオデッキが普及し始めて、ビデオソフト市場が勢いを増していた頃でした。既存の翻訳者の数ではとても足りない、新人を養成しなければという時代が巡ってきたのです。そのプロダクションの社長で字幕翻訳家の菊地浩司氏から字幕翻訳のルールなどの手ほどきを受け、いよいよ実際に字幕翻訳の世界に足を踏み入れることになりました。
     最初は、劇場版の字幕をビデオ用に書き換える仕事でした。当時、劇場版の字幕は縦書きで、ビデオは現在と同じ横書き。字数や改行位置など、いくらか変更が必要だったのです。戸田奈津子さんをはじめとするプロの字幕を、英語台本と照らし合わせながら、一つ一つ手書きで書き換えていくのですからこの仕事は本当に勉強になりました。
     それを何本かやったころ、菊地氏より1本翻訳をしてみないかと渡されたのが、スウィングジャズの巨匠、デューク・エリントンのノンフィクション映画『不滅のデューク』というビデオ作品でした。これが私の字幕翻訳者としてのデビュー作で、1986年です。以来、ビデオ作品の仕事はどんどん忙しくなり、劇場映画の仕事も頂けるようになって今に至っている、そんな感じです。

石田 泰子さん
プロフィール
石田泰子さんのプロフィール写真

企業に就職するものの、字幕翻訳者を志望、日本翻訳学院(フェロー・アカデミーの前身)で吹替翻訳を学ぶ。その後、知人の紹介で、1985年より(株)ACクリエイトにてビデオの字幕翻訳の仕事を始める。現在は劇場公開映画の字幕翻訳者として、年間30本前後を訳している。主な作品に、『不都合な真実』『華氏911』『チェ28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』『マンマ・ミーア!』などがある。

top btn