翻訳基礎<ステップ18> 英文法を再確認しながら、原文の意味を正確にとらえ読み手が理解しやすい日本語するという各分野に共通する翻訳の基本を身につけます。

「翻訳入門<ステップ18>」お得なキャンペーン実施中
■授業動画のサンプルはこちらから
(動画はPCよりご覧ください。閲覧環境によって表示に時間がかかる場合がございます)


講座の特徴

18項目からなる“翻訳のための英文法”で英文読解に強くなる

この講座は通学講座の「翻訳入門」と同じカリキュラムで、翻訳する上で必要な英文法を18のステップで身につけます。テキストは毎回「テーマの説明」「練習問題」「練習問題の解説と訳例」「添削課題」という15ページ程の構成で、効率よく学習できます。
受講に必要な英語力は、英検2級以上またはTOEICのリーディングセクション225点以上を目安としていますが、この基準に達していない場合でも、文法書を併用することで補強でき、学習効果を高めることができます。また、プロの翻訳家による1回完結のスクーリング(通学またはオンライン)に1回無料で参加できたり、ペーパーバックがもらえたりと学習を楽しく続けられる特典もご用意しています。


翻訳には英文法をきちんと理解する力が必要です

下記の例文はステップ15で学ぶ「仮定法の目のつけどころ」に掲載されています。助動詞の過去形wouldに注意して訳してみましょう。

A man of sense would be ashamed of such behavior.

【×誤訳】
分別のある人は、そんな行為を恥ずかしく思っただろう。


■解説・ポイント
If節があれば仮定法ではないかと見当がつきますが、実は上記の英文のようにIf節がなくても仮定法であるという構文もたくさんあります。これがとかく誤訳の原因になっているのです。ここではIf節がそっくり省略されているわけでもなく、Without television = If there were no television のように前置詞句をIf節の代わりにしてあるわけでもありません。なおかつ、助動詞の過去形wouldが使われています。このような場合、これは仮定法のwouldで、主語がIf節の代わりになっていると考え、残りを帰結文として訳すとうまくいきます。

【○翻訳】
分別のある人なら、そんな行為を恥ずかしく思うだろう。

皆さんは、どのように訳しましたか?
翻訳入門で使用するテキスト『STEP18』では、さまざまな英文を文法に則って正確に理解し、そのうえで自然な日本語にする方法を学んでいきます。文法が苦手という方はもちろん、意味はわかるけどニュアンスまで理解しているかどうか自信のない方にもおすすめです。



テキスト「STEP18」で学ぶ英文法の重要項目
ステップ 1-英文解釈から翻訳へ
単なる字句の解釈から脱皮して「翻訳」として通用する訳文作りを体感する。
ステップ 2-代名詞の訳し方を覚えよう
英語と日本語の発想の違いがもっとも大きく表れる代名詞を、正しくとらえてすっきり訳す。
ステップ 3-関係代名詞はこわくない
関係代名詞の入った英文を頭から訳す方法を身につける。
ステップ 4-無生物主語の文は人間を主役に
品詞転換により、主語を人間に変えて訳すテクニックを身につける。
ステップ 5-受動態の文を訳すかんどころ
英語と日本語の表現法の違いにあわせた受動態と能動態の態転換を理解する。
ステップ 6-不定詞の基本的な訳し方
不定詞がどんな目的で用いられているのか理解して、適切な日本語表現を選ぶ。
ステップ 7-動名詞はここが急所
さまざまな用法のある動名詞の見分け方と訳し方を身につける。
ステップ 8-分詞構文を訳すコツ
「分詞構文」の用法を見極め訳文に正しく反映する。
ステップ 9-時制を訳す基本テクニック
文章の形のうえでの「時」と、実際の「時間」とのズレを理解する。
ステップ10-完了時制の攻略法
時間の前後関係をつかみ、完了時制を訳文に反映させる。
ステップ11-接続詞に強くなろう
同じ接続詞がいろいろな意味で使われることを念頭に、訳し方にも工夫を加える。
ステップ12-比較表現の考え方
日本語にない比較方法が使われているときは、意味を汲んで別の表現で訳す。
ステップ13-否定文は訳者泣かせ
部分否定や二重否定、否定語を用いない否定表現を攻略する。
ステップ14-前置詞のとらえかた
前置詞の基本的な用法をマスターし、その訳し分けを身につける。
ステップ15-仮定法の目のつけどころ
誤訳の原因になりやすい、if節を伴わない仮定法の見分け方と訳し方を身につける。
ステップ16-会話文と話法のかんどころ
会話文を訳すテクニックと、間接話法と直接話法の訳し分けをしっかり覚える。
ステップ17-長文のとらえかた
長文で文章の流れをつかみ、統一のとれた訳文を作る。
ステップ18-日本語表現で総仕上げ
ステップ17までで学んだことを活用し、自然でこなれた日本語表現で訳す考え方と実例を学ぶ。
最後まで楽しく学習できるシステム

9カ月間の学習を楽しく続けられるシステムをご用意しています。

  • スクーリングの定期開催(1回参加無料)
  • 翻訳入門<ステップ18>で学んでいることをより深く理解していただくために、定期的にスクーリングを開催しています。スクーリングは開催月によってフェロー・アカデミー(東京)で受講する回と、ご自宅からオンラインで参加する回がありますので、ご自身の環境やご都合に合わせて受講が可能です。毎回違ったテーマの課題をもとに講義を行います。プロの翻訳者に直接質問ができ、他の受講生と交流できるのもスクーリングの魅力です。

  • ペーパーバックプレゼント
  • 12課題提出した方には、ノンフィクション、フィクション、児童書の中からお好きなペーパーバックを1冊プレゼントします。

  • 完走者には受講料割引券をプレゼント
  • 全18課題提出した方には、次回使える受講料割引券5,000円分をプレゼントします。

●学習の進め方

テキスト

例:ステップ2 代名詞の訳し方を覚えよう

1. テキストを読む

テーマは「代名詞の訳し方」。英語と日本語の発想の違いが顕著にあらわれる代名詞。多くの例文を参考に、直訳から翻訳にするための代名詞の訳し方を学びます。

2. 添削課題2を翻訳し、提出

課題は和訳3題。テキストを見返しながら代名詞を工夫して訳しましょう。

3. 添削と「解説/訳例」が届く

テーマの理解度はもちろん、誤訳がないか、言葉選びは適切か、といったところまでしっかり確認しましょう。

代名詞の基本をおさえたら、ステップ3「関係代名詞はこわくない」に挑戦!

講座情報
受講期間
通常コース:9カ月(サービス延長期間4カ月)
速習コース:最長9カ月(サービス延長期間なし)
※毎月25日までのお申込みで、翌月から受講スタート
※通常コースには、受講期間終了後も提出期限に間に合わなかった課題を提出できる「サービス延長期間」がございます。
受講料
70,000円(税込 75,600円)
教材発送
通常コース:毎月2回発送
速習コース:初回一斉発送
(初回教材の発送は、お申込みより約1週間後)
通常コースと速習コースの違い
添削
通常コース:18回/月2回(担任トレーナーによる指導)
※手書きで添削した訳文を郵送で返却します。

速習コース:18回/随時(複数トレーナーによる指導)
※Wordのコメント機能を使って添削した訳文データをマイページ上で返却します。
もらえる特典
フェロー・アカデミーを会場にしたスクーリング、またはオンラインスクーリングのどちらか1回無料参加
英米の人気ペーパーバック作品(12課題提出後)
次回使える5,000円の受講割引券(全18課題提出後)
修了規定
15課題以上提出で修了証書を発行
執筆講師
新島 義昭

通常コース・お申込みフォーム

速習コース・お申込みフォーム

通常コースと速習コースの違いはこちらから
※海外からの受講は「速習コース」のみとなります。
※「速習コース」の受講は、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

執筆講師トレーナーから

執筆講師の声

「しっかりとした基礎は実力アップの近道」
どんなことをする場合でもあてはまることなんですが、翻訳をするにも最低限知っておかなければならない基本的な約束ごとがあります。学生時代に少し英語ができたというだけで、辞書だけを頼りにいきなり翻訳に取り組んだのでは、あとでひどい恥をかく羽目になります。 この講座では、翻訳の基本を身につけていただくために実際の翻訳に役立つ形の文法を中心として、専門家の知恵を結集したカリキュラムが組まれています。しかも多彩な内容の添削課題を18回にわたって演習することにより、自分の欠点が確実に把握でき、実力を向上させることができます。 あなたもこの講座でしっかりと翻訳の基礎を学び、本格的な実力を養ってください。

■テキスト執筆講師/新島 義昭

添削トレーナーから

わたしも「翻訳入門<ステップ18>」で翻訳の世界に入りました。まだ20代前半で、勤め先でも半人前だったので、毎日が目のまわる忙しさで、あらゆる空き時間に課題をとりだしていた記憶があります。学生時代から英語は得意でしたが、文法は苦手だったので、なかなか思うような成績がとれずに悔しい思いをしました。受講が終わった後に2度もおさらいをしたというのに、添削トレーナーを担当するようになり、当時の答案を見返してみると、今なお勉強になる部分があります。
翻訳を仕事にするには、英文を正確に読む能力と、それを日本語で過不足なく表現する能力が必要です。いくらうまい日本語の文章が書けても、英文が正確に読めていなければ翻訳にはなりません。<ステップ18>では、英文を正確に読む能力を身につけることを第一として、商品になる文章の書き方を学んでいただきたいと思います。また、いろいろな経歴を持つ添削トレーナーがそろっていますので、翻訳という仕事についてみなさんが抱く素朴な疑問を、遠慮なくぶつけてみてください。ひとまず「通信でプロになれるのか」という問いには、自信を持って「なれます」とお答えします。大事なことは「始める」こと、そして「継続する」ことです。

■添削トレーナー/岡本 由香子

トレーナー対談 来住氏×徳永氏

通常コース・お申込みフォーム

速習コース・お申込みフォーム

通常コースと速習コースの違いはこちらから
※海外からの受講は「速習コース」のみとなります。
※「速習コース」の受講は、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

お申し込み方法

STEP01 STEP02 STEP03
講座のお申込みは
受講申込フォームへ
受講申込フォームへ
から行えます。
お申込みから3営業日以内に、教材と受講料のお支払いに関するご案内をお送りいたします。
※海外生は受講料の入金が確認できてから教材をお送りします。
事務局よりお送りした納入案内にしたがって、受講料をお支払いください。

支払方法
○振込:一括払い
○クレジットカード(Visa/Master):1回/2回/ボーナス一括払い

到着後、8日以内に受講料をお支払いください。 Web申込でクレジットカード払いを選択された場合、お申込み時にご登録いただ いたカード情報に基づき手続いたします。

通常コース・お申込みフォーム

速習コース・お申込みフォーム

通常コースと速習コースの違いはこちらから
※海外からの受講は「速習コース」のみとなります。
※「速習コース」の受講は、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

受講生の声

学習に取り組む姿勢を学んだことが
翻訳の質を上げることにつながった

初級から上級まで講座が充実しており、現役で活躍している修了生が大勢いることからフェロー・アカデミーで翻訳を学ぶことにしました。とはいえ専門的な翻訳学習は初めてだったので、一から学んだほうがよいだろうと思い「翻訳入門<ステップ18>」から学習を始めました。
受講中、添削トレーナーからの指導はとくに励みになりました。課題への添削だけでなく、質問に対する回答もいつもびっしり書いてもらえ、赤字のひとつひとつから学習者の考え方を汲んでアドバイスしてくれていることがわかります。「細かいところまで丁寧に訳す、原文の意味合いを正確に訳す姿勢を身につける」というアドバイスは、翻訳チェッカーの仕事を経験して、さらに実感を増しました。
文法や文脈の不明箇所を自分の中ではっきりさせ、辞書を引いたりして答えを見つけ、納得できる日本語表現にたどりつくまでねばる覚悟、原文に対する誠実さを学んだことがこの講座を受講した一番の収穫です。
また教材を最大限に生かすために質問欄を活用することを心がけるとよいと思います。私は「ここをこう訳したことをわかりやすくどう説明するか」ということを考えながら添削課題に取り組むことで、最後まで原文と向き合う姿勢を身につけることができました。

<菊地 清香さん>

子どものころから本が好きで、大学の卒業論文で英語文献を日本語に訳す機会があり、翻訳におもしろさとやりがいを感じる。大学卒業後、一般企業に入社。退職後、フェロー・アカデミーで翻訳の勉強を始める。通信講座「翻訳入門<ステップ18>」修了後、「はじめての出版翻訳」「出版翻訳講座」「リーディング講座<ロマンス>」「マスターコース フィクション<ロマンス&ミステリー>」などを受講。翻訳者ネットワーク「アメリア」から応募した翻訳会社より在宅チェッカーの仕事を経験する。現在は出版翻訳の学習を続けている。

復習をくりかえすことが大事
いい加減な解釈だと気付くきっかけに

翻訳の仕事が在宅でできると知り、家業と両立できるかもと思ったことが学習を始めるきっかけでした。やるからには仕事につなげて収入を得られるようになりたいと考えましたが、そこまでの実力がつくかどうか不安な気持ちもありました。ですので、講座を始めるには正直いって勇気がいりました。
おぼろげだった英語力に自信をつけるために、まずは「翻訳入門<ステップ18>」を受講しました。自分では理解していると思っていた英文の解釈が、実は勘違い、またはいい加減な解釈だったことに気付くきっかけとなりました。翻訳では英文法をしっかり理解したうえで、正確な英文解釈が求められます。ただ課題に取り組むだけではなく、添削された課題を何度も復習したことが今に生きていると思います。
この講座を修了後は、海外の映画やドラマが好きだったので、映像翻訳の学習をはじめました。「英文を勘違いなくきちんと訳す」というスキルは、分野を問わず生かせると思います。 通信講座は自分のペースで空いた時間に学習できるという点が魅力なので、私のように仕事との両立もしやすいと思います。

<折原 孝明さん>

地方で家業である商店を営みながら、在宅でできる職業として翻訳に興味をもつ。通信講座「翻訳入門<ステップ18>」修了後、通信講座「はじめての映像翻訳」「マスターコース」などを受講。翻訳者ネットワーク「アメリア」から応募した映像制作会社に翻訳者として採用される。現在は家業と両立し、在宅でプロレス番組の字幕制作に携わる。

ほかの受講生と一緒に学べるスクーリングが
良い刺激になりました

英語を勉強するのが大学以来だったので、基礎をしっかりやり直して忘れてしまった英語力を取り戻したいと思い、「翻訳入門<ステップ18>」を受講しました。テキストは文法が項目ごとに学べますし、内容もとても分かりやすかったです。添削ではトレーナーの方が細かくチェックしてくださり、書いてくださった参考訳も勉強になりました。自分の苦手なところを丁寧に指摘してもらえるのは、通信講座のメリットだと思いました。
また、スクーリングもとても役に立ちました。一人で勉強しているとどうしてもわからない部分が出てきて煮詰まったり不安になったりしますが、スクーリングでほかの受講生の訳文を見られることで、自分のレベルを把握でき、あらためて頑張ろう!とやる気が湧きました。
この講座で基礎をやり直したことで、英字新聞や洋書を正確に理解できるようになっただけでなく、翻訳の楽しさや翻訳という仕事への向き合い方も教えていただいた気がします。トレーナーの方からいただいた「翻訳は学習をすればするほど必ず力がつく」「翻訳は正確な英文解釈があってこそ表現が生きる」という言葉を胸に、目標であるメディカル翻訳者になるための学習を続けたいと思います。

<福西 真知さん>

体調を崩して仕事を辞めたのを機に、在宅で好きな英語に携わることができる翻訳に興味をもつ。通信講座「翻訳入門<ステップ18>」修了後、「実務翻訳<ベータ>」を受講。メディカル翻訳者を目指して、実務翻訳の学習を続けている。

サポートや特典、コンテンツを利用して
自分に最適な学習方法を見つけられる

年に数回商業通訳として出かける機会があり、通訳にも役立つと思い翻訳の学習を始めました。
「翻訳入門<ステップ18>」の受講を通して、より英文法の理解を深めることができました。市販の文法書とは異なり翻訳に特化した文法事項が学べること、そして何よりも添削してもらえるという点で最大のメリットがあると思います。参考書には載っていないような訳語の提示や解説をしてくださった添削トレーナーが特に印象的です。また、復習サポートシステム(Q&A)は課題提出後に不明な点をクリアにできるので、とても役に立ちました。
受講中は教材に加えて、プロが語る翻訳の考え方など、参考になる記事を好んで読んでいました。フェローやアメリアでは有益な情報をたくさん得ることができるので、これからもこの2つを是非活用していきたいと思っています。

<鈴木 典子さん>

大学卒業後、一般企業にて海外仕入など貿易事務の仕事に携わり、現在は翻訳・通訳の道を目指す。 2児の母として育児をしながら、「翻訳入門<ステップ18>速習コース」を受講。独語・英語通訳として活動しながら、翻訳にも活躍の場を拡げている。ドイツ在住。

通常コース・お申込みフォーム

速習コース・お申込みフォーム

通常コースと速習コースの違いはこちらから
※海外からの受講は「速習コース」のみとなります。
※「速習コース」の受講は、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

PICK UP

「翻訳入門<ステップ18>」お得なキャンペーン マスターコース 実務翻訳<ベータ>

PAGE TOP