現場のプロが直伝!チェッカー講座

翻訳の品質を守るチェッカー業務を実践的に指導。翻訳者を目指す方も、チェッカーの視点を学び訳文の質を高めましょう!

コース概要

講座名
現場のプロが直伝!チェッカー講座
受講期間
2020/3/17~3/31(火曜・隔週×2回)
時間
19:00~20:40(100分)
受講料
18,700円(税込)
受講対象
翻訳学習経験者
定員
16名
申込締切
3/8
場所
フェロー・アカデミー 新校舎
東京都千代田区麹町2-2-4 麹町セントラルビル 2階
⇒地図はこちら

学習内容

翻訳に携わるのは、翻訳者だけではありません。チェッカー(レビューア)という存在は、クライアントに納品する訳文の品質を確保するという非常に重要な役目を担っています。チェッカーに求められるのは翻訳をチェックして間違いなどに気づき、修正する力ですが、それは翻訳者にも必要不可欠なスキル。そのため、チェッカーの観点を知ることは、翻訳者としてのレベルアップにもつながります。
また、機械翻訳が急激な進化を遂げている今だからこそ、人間ならではの観点からチェックを徹底する重要性が強まっています。翻訳に加えてチェックにも対応できるという翻訳者へのニーズも、ますます高まっているのです。
この講座では、数多くのグローバルIT企業から信頼を得ている翻訳会社の最前線でさまざまな経験を積んでいる講師が指導します。チェッカーの仕事について具体的に説明した後、講師が現場で良く目にするチェック案件に基づいて作成した課題を使い、チェックの視点と作業方法を実践的に指導。まさに今行われている現場での仕事を実体験できるので、チェッカーを目指す方にも、翻訳者として進む方にも、またはポストエディットなど他のかたちで翻訳に関わっていこうという方にも、今後の歩みに役立つ内容です。さらに、課題に取り組んで実力があると講師が認めた場合は、チェッカーの仕事のトライアルを受けられる可能性もあります。
チェッカーの視点で見る技術を実践で学び、翻訳力も一気にランクアップさせましょう。

講座内容

第1回(3/17)
チェッカーの仕事内容の説明
→チェッカーの仕事内容、翻訳案件のワークフロー、勤務形態、単価などを紹介。
翻訳チェックのフローについて
→ 翻訳チェックを開始する際に確認する必要がある情報、チェック作業で行うことを紹介。
翻訳チェックのメトリクスについて
→実際の現場で使用されているチェック項目、またはJTFの「翻訳品質評価ガイドライン」を参考にして、チェックすべき項目とその重要度を紹介する。
課題の解説
第2回(3/31)
チェッカーの視点
・情報の検索方法
・間違いやすいポイントなど
・コンテンツごとのチェックの視点
→ 誤訳をなくすために、どのような方法で情報を検索し、訳文に反映していくのかを説明
→さまざまなコンテンツタイプ(Web、ホワイトペーパー、インフォグラフィックなど)に応じた訳し方を説明
課題の解説
※課題は原文300~500ワード程度の翻訳文を、指示に従ってチェックしていただきます(内容は、予告なく変更する場合があります)。

担当講師

株式会社ヒューマンサイエンス
Human Science Co., Ltd.

ヒューマンサイエンスは、テクニカルコミュニケーションとランゲージテクノロジーを軸に、ドキュメントや教育コンテンツの制作・翻訳、およびその管理システムの開発を行っております。
また、通常の受託制作に加え、これまで培ってきた制作・翻訳関連のノウハウをセミナーやコンサルティングサービスとしてご提供し、企業様の人材育成や業務標準化のサポートをしております。
お客様が必要とするあらゆるサービスを、確かな技術とマネージメントでご提供いたします。
株式会社ヒューマンサイエンスのWebサイトはこちら

お申込みの流れ
STEP-1
受講お申込み
ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
※「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
STEP-2
受講料のお支払いクレジットカード
メールにて、受講料のご案内をお送りします。「振込(一括)」を選択した方は、メール受信日を含めた4日以内に受講料をお支払いください。 「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします。
STEP-3
教材の発送
記載の教材発送日に、教材、予習指示(予習がある場合)をお送りします。