OTHERS

reco本リレー【28】青木悦子さんのreco本
『遠い町から来た話』

出版翻訳家が最近読んだおすすめの本=“reco本”を、リレーで紹介していきます。
「次はなんの本を読もうかな」と思ったら、ぜひreco本を手に取ってみてください。
バトンが誰に渡るのかも、お楽しみに!

青木悦子さんのreco本

『遠い町から来た話』<br>ショーン・タン【著】<br>岸本佐知子【訳】<br>河出書房新社
『遠い町から来た話』
ショーン・タン【著】
岸本佐知子【訳】
河出書房新社

青木悦子さんのプロフィール:
文芸翻訳家。J・D・ロブ<イヴ&ローク・シリーズ>、ポール・アダム『ヴァイオリン職人の探求と推理』『ヴァイオリン職人と天才演奏家の秘密』、マイクル・コリータ『深い森の灯台』、ノーラ・ロバーツ『あの頃を思い出して 第一部』など訳書多数。

この作品の読みどころ

今回ご紹介するこの本には、15の短編小説がおさめられている。

そしてそのどれにも、この世界ではない別の世界が登場する。

すぐ隣りにある異世界と、そこの住人。こちらとあちらの世界があたりまえのように並存していて、誰かがそこを行き来すると、何かが生じる。喜び、不安、冒険、驚き、焦燥。そのどれもが奇妙になつかしく、どこかで出会ったような気がする。

また、作者自筆の絵が実にいい。一編ごとにタッチや描法を変えてあり、単なる挿し絵ではなく、文章と同等の力を持って物語をかたっている。そうした絵の自在な力によって読み手は遠く運ばれるが、そこに広がる景色ははじめて見るのに、やはり不思議な既視感がある。むかし味わったけれど忘れていた感情や、眠っていた思いを呼び覚まされる。

わたしがとくに好きな話は『水牛』だ。いつものっそり寝ているけれど、誰かが相談ごとをすると必ず正しい方向を指してくれる水牛。でもいつしか誰も相談にいかなくなり、水牛は……結末はぜひ本書の実物を手にとって、読んでいただきたい。わずか1ページの文章と1枚の絵からなる物語が、忘れがたい印象を残す。

水牛の頭の上には、そこに憩う鳥たちのシルエットがえがかれている。その鳥がなんだかうらやましくみえるわたしは、もうむこうの世界の住人なのかもしれない。

Archive

OTHERS

SCORE
99

READ MORE

reco本リレー【32】杉田七重さんのreco本
『あたしが乗った列車は進む』

OTHERS

SCORE
122

READ MORE

reco本リレー【31】中村久里子さんのreco本
『目の見えない人は世界をどう見ているのか』

OTHERS

SCORE
49

READ MORE

reco本リレー【30】三角和代さんのreco本
『遙かなるセントラルパーク』

OTHERS

SCORE
40

READ MORE

reco本リレー【29】高橋知子さんのreco本
『大鴉の啼く冬』

OTHERS

SCORE
40

READ MORE

reco本リレー【27】光野多惠子さんのreco本
『馬たちよ、それでも光は無垢で』

OTHERS

SCORE
34

READ MORE

reco本リレー【26】村上利佳さんのreco本
『列車はこの闇をぬけて』

OTHERS

SCORE
53

READ MORE

reco本リレー【25】美馬しょうこさんのreco本
『60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ』

OTHERS

SCORE
36

READ MORE

reco本リレー【24】赤塚きょう子さんのreco本
『サイモンvs人類平等化計画』

OTHERS

SCORE
41

READ MORE

reco本リレー【23】古市真由美さんのreco本
『凍てつく海のむこうに』

OTHERS

SCORE
43

READ MORE

reco本リレー【22】木下眞穂さんのreco本
『シンパサイザー』

OTHERS

SCORE
55

READ MORE

reco本リレー【21】小竹由美子さんのreco本
『台湾生まれ 日本語育ち』

OTHERS

SCORE
27

READ MORE

reco本リレー【20】吉澤康子さんのreco本
『いのちは贈りもの ホロコーストを生きのびて』

OTHERS

SCORE
24

READ MORE

reco本リレー【19】木村浩美さんのreco本
『柳宗民の雑草ノオト』

OTHERS

SCORE
47

READ MORE

reco本リレー【18】金井真弓さんのreco本
『人間とは何か』

OTHERS

SCORE
28

READ MORE

reco本リレー【17】濱野大道さんのreco本
『探検家、40歳の事情』