出版翻訳コース 中級
2017年4月期は1/25(水)から募集を開始いたします。

フィクション<3>

  • 受講期間:10/13 〜 2017/2/23(全10回)
  • 曜日/時間:隔週・木/14:00〜16:00 (120分)
  • 受講料:93,000円(税込 100,440円)
  • 申込締切:10/2

お申込みを締切ました

<予定教材>
エンタテインメントや純文学、ミステリなどフィクション全般から講師が厳選した小説を扱います(半年間で1〜2作品)。原則として、講師訳で出版予定のあるものや翻訳中の作品を取り上げますので、講師と共に、出版を目的にした“商品として通用する翻訳”の追求を体験できます。
また、リーディング演習として、全員が課題作品または自分で選んだ作品1冊を読み、レジュメにまとめて提出、最終回で講師が講評します。

→ 「フィクション」体験レッスン(講師:川副智子) 9/10(土)14:30〜15:30開催

<授業の進め方>

  • 1回の課題範囲は原文で3ページ程度
  • 授業前 :当番(2名程度)が授業2日前までにメールで訳文を提出
  • 授業当日:当番の受講生が、訳しづらかった箇所、疑問点を発表し、全員でディスカッション
         講師の訳例配布、講評

  • ★受講生限定特典★「出版ゼミ見学会」(無料・先着順)
    単科 出版翻訳コースの中級受講生が参加できる無料の見学会です。講師の人柄やゼミの雰囲気、授業のレベルなどを、ご自身の目で確認できます。
    → 詳細はこちら
フィクション<2>の授業の様子をのぞいてみよう スケジュール
講師:川副 智子(かわぞえ ともこ)

文芸翻訳家。『私の中のあなた』『アキレウスの歌』『ワン・デイ』『19分間』(早川書房)、『シージャー 発作』(扶桑社)、『月夜のかかしと宝探し』『まったなしの偽物鑑定』(原書房)、『西太后秘録』(講談社)、『戯れの夜に惑わされ』(二見書房)、『サーカス象に水を』『ミスター・セバスチャンとサーカスから消えた男の話』(武田ランダムハウスジャパン)、など訳書多数。アメリアの「定例トライアル<出版(フィクション)>」の審査も担当。

◆講師インタビュー
「翻訳は定年のない仕事」


【講師からのメッセージ】
一冊の本を訳すことは、ひたすら原著者と向き合う作業であり、それは愉しくもあり、苦しくもあり。でもそのなかに人間が描かれている以上、訳者のどんな経験も知識も決して無駄にはならないはず。もしかしたら、約半年の講座を受講したあとに“先は長い”と感じるかもしれません。それもひとつの手応え。ある意味ではそこからがスタートです。原文と真摯に向き合える方、最後に翻訳者だけが得られるささやかな充足感のために七転八倒できる方をお待ちしています。

受講条件
下記のいずれかの条件にあてはまる場合。

①同じ講座を再受講する場合。
②単科、カレッジコース、ベーシック3コース(旧フリーランスコース)のいずれかの「出版基礎」を修了した場合。
③通信講座の「出版翻訳講座」、「マスターコース(出版分野)」のいずれかを修了した場合。
④出版翻訳コースの受講テストに合格した場合。

*①〜③は、受講期間終了日から3年以内の申込みに限ります。
 ④は合格通知日から3年以内の申込みに限ります。
クラウン推薦
対象ジャンル
フィクション
→ クラウン会員の詳細はこちら
お申込みから受講までの流れ

お申込み

受講テストの要・不要に関わらず、ご希望の講座を 受講申込フォームへ からお申込みください。

  • <受講テストが必要な場合>

    1.お申込み後3営業日以内に、メールで課題文をお送りします(メールアドレスが無い場合は郵送)。
    2.1週間以内に訳文をご提出ください。
    3.ご提出後1週間以内にメールで合否結果をお知らせします。合格された方には別途、契約書面と受講料納入のご案内を郵送します。

  • <受講テストが不要の場合>

    お申込み後3営業日以内に、契約書面と受講料納入のご案内を郵送します。

お申込み

受講料納入のご案内到着後8日以内(ただし開講日より前)に受講料をお支払いください。


お支払い方法
○振込:一括払い
○クレジットカード(VISA/Master):1回/2回/ボーナス一括
(クレジット払いご希望の方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします)

お申込み

各講座の申込締切日の翌営業日に、教材、学生証を郵送いたします。

PICK UP

通学講座説明会 「入門・初級」体験レッスン カレッジコース

PAGE TOP