映像翻訳コース 中級
※4月期のお申込みは締切ました。
 10月期は7/25(火)から募集を開始いたします。

字幕

  • 受講期間:4/15 〜 8/19(全9回)
  • 曜日/時間:隔週・土/13:00〜15:00 (120分)
  • 受講料:92,500円(税込 99,900円)
  • 申込締切:3/30


教材は、主に長編映画で、脚本の優れた作品を扱います。脚本がしっかりした作品は、制作者の意図が随所に散りばめられています。一つひとつのセリフに込められた意味や伏線を丁寧に汲み取ることで映画を観る「視点」を養い、文字数の限られた字幕の中で最大限に表現していく力をつけていきます。

<授業の進め方>

  • 1回の課題範囲はハコ150枚程度
  • 授業当日:2日前までにメールで字幕原稿とSDBファイル(SSTで作成したデータ)を提出
         (前半は任意。後半は必須)
  • 授業後 :全員の原稿を配布後、発表当番を決定
         講師の訳例配布・講評(SST使用)

★受講生限定特典★
「トライアル対策セミナー」(無料・先着順)[対象:中級・上級の受講生]

単科 映像翻訳コースの中級・上級の受講生だけが参加できる無料のセミナーです。 映像制作会社の方を講師に招き、トライアル合格のポイントや求められる翻訳者像など制作サイドの生の声をお伝えします。
→ 詳細はこちら

字幕<2>の授業の様子をのぞいてみよう スケジュール
講師:田中 武人(たなか たけと)

映像翻訳家。映画『最終目的地』『おじいさんと草原の小学校』『動物農場』『ホテル・ルワンダ』『ツォツィ』『CUBE』『12ラウンド』『エネミーライン』シリーズ、海外ドラマ 『CSI:科学捜査班』『Lie to me 嘘の瞬間』など字幕翻訳作品多数。ネット配信の映画も多数手がける。アメリアの「翻訳トライアスロン<映像>」の審査も担当。

◆講師インタビュー
「映画を観る力」


【講師からのメッセージ】
字幕の翻訳は、限られた字数の中にセリフの内容だけでなく話者の気持ちまで込め、なおかつ無理なく読ませるという職人芸です。映像と声と自分の訳した字幕が一つになったときの快感を味わってください。この講座の目標は「正しく解釈し、分かりやすく表現する」ということです。原文を正確に読み取り、一読して理解できる字幕を作るのは基本ですが、一口で言うほど簡単なことではありません。このクラスでは「どうしたら誤訳を減らせるか、いかにして直訳を防ぐか」をポイントに授業を進めていきます。

受講条件
下記のいずれかの条件にあてはまる場合。

①同じ講座を再受講する場合。
②単科もしくはカレッジコースの「映像基礎」を修了した場合。
③ベーシック3コース(旧フリーランスコース)の「映像吹替」「映像字幕」を修了した場合。
④通信講座の「映像翻訳<吹替と字幕>」、「マスターコース(映像分野)」のいずれかを修了した場合。
⑤映像翻訳コースの受講テストに合格した場合。

*①〜④は、受講期間終了日から3年以内の申込みに限ります。
 ⑤は合格通知日から3年以内の申込みに限ります。
クラウン推薦
対象ジャンル
映像
→ クラウン会員の詳細はこちら
お申込みから受講までの流れ

お申込み

受講テストの要・不要に関わらず、ご希望の講座を「お申込みフォームへ」からお申込みください。

  • <受講テストが必要な場合>

    1.お申込み後3営業日以内に、メールで課題文をお送りします(メールアドレスが無い場合は郵送)。
    2.1週間以内に訳文をご提出ください。
    3.ご提出後1週間以内にメールで合否結果をお知らせします。合格された方には別途、契約書面と受講料納入のご案内を郵送します。

  • <受講テストが不要の場合>

    お申込み後3営業日以内に、契約書面と受講料納入のご案内を郵送します。

お申込み

受講料納入のご案内到着後8日以内(ただし開講日より前)に受講料をお支払いください。


お支払い方法
○振込:一括払い
○クレジットカード(VISA/Master):1回/2回/ボーナス一括
(クレジット払いご希望の方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします)

お申込み

教材発送日は講座スケジュール(PDF)をご確認ください。

PICK UP

単科「翻訳入門」 ベーシック3コース9月期 単科「日英基礎」

PAGE TOP