リーディング講座「ミステリー」

出版翻訳者デビューのきっかけになりやすい「リーディング」。原書を読んでシノプシス(レジュメ)を作成するリーディングの技術を、実践を通して学びます。

こんな方にお勧めです

  • シノプシス(レジュメ)の書き方を学びたい方
  • 訳したい原書を出版社に持ち込みたい方

コース概要

講座名
リーディング講座「ミステリー」
受講期間
4カ月
受講料
各ジャンル 26,000円(税込 28,080円)
添削
2回/好きな時に提出可
※担任トレーナーによる指導
教材発送
初回一斉発送
執筆講師
越前 敏弥
修了規定
全課題提出で修了証書を発行
学習サポート
<復習サポートシステム「Q&A」>
返却された添削結果やアドバイスについて分からない点があった場合、マイページから質問することができます。
留意事項
・毎月25日までのお申込みで、翌月から受講スタートできます。
・課題の提出と添削結果の受け取りには受講生専用サイト「マイページ」を利用していただきます(郵送での提出受付、返却は行っておりません)。
・受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。"

学習内容

リーディングの基本を学び、出版社が求めるレジュメ作成力を養う

リーディングとは、海外の原書を日本で出版するかどうかを出版社が検討するためのレジュメを作成する仕事です。

作品のあらすじを簡潔にまとめ、日本での市場価値を判断する材料を示す必要があるため、原書の読解力、調査力、作品に対する客観的な視点、文章の構成力が求められます。リーディングから出版翻訳の仕事につながるケースが多く、翻訳者としてリーディングを依頼されることもあるため、必ず身につけておきたいスキルです。

この講座では、「ミステリー」「ノンフィクション」「ロマンス」「児童文学」から好きなジャンルを受講し、2冊の原書に挑戦していただきます。リーディングの基本をおさえ、原書の読み方やシノプシスのまとめ方など、ジャンルごとのポイントを学ぶこともできます。

「ミステリー」の内容

ミステリーは日本で翻訳出版されるジャンルの中でも、歴史が長く、コアな読者が多いのが特徴です。また、ひとくちにミステリーといっても、警察小説や探偵小説、スパイものや歴史ものなど内容が多岐にわたるため、翻訳者自身が多様なミステリーを読みこなした経験が必要になります。テキストでは、ミステリーのリーディングや翻訳をするうえで基本となるジャンルの分類や、押さえておくべき作品・作家について説明します。

「ミステリー」の課題作品(原書)

■作品1:世界のミステリー賞を獲得した著者のデビュー作にあたる私立探偵小説(277ページ)

■作品2:ベストセラー作家が描き出す、英国の館を舞台にしたサスペンス(410ページ)


学習の進め方①:テキストを読む

ジャンルの特徴、対象読者、またそのジャンルのシノプシスに書くべき内容を理解します。

送付内容
・テキスト
・リーディングハンドブック
・原書(2冊)

リーディング講座「ミステリー」
教材サンプル

学習の進め方②:原書を読み、シノプシスを作成し、提出

1冊目の原書を読み、「リーディングハンドブック」を参考にしながらシノプシスを作成します。

学習の進め方③:添削結果と参考シノプシスで復習

文章構成 がしっかりしているか、必要な情報が漏れていないか、客観的に書けているか、などをチェックします。

学習の進め方④:次の課題に挑戦

トレーナーからのフィードバックを活かして全課題の提出を目指しましょう。

受講者の声

テキストは、プロならではの視点とアドバイスが添えられていて、
読むだけで多くのことに気づかされました

仕事のチャンスが訪れるのは、翻訳よりもリーディングのほうが先かもしれないと考え、受講を検討しました。テキストには、リーディングという仕事の役割、シノプシスの概要/形式など、押さえておくべき基本事項のほかに、限られた時間のなかでの原書の読み方、作業の進め方など、プロならではの視点とアドバイスが添えられていて、読むだけで多くのことに気づかされました。さらに添削では、ただ直されるのではなく、「ここはうまく書けている」、「ここはもっと○○を意識して」といった具体的な指摘をいただけたので、「何を書くべきか」、「何を伝えるべきか」、「何を削るべきか」という基本姿勢と勘所を感じ取ることができました。
受講後は、リーディングスタッフの求人に応募する勇気を持つことができ、仕事につながりました。原書の個性や編集者のニーズを考え、迷いなく文章をまとめることができるのは、この講座で学んだ土台があるからだと思います。

<久保 尚子さん>
大学時代に理学部で得た知識を活かし、サイエンス、メディカル関連の実務翻訳に携わっている。一方で出版翻訳家としても活躍中。主な訳書に、『「自助論」の教え』(PHP研究所)、共訳書『お金と富の哲学 世界の名著50』(日本実業出版社)など。

プロのシノプシスと自分のものを比べてみることは
何より貴重な体験でした

翻訳の学習を始めてからまだ日が浅かったので、短い作品や抜粋した文章にしか取り組んだことがなく、短期間に原書を読んで内容をまとめられるかどうか不安もありましたが、出版翻訳を志すなら必須のスキルだと思い、やってみることにしました。
はじめは、わからないことだらけでしたが、疑問に思ったことを書き添えて提出したところ、トレーナーの方がひとつひとつ質問に答えてくださり丁寧に添削していただきました。実際にシノプシス作成を体験し、評価やアドバイスを受けられたこと、またプロのシノプシスと自分のものを比べてみることは何より貴重な体験でした。リーディングという仕事では1~2週間ほどで原書を読んでシノプシスにまとめますが、それは翻訳する際にまず全部を読み、全体を捉える力にもなります。
講座を修了したことで勇気が湧き、トライアルに合格してリーディングの仕事もさせていただき、翻訳のチャンスにもつながりました。

<元井 夏彦さん>
大学卒業後、クロアチア、チェコに留学。留学中に児童文学の世界に魅せられたことをきっかけに、帰国後、フェローで学習を開始。「児童文芸」「こだまゼミ」受講後、「こだま特別ゼミ」にてこだまともこ先生に師事。主な訳書、共訳書に『ポケットのなかの東欧文学』(成分社)、『ピアノマニュアル』(ヤマハミュージックメディア)など。

お申込みの流れ
STEP-1
受講お申込み
ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
STEP-2
教材発送
お申込み後3営業日以内に、教材と、受講料のご案内をお送りします。
※海外在住の方は受講料の入金が確認できてから発送いたします。
STEP-3
受講料のお支払いクレジットカード
「振込(一括)」を選択した方は、8日以内に受講料をお振込みください。
「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします。
STEP-4
受講開始
課題をご提出ください。