ドキュメンタリー

ドキュメンタリー

講座名
映像翻訳コース中級 ドキュメンタリー
受講期間
2019/10/16~2020/3/4(水曜・隔週×10回)
受講料
96,000円(税込 105,600円)
時間
19:00~21:00(120分)
定員
14名
受講条件
有り
※詳細は「お申込みの流れ」をご確認ください。
修了規定
全授業回数の7割以上出席で修了証書を発行
教材発送
10/5
申込締切
9/27
スケジュールPDF

「アメリア」クラウン会員に推薦

講師から「仕事で通用する実力がある」と認められた受講生は、翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員に推薦され仕事のチャンスが拡大します。
クラウン推薦分野:映像

視聴者の好奇心に応えうる、ドキュメンタリー翻訳の基本を学ぶ

良質なドキュメンタリーを使用し、制作側からの条件や要求、また番組によって異なる表記のルールなど、ドキュメンタリー翻訳ならではのスキルを身につけます。また一番肝要となる、リサーチや申し送りの方法も学びます。
前半はドキュメンタリーに欠かせないボイスオーバーやナレーションの吹替台本作りを学び、後半は字幕に取り組みます。前半の1回は、受講生一人ひとりの台本をプロの声優が読み、声優から台本指導が受けられる「アフレコ演習」も行います。
上級「ドキュメンタリーゼミ」で、講師の下訳からデビューチャンスを掴むための入口となる講座です。

授業の進め方

授業前
授業2日前までに吹替台本または字幕制作ソフトSSTG1で作成したSDBファイルと字幕原稿を提出
授業当日
全員の原稿を配布後、当番を決定
吹替では当番以外の受講生が、当番の台本でアフレコ
講師の講評(字幕ではSSTG1使用)
(1回の課題範囲はスクリプト3~5ページ程度)
峯間 貴子
Takako Minema

映像翻訳家。主な翻訳作品に、映画『ムーミン谷とウィンターワンダーランド』『恋におちたシェイクスピア』、海外ドラマ『シカゴP.D.』(吹替)、『フレイジャー』(吹替・字幕)、海外アニメ『レギュラーSHOW~コリない2人~』『おかしなガムボール』(吹替)、ドキュメンタリー作品『ロバート・ライシュ:資本主義の救済』(吹替、一部字幕)など多数。アメリアの「定例トライアル<映像(吹替)>」の審査も担当。

講師からのメッセージ

事実は小説より奇なり。ドキュメンタリーには、「へえー!?」という驚きがいっぱい。仕事をしながら知的好奇心も満たせるドキュメンタリーの翻訳は、雑学好きで、調べ物が苦にならない方にピッタリです。でもガリ勉タイプには、ちょっと難しいかも!?
ドキュメンタリーも立派なエンターテインメント! テレビの前の視聴者が、退屈してついウトウト…なーんてことのないように小難しい内容も、分かりやすい日本語で、面白く見てもらうことが大切です。そのためのコツが、授業にはあります。

SSTで実践力を、“流れ”のある字幕を目指す

字幕の授業の特長は、SSTがマストになっていることだ。毎回、当番になった受講生がSSTで仕上げた課題を授業で投影し、講師が解説をする。また、重要と思われる箇所は当番以外の受講生もSSTで取り組んだ課題をリストにし、提出するよう求められている。現場でもSSTがマストになりつつある中、普段からSSTに慣れておけるのは非常に魅力的なことである。

「耳で聞くとどうなるか」現場を意識し、客観性を養う

吹替の授業は、当番が提出した台本に当番以外の受講生がアテレコをし、その後で講師がコメントをつけていくかたちで行われる。吹替は耳で聞くもの。自分以外の人に読んでもらうことで、客観性を養うことができ、それが現場を意識することにつながるというわけだ。

講師はまず、冒頭のナレーションを当番本人にアテレコさせ、番組の雰囲気づくりを指導する。課題はサイエンス・コメディ。受講生の訳は、真面目なものからアニメ風のものまで様々だったが、硬い表現も、言葉の選び方や文の結びを変えることで柔らかくなった。「私は台本を書きながら口調まで浮かんできます」と講師。「原文に則してオリジナルに近づける」ためにも自分の中でしっかりと雰囲気を作り上げることが大切なのだと感じた。雰囲気づくり、これも現場を意識する姿勢といえるだろう。

お申込みの流れ
この講座は映像翻訳コースの試験に合格した方が対象となります。
ただし下記のいずれかの条件にあてはまる方は試験が免除されます。

①同じ講座を再受講される方。
②単科もしくはカレッジコースの「映像基礎」を修了した方。
③ベーシック3コースの「映像吹替」「映像字幕」の両方を修了した方。
④通信講座の「映像翻訳<吹替と字幕>」、「マスターコース(吹替と字幕を含む講座)」のいずれかを修了した方。
⑤単科映像翻訳コースの中級・上級で、吹替(VOも可)と字幕を学習し修了した方。
*合格通知日または①~⑤の受講期間終了日から3年以内の申込みに限ります。
 
試験について
お申込み後、3営業日以内にメールにて課題をお送りします。
ご自宅で訳し、1週間以内にご提出ください。合否結果はご提出から約一週間後にお知らせいたします。また合格者には「契約書面」と受講料納入のご案内を郵送します。以降の流れはSTEP-3、STEP-4と同様です。
STEP-1
受講お申込み
ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
※「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
STEP-2
手続書類の発送
お申込み後3営業日以内に「契約書面」と受講料のご案内を郵送します。
STEP-3
受講料のお支払いクレジットカード
「振込(一括)」を選択した方は、8日以内に受講料をお振込みください。
「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします。
STEP-4
教材発送
記載の教材発送日に、教材、予習指示(予習がある場合)、学生証をお送りします。

お申込み後の受講の取り消しについて

「契約書面」をお受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリング・オフ期間経過後は受講期間終了日前日までに限り、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。 中途解約が役務提供開始前(開講日前日まで)の場合、受講料の20%(ただし15,000円(法定の金額)を上限とする)の解約手数料をお支払いいただきます。
受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。 役務提供後は、すでに経過した授業回数から、法定に基づいた精算方法により算出し、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
※クレジットカードのボーナス一括払いをご利用になられた場合は、決済完了後のご返金となります。