OTHERS

翻訳家になるために資格や試験は必要?
資格を取得する3つのメリット

 「翻訳家になるのに、特別な資格や試験は必要なの?」

これは、翻訳家を目指す皆さんが、最初に抱く疑問の一つだと思います。

結論から言うと、資格や検定は必須ではありませんが、取るのもアリ です。

ここではその根拠とともに、細かく説明していきます。

主な翻訳の資格や試験は、どんなものがあるのか?

日本では、通訳の国家資格はありますが、翻訳の国家資格というものはありません。
翻訳の仕事に関連する資格を取得できるのは、大きく分けて2つ。

英語の検定試験 と、翻訳業界の団体が実施している検定試験 です。

※英語の検定試験については、あくまでトライアルや翻訳経験を重視してスコアを応募条件として掲げていない求人も多いですが、掲げている場合の条件は以下のとおりです。

英検

翻訳の求人応募条件として掲げられるレベルは、「準1級」または「1級」が多いです。

TOEIC

翻訳の求人応募条件として掲げられるレベルは、「800点以上~950点以上」が多いです。(満点は990点)

JTFほんやく検定(JTF:日本翻訳連盟) 

取扱分野:実務(出題分野:1.政経・社会 2.科学技術 3.金融・証券 4.医学・薬学)
団体に加盟している翻訳会社は約170社あり、実用レベルの1級・2級を取得すると、一部のトライアルで優遇措置を受けることができます。

JTA公認翻訳専門職資格試験(JTA:日本翻訳協会)

取扱分野:実務または出版(対象言語:英語・中国語)
「JTA 公認翻訳専門職」の認定を取得すると、公的な資格証明として使用できます。

知的財産翻訳検定(NIPTA:日本知的財産翻訳協会)

取扱分野:実務(特許明細書など知的財産関連)
1級合格者は日本知的財産協会のホームページに合格者が掲載され、企業からのオファーが届きやすくなります。
また勤務先も記載されるため、弁理士事務所に翻訳者が勤めている場合、事務所自体への依頼件数が増えることも期待できます。

定例トライアル(翻訳者ネットワーク「アメリア」)

取扱分野:実務(IT・テクニカル/ビジネス/メディカル/金融/特許/日英ビジネス/日英メディカル)
出版(フィクション/ノンフィクション)
映像
翻訳者ネットワーク「アメリア」が独自に実施している定例トライアル(翻訳会社が在宅翻訳者と契約するために実施する試験 “トライアル” の模擬試験)で、優秀な成績を収め “実際の仕事・業務で通用するレベル”と認められた方は、その能力の証として「クラウン会員」を取得できます。
「クラウン会員」になると、翻訳の実務経験がなくても、アメリアwebサイト内の翻訳専門求人サイトに掲載されている求人のうち経験者対象の案件にも応募可能になります。またプロフィール欄に「クラウン会員」である証の王冠が表示されるので、企業・団体からのスカウトの可能性も高くなります。

検定試験の資格を持っている3つのメリット

応募できる求人の幅が広がる!

応募条件に英検やTOEICのスコアが記載されていることがあります。その場合はそれをクリアしていることが必要です。

アピール力のある応募書類を作れる!

応募書類では、自分の売り込む事がとても大事です。
特に駆け出しの頃は、履歴書にかける実績がないことが大きな悩み。履歴書にかけることを1つでも増やすために資格を取るのもアリです。

翻訳力向上に向けて対策をたてやすい!

検定試験を受験すると、自分の今の実力を客観的に数値で確認することができます。目に見える形の目標をもてるのは、モチベーションを保ちやすいですよね。

また、自分の苦手部分を把握して、克服するための対策を具体的に立てることができることは大きなメリットです。

まとめ

まとめると…  翻訳の資格は必須ではないが、目指したい分野で有利な資格をとるはアリです。

とはいえ!資格をとるのは時間も努力も必要です。それらが無駄にならないように最初の下調べが重要です。

まずは自分がどの分野を目指したいのかを決め、その分野の求人の応募条件を見てリサーチしましょう。

必要と判断したら資格取得を視野に入れた上で、日本語力を磨くなどの  他の翻訳学習と合わせて優先順位を決めて計画的に学習を進めましょう。

最速で翻訳家になるなら翻訳学校がおすすめ

最速で翻訳を学ぶなら、翻訳学校がおすすめです。

翻訳学校であれば専門知識と業界経験を持った講師による指導を受けることができ、学習中の疑問点をすぐに解決できます。また最適化されたカリキュラムのため無駄がなく、効率的に学ぶことが可能です。

当校の体験レッスン参加者191名に、翻訳学校に通う目的を尋ねたところ、「翻訳の仕事をしたい」が最も多く90%。2位は「英語力アップにつなげたい」(52%)、3位は「現在の仕事に役立てたい」(20%)でした。

同じ志をもった仲間と切磋琢磨し、必要な知識やスキルの習得、仕事獲得までサポートが受けられます。
学校パンフレット(電子ブック)をPDFで閲覧できますので、最速で翻訳家を目指す方はぜひお気軽に資料請求ください。

この記事の監修

フェローアカデミー理事長 室田陽子
フェローアカデミー理事長室田 陽子
学習院女子短期大学卒業後、株式会社サンリオに入社。4年間グリーティングカードの企画に携わる。
その後、翻訳者を志し退職、フェローアカデミーの「ベーシック3コース」を修了し、翻訳者として5年間活動した後、翻訳者ネットワーク「アメリア」立ち上げに参画、理事長/代表取締役に就任。

Archive

OTHERS

SCORE
10

READ MORE

動画を翻訳する方法は?
映像翻訳の仕事内容と求められるスキル

OTHERS

SCORE
112

READ MORE

AI翻訳で翻訳家の仕事がなくなる?
将来性とスキルアップの必要性

OTHERS

SCORE
100

READ MORE

翻訳を依頼できるクラウドサービス8選!
特徴や料金相場を解説!

OTHERS

SCORE
148

READ MORE

翻訳の仕事ができるクラウドソーシングのおすすめは?
案件獲得のポイントも解説!

OTHERS

SCORE
244

READ MORE

フリーランス翻訳家として活躍するには?
年収や必要なスキルについて解説

OTHERS

SCORE
260

READ MORE

翻訳が難しいと感じる5つの理由
自然に翻訳するコツとは

OTHERS

SCORE
343

READ MORE

翻訳家におすすめの資格とは?
取得する流れとメリットを解説

OTHERS

SCORE
193

READ MORE

おすすめの翻訳アプリ8選!
メリットや注意点、選び方について解説

OTHERS

SCORE
264

READ MORE

翻訳料金の相場は?
単価の決まり方や内訳について解説

OTHERS

SCORE
531

READ MORE

PDF翻訳とは?
代表的なツールや今後の課題について解説!

OTHERS

SCORE
370

READ MORE

翻訳者として働くメリットとは?
業務内容ややりがいについて解説

OTHERS

SCORE
614

READ MORE

翻訳家に向いている人とは?
7つの特徴と身に付けるべき3つのスキル

OTHERS

SCORE
358

READ MORE

翻訳と通訳の違いとは?
業務の種類や求められるスキルについて解説

OTHERS

SCORE
849

READ MORE

シャドーイングとは?
メリット・デメリットや勉強のポイントを解説!

OTHERS

SCORE
519

READ MORE

アニメ翻訳家に求められるスキルとは?翻訳フローと需要について解説