オンライン講座

  • オンライン講座とは?
  • お申込み方法 推奨動作環境
  • 講座ラインナップ
  • 受験生が語るお勧めポイント

「必要なものは?」「どんな授業なの?」オンライン講座とは?

※2016年より専用ソフトMeetingPlazaの利用は終了させていただき、株式会社ブイキューブの「V-cubeセミナー」でのご提供となります。すでにMeetingPlazaでご受講いただいた方々には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承ください。

クリック!授業のしくみを動画で解説しています。



講座ラインナップ

※お申込みを締切ました

ちょっと面白い、「聖書」イディオム

聖書の知識を深めて、引用されたイディオムを的確に訳そう
詳細を見る

講師
小川 政弘
日時
7/31(月) 19:30〜21:00(90分)
受講料
一般:9,720円(税込)
マイページユーザー/アメリア会員:6,720円(税込)
対象
翻訳学習経験者
申込締切
7/18(火)正午

■2017年の開講講座

開講月 講座名 講師
2017/1 吉本流「冠詞」攻略レッスン 吉本 秀人
2017/3 米・英・北欧の警察組織・制度を学ぶ 加賀山 卓朗
2017/3 マンガ英訳 木村 智子
開講月 講座名 講師
2017/4 絵本翻訳ガイド 横山 和江
2017/4 ちょっと面白い、「聖書」イディオム 小川 政弘
2017/5 特許翻訳セミナー 馬場 経子




お申込み方法 推奨動作環境

STEP01 STEP02 STEP03
下記の「ご受講に必要なパソコン環境」にある「視聴環境チェックサイト」で、お使いのパソコン環境が動作条件を満たしているかどうかご確認ください。 「お申し込みフォームへ」よりお申込みください。 お申込み後3営業日以内に、受講料納入のご案内をメールでお送りします。
メール受信後8日以内(ただし開講日より前)に受講料をお支払いください。

<お支払方法>
・振込:一括払い
・クレジット払い(VISA/MASTER):ご利用回数1回のみ
(クレジット払いご希望の方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします)
STEP04 STEP05 STEP06
講座の申込締切後、ご入金の確認ができた方を対象に、予習課題(ある場合)とオンライン講座の操作ガイドをメールで送付します。課題がある場合は期日までにご提出ください。 授業の前日までにメールにて、授業に入室するための専用URLをお送りします。 当日は授業開始30分前より入室が可能です。専用URLをクリックして入室し、画面の案内に従い音声、マイク、カメラの動作確認(5分程度)を行ってください(希望者にはスタッフによる動作確認も実施しています)。開始時間になったら講師が画面に登場し、授業が始まります。

●ご受講に必要なパソコン環境
・受講にはインターネットに接続したパソコンとヘッドセット、Webカメラ(PC内臓も可)が必要です。
・Windows OS/Macに対応しております。スマートフォン、タブレットでは受講できませんので、あらかじめご了承ください。

▼視聴環境チェックサイトでパソコン環境をご確認ください▼
http://ondemand.seminar.vcube.com/checker/
「セミナーの視聴が可能です」と表示されれば問題なく受講していただくことができます。
表示されない場合は、下記の推奨環境をご確認ください。


  Windows Mac
OS Windows 7/8/8.1/10/VISTA
※ Windows 8/8.1/10については、デスクトップモードでご利用ください
Mac OS X 最新版
Webブラウザ Internet Explorer 7〜11
Mozilla Firefox 最新版
※バージョンアップ等により変更になる場合があります。
※ ブラウザのJavaScriptおよびCookie機能は有効にしてください。
Safari 最新版
※バージョンアップ等により変更になる場合があります。
※ブラウザのJavaScriptおよびCookie機能は有効にしてください。
Flash Player Flash Player 最新バージョン ※10.3未満の環境では利用できません。
スペック <CPU>
Core i3以上または上記に相当以上のCPU
<空き容量>
1GB以上
<CPU>
Core i3以上または上記に相当以上のCPU
回線速度 下り:1Mbps以上 上り:512kbps以上
※回線速度が上記より遅い場合も画質を落とすことで視聴は可能です
※下記URLのサイトで、現在ご利用中のインターネットの通信速度が簡単に測定できます。
http://www.usen.com/speedtest02/ (外部サイトへリンクします)

※回線速度に関しての注意点
・有線環境での受講をお奨めします。無線で接続されますと予期せぬ切断などが発生する場合があります。
・なお、こちらに掲載している回線速度は映像・音声の通信に必要となる帯域となります。ホワイトボード機能や講師の画面共有機能等のやりとりによって記載以上のデータ転送量が一時的に発生し、動きが遅くなることがあります。

受講生が語るお勧めポイント

講師へ直接質問できること、他の受講生の発言を聞くことができるなどライブ感があります
私は地方に住んでいるため、受講できる講座に限りがあります。この「オンライン講座」は、自宅で自分のPCを使って参加するため、普段のPC環境のまま授業を受けられます。気になることがあれば、授業中でも、いつもの辞書やWeb環境、手元の資料でその場で調べものができるのは大きなメリットだと思いました。
短期間で自分に必要なスキルをピンポイントで身につけられますし、そして何と言っても、プロの翻訳者である講師に直接質問することが可能なことから受講を決めました。
授業中、他の受講生の発言を聞くことができますが、皆さんとても深く調査されているので、「そこまで調べているのか」と驚いてばかりでした。授業はライブ感があり、指されるかもしれない緊張や満足な回答ができなかったときの後悔、うまく答えられたときの満足感など、いろんな感情が沸き上がります。そして、感情を伴う記憶は鮮明に頭に残ります。これは独学では得られない貴重な機会となりました。
(福岡県在住 A・Sさん)

使い慣れたPCで、自宅で受講できる点がメリット
IT関連の翻訳やチェックの仕事をしていますが、新しいジャンルの勉強をしたいと考えていました。この「オンライン講座」は自宅で受講できるという点がとてもよかったです。何より時間が有効に使えますし、使い慣れた自分のPCで、調べ物もしながら受講できたのは快適でした。
仕事を始めると自分の翻訳を添削し、細かく解説してもらえるような機会はなかなかありません。授業をとおして自分の弱点や逆によくできていた点がわかり、今後の課題が見えてきました。他の受講生の答案を見る機会もあり、それもとても勉強になりました。また、最後の授業では先生のPC画面を公開してくださったのですが、最新の辞書やツールの使い方などがよくわかり、今後の参考になりました。
内容が濃く、授業の時間はあっという間に過ぎてしまうので、事前準備をしっかりしておくことが大切です。期日までに課題を仕上げることはもちろんですが、質問なども事前に考えておき、授業中は遠慮せずに発言することをおすすめします。
(東京都在住 S・Kさん)

PICK UP

翻訳入門<ステップ18> 実務翻訳<ベータ> フェローでの学び方

PAGE TOP