マスターコース「契約書・ビジネス法務」

難解な内容をわかりやすく翻訳する手法を学び、さまざまな法務文書に対応できるプロを目指します。

講座のポイント

  • さまざまな契約書、法務文書に対応できるスキルを習得する
  • 堅苦しく書かれた文書をわかりやすく翻訳する手法を学ぶ

コース概要

講座名
マスターコース「契約書・ビジネス法務」
受講期間
2022/3/1~2022/8/31(6カ月)
受講料
89,100円(税込)
試験について
【申込期間】1/6正午~2/1正午
【提出期限】2/1正午必着
【合否発表】2/16 ※合格者には同日、教材と受講料のご案内を送付します。
添削
6回/月1回(固定スケジュール/担当講師による指導)
修了規定
4課題提出で修了
学習サポート
<復習サポートシステム「Q&A」>
返却された添削結果やアドバイスについて分からない点があった場合、マイページから質問することができます。
<スクーリング>
受講期間中1回、担当講師によるスクーリングを行います。
スクーリング
2022/4/9(土)
※オンラインで実施するため、ご来校の必要はありません。
留意事項
・課題の提出と添削結果の受け取りには受講生専用サイト「マイページ」を利用していただきます(郵送での提出受付、返却は行っておりません)。
・受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

「アメリア」クラウン会員に推薦

講師から「仕事で通用する実力がある」と認められた受講生は、翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員に推薦され仕事のチャンスが拡大します。
クラウン推薦分野:ビジネスまたは日英ビジネス

お申込み

学習内容

プロの入口「マスターコース」

「マスターコース」は“プロの入り口”となる上級コース。現役で活躍する、各ジャンルのエキスパート翻訳者の添削指導のもと、すぐに現場で通用する実践的な翻訳力を習得します。

マスターコースの特徴は、その多彩なラインナップ。実務分野は、IT、メディカル、ビジネス英訳。出版分野は、ヤングアダルト、ルポルタージュ、ミステリー。映像分野は吹替・字幕、ドキュメンタリーなど、ジャンルを絞って必要なスキルを強化できます。

また優秀な成績を修めると、講師から翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員へ推薦され、仕事獲得のチャンスが格段に広がります。

マスターコース「契約書・ビジネス法務」の内容

法務分野は、景気などに左右されることなく、常に安定した需要のある分野です。翻訳会社などから「法務」というジャンルで依頼が来るのは、主として契約書ですが、他にもいろいろな種類の文書があります。本講座では、法務分野の主役である契約書から、販売店契約、パートナーシップ契約などの和訳と情報通信契約の英訳、さらに会社定款の和訳および就業規則の英訳を出題予定です。需要の伸びている英訳にも取り組むことで、仕事獲得のチャンスが拡がります。
契約書は定型表現がある一方、内容によって特徴も違います。それぞれの契約書の特徴を理解しながら、契約書特有の表現を習得しましょう。また、その応用ともいえる契約書以外の文書の翻訳にも取り組むため、法務分野のプロへのステップにもしていただきたいと思います。
なお、本講座は、契約書の一般条項に関する知識や基本的な訳しかたを習得された方を対象としています。

予定カリキュラム

第1回 販売店契約(英和)
第2回 売買契約(英和)
第3回 サービス契約(和英)
第4回 パートナーシップ契約(英和)
第5回 定款(英和)
第6回 就業規則(和英)
(予告なく変更する場合があります)

身につくスキル

・さまざまな法務分野の文書に対応できる
・仕事需要の高い日→英の翻訳力
・契約書特有の定型表現と応用力の習得
・内容に即した正しい法律用語の選択ができる

担当講師

森本 千秋
Chiaki Morimoto

実務翻訳家。商社勤務後、外資系通信機器メーカーにて国際取引や法務に関わる。現在はフリーで企業の契約業務関連を中心にビジネス全般の翻訳を手がける。

講師からのメッセージ

AI翻訳の精度がどんどん良くなっている中、契約書などの法務系の翻訳という仕事はどうなっていくのでしょう。皆さんからいただく質問です。はっきり申し上げて、将来のことはわかりませんが、現在のところ、どの翻訳会社に伺っても、(優秀な)法務系の翻訳者は不足しているようです。なぜか。契約書は人が作るものだからです。しかも、様々な交渉を経た後の妥協の産物であることが多いからです。つまり、結構原文の間違いもありますし、一読しただけでは何を言いたいのかよくわからない条文もあったりします。優秀な翻訳者には、そのようなものにも対応していく力が求められています。それこそが、現在のところAIにはできないことなのです。この講座では、様々な分野の契約書やその他の法務系文書を題材に、上記のような柔軟な力を付けていくことを目指していきたいと思っています。

受講者の声

東京都在住/50代/女性

他の受講生の方々の質問や翻訳例などを紹介しながら丁寧に解説していただき、新たな多くの気づきがありました

私は翻訳の勉強を始めてから日が浅いため、こちらの講座を受講して色々なご指摘をいただきたいと思っていたので、課題提出するときには気がついたことはできる限り質問するように心がけました。毎回他の受講生の方々のご質問や翻訳例などもあわせて丁寧に解説していただき、理解を深めるだけでなく新たな多くの気づきがありました。また課題を進めるうちに、文法的にだけでなく文脈的にも解釈できるように、会社法や会計に関する知識は必須だと再認識しました。
またZoomでのスクーリングは、森本先生の気さくで明るいお人柄に触れてモチベーションが上がりました。契約書の翻訳の採点をされるときには、ひっかかるところがないかがポイントで、契約書も読みやすいことが大事だというお考えにとても共感しました。森本先生の訳例はとても読みやすいので、貴重な翻訳サンプルとして今後も大切な財産です。
その他こちらの講座を受講して良かったのは、①完全でない原文に、どのように対応するかということも学べたこと、②契約書を読むことが楽になったこと(日・英)などです。仕事に活かせるのはもちろんですが、②によって、日常の生活や社会との関わりにおいても役立つことを実感できて嬉しいです。

お申込みの流れ

このコースは試験(無料)に合格された方が対象となります。
※試験の応募は無料です

STEP-1
開講月の約2ヶ月前:募集開始
ご希望の講座にWebサイトからお申込みください。
試験の課題文と提出方法についてメールでご案内します。
STEP-2
開講月の約1ヶ月前:試験課題の提出
締切日時(必着)までにご提出ください。
STEP-3
合否発表と受講料のお支払いに関するご案内(メール)
合格者には、受講料とお支払いに関するご案内をお送りします。ご希望の支払い方法にて期日までに手続きをお済ませください。
支払方法
■銀行口座への振込(一括)
■クレジットカード:Visa/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club
(ご利用可能回数 1・3・5・6・10回)
クレジットカード
STEP-4
教材および契約書面の送付(メールまたは郵送)
教材および契約書面をお送りいたします。
STEP-4
受講開始
課題をご提出ください。

お申込み後の受講の取り消しについて

「契約書面」をお受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリング・オフ期間経過後は受講期間終了日前日までに限り、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。中途解約が役務提供開始前の場合、受講料の20%(ただし15,000円(法定の金額)を上限とする)の解約手数料をお支払いいただきます。受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
役務提供開始後は、法定に基づいた精算方法により算出し、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。

お申込み