マスターコース「ドキュメンタリー字幕」

字幕制作ソフトを使用してスポッティング技術やドキュメンタリー特有のルールを身につけ、トライアル合格と継続的な受注を目指します。

講座のポイント

  • ドキュメンタリー独自のルールを学ぶ
  • 字幕の流れを作る文章校正スキルや調べ物、スポッティングの技術を養う

コース概要

講座名
マスターコース「ドキュメンタリー字幕」
受講期間
2021/9/1~2022/2/28(6カ月)
受講料
89,100円(税込)
試験について
【申込期間】7/1正午~8/2正午
【提出期限】8/2正午必着
【合否発表】8/16 ※合格者には同日、教材と受講料のご案内を送付します。
添削
6回/月1回(固定スケジュール/担当講師による指導)
修了規定
4課題提出で修了
学習サポート
<復習サポートシステム「Q&A」>
返却された添削結果やアドバイスについて分からない点があった場合、マイページから質問することができます。
<スクーリング>
受講期間中1回、担当講師によるスクーリングを行います。
スクーリング
2022/3/26(土)
※オンラインで実施するため、ご来校の必要はありません。
留意事項
・課題の提出と添削結果の受け取りには受講生専用サイト「マイページ」を利用していただきます(郵送での提出受付、返却は行っておりません)。
・受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

「アメリア」クラウン会員に推薦

講師から「仕事で通用する実力がある」と認められた受講生は、翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員に推薦され仕事のチャンスが拡大します。
クラウン推薦分野:映像

学習内容

プロの入口「マスターコース」

「マスターコース」は“プロの入り口”となる上級コース。現役で活躍する、各ジャンルのエキスパート翻訳者の添削指導のもと、すぐに現場で通用する実践的な翻訳力を習得します。

マスターコースの特徴は、その多彩なラインナップ。実務分野は、IT、メディカル、ビジネス英訳。出版分野は、ヤングアダルト、ルポルタージュ、ミステリー。映像分野は吹替・字幕、ドキュメンタリーなど、ジャンルを絞って必要なスキルを強化できます。

また優秀な成績を修めると、講師から翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員へ推薦され、仕事獲得のチャンスが格段に広がります。

マスターコース「ドキュメンタリー字幕」の内容

映像翻訳の中でも、ドキュメンタリーは1行16文字、ナレーションは基本的に「ですます調」など、特有のルールがあります。この講座では、動物の不思議な生態に迫る番組を題材に、ドキュメンタリーのルールや情報の裏取りと取捨選択のコツ、字幕の流れを作る文章校正スキル、見やすい申し送りの書き方を学びます。課題は全6回、1回あたりの課題量は映像約6~7分、字幕80枚程度です。原文を咀嚼したうえで、原文に引きずられない自然な字幕を目標とします。
また字幕制作ソフト「Babel」(※)を使用して課題に取り組みますので、実践的なスポッティング技術も身につきます

今回題材とする作品では、信じられない行動をする動物や驚きの生態を持つ動物が次々と登場します。驚きの事実がいっぱいで、動物好きの方はもちろん、そうでない方もきっと楽しめると思います。読みやすい字幕づくりを学び、翻訳者デビュー、そして継続的な受注ができる翻訳者を目指してみませんか?

※受講生のみなさまにはオンラインで使用可能な字幕制作ソフト「Babel」のアカウントをお渡しします。「Babel」はWindows対応ソフトです。Macでは動作が保証できませんので予めご了承ください。

身につくスキル

・ドキュメンタリー字幕特有のルールや文章校正スキル
・見やすい申し送りを作成する技術
・正確にスポッティングを取る実践的なスキル

担当講師

北村 広子
Hiroko Kitamura

映像翻訳家。劇場公開作品、テレビやDVD、ネット配信作品などの字幕翻訳を手がける。 主な作品:『2人のローマ教皇』『グリード ファストファッション帝国の真実』『エンド・オブ・ステイツ』『インヘリタンス』『ベイビーティース』『ガルヴェストン』『ウトヤ島、7月22日』『パシフィック・ウォー』『ハードコア』、TVシリーズ『SS-GB ナチスが戦争に勝利した世界』、ディスカバリーチャンネル作品など多数。

講師からのメッセージ

十数年前、私はドキュメンタリー翻訳の講座を受講したのをきっかけに制作会社のトライアルを受け、以来、ドキュメンタリー字幕の仕事をしています。
ドキュメンタリー作品は情報が多く、1枚1枚の字幕が映画やドラマより長いため、より簡潔で読みやすい字幕が求められます。この講座では、調べ物や情報の取捨選択のコツ、読みやすく流れのいい字幕の作り方を勉強します。
映像翻訳を仕事にしたい方、トライアルの合格を目指している方、お待ちしています!

受講者の声

海外在住/40代/女性

細かく丁寧に指導していただき、ドキュメンタリー字幕の全てを詳しく学ぶことができました。

海外からも受講ができる通信講座「はじめての映像翻訳」を修了後、本格的に仕事としての映像翻訳を視野に入れて学んでみたいと思うようになり、試験を経てマスターコースを受講しました。
マスターコースでは、実際に仕事を受注したつもりで課題に取り組む姿勢が求められるので、最初は試行錯誤の繰り返しでしたが、基本的な字幕ルールの確認から始まり、スポッティングのコツ、ドキュメンタリー字幕特有のルール、裏取りやリサーチの仕方、申し送りに記載する事項に至るまで、細かく丁寧に指導していただき、ドキュメンタリー字幕の全てを詳しく学ぶことができました。「(仕事では)同じミスを繰り返さない、同じ指摘を受けないことが重要」という第一線で活躍されている北村先生ならではの言葉が印象に残っています。毎月の課題へのコメントも事細かに記されており、それを次の課題に反映させていくことで、確実に字幕の質を上げていくことができたので、半年間やりがいを感じながら取り組むことができました。最後のオンライン・スクーリングでは、先生の駆け出しの頃のお話や映像翻訳の業界事情など、貴重なお話を聞けてとても参考になりました。

東京都在住/40代/男性

トライアル合格を目指す方、特にスポッティング技術を身につけたい方に、この講座をお勧めします。

映像翻訳のトライアルに合格をするために受講しましたが、特にドキュメンタリー分野に興味があったので選びました。
映像翻訳はスポッティングを含めて、時間がかかる翻訳分野だと思います。講座で丸ごと一本の番組を訳したのは、大変な作業でした。今回は、深海ザメがテーマでしたが、翻訳を進めていけばいくほど、その世界に興味を持ちました。
北村先生の指摘は、常に具体的かつ的確なものでした。また、受講生の翻訳原稿を、講師自身の好みを押し付けるのではなく、客観性や中立性を保ちながら直しを入れていただいたと思います。
私はスポッティングの経験が少ないのですが、細かくチェックしていただき、プロレベルのスキルを伝授していただきました。
まだトライアルに合格していないので、目に見える「成果」を得てはいないのですが、映像翻訳のスキルは確実に上がったと思います。
現時点では映像翻訳のトライアルを受けているところで、実務経験があまりないのですが、今後はドキュメンタリーを中心に仕事を受注したいと考えています。
プロデビュー前に、映像翻訳の土台を固めたい方や、トライアル合格を目指す方、特にスポッティング技術を身につけたい方に、この講座をお勧めします。

お申込みの流れ

このコースは試験(無料)に合格された方が対象となります。
※試験の応募は無料です

STEP-1
開講月の約2ヶ月前:募集開始
ご希望の講座にWebサイトからお申込みください。
試験の課題文と提出方法についてメールでご案内します。
STEP-2
開講月の約1ヶ月前:試験課題の提出
締切日時(必着)までにご提出ください。
STEP-3
合否発表と受講料のお支払いに関するご案内(メール)
合格者には、受講料とお支払いに関するご案内をお送りします。ご希望の支払い方法にて期日までに手続きをお済ませください。
支払方法
■銀行口座への振込(一括)
■クレジットカード:Visa/Mastercard/JCB/American Express/Diners Club
(ご利用可能回数 1・3・5・6・10回)
クレジットカード
STEP-4
教材および契約書面の送付(メールまたは郵送)
教材および契約書面をお送りいたします。
STEP-4
受講開始
課題をご提出ください。

お申込み後の受講の取り消しについて

「契約書面」をお受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリング・オフ期間経過後は受講期間終了日前日までに限り、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。中途解約が役務提供開始前の場合、受講料の20%(ただし15,000円(法定の金額)を上限とする)の解約手数料をお支払いいただきます。受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
役務提供開始後は、法定に基づいた精算方法により算出し、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。