OTHERS

翻訳の勉強は独学でもできるのか?
翻訳家になるおすすめの勉強方法

「翻訳家になりたくて独学で勉強を始めたいが、どうやって勉強を進めてよいかわからない。」
「いざ独学で翻訳の勉強を始めてみたものの、限界を感じている。」
「そもそも独学のみで翻訳家になれるのか?」
こんな悩みを抱えていませんか?

近年、学習アプリやタブレット端末の登場で様々な勉強方法が急速に普及し始めてきました。
そんな中「独学で翻訳家になれないか」と考える人も多いのではないでしょうか。
実際に、独学のみで翻訳家として活躍されている方もたくさんいますので、ぜひ挑戦していただきたいと思います!

ただ様々な情報が溢れていて、あまりの選択肢の多さにいったいどの勉強方法が自分にあっているのか迷ってしまいますよね。
この記事では独学で翻訳家を目指すあなたに向けて「勉強する前の心構え」と「具体的な勉強方法」を解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

勉強を始める前に、意識すべき4つの翻訳スキルとは?

あらゆる翻訳に共通する 必須スキルは4つ です。実際に勉強に取り掛かる前にしっかり頭に入れておきましょう。

①英文読解力

翻訳者として仕事をするには、大前提として英文法の知識が必須です。

これから勉強される方は、まずは英文法のレベルを高校卒業レベルまでは上げておきましょう。そうすることで、その後の勉強をスムーズに進めることができます。

②日本語力

実際に翻訳の勉強を始めてみると、英語力よりもむしろ日本語力が大事なことがわかってきます。翻訳は単に「英語を日本語に置き換えるだけの仕事」ではありません。

読みやすい日本語であることはもちろん、クライアントが求める質感の日本語、著者が表現したいイメージの日本語を選ばなければならないので、日本語表現の引き出しをたくさん持っていることが重要です。

③内容理解力

原文の書き手には必ず読み手に伝えたい事があります。翻訳者は、文章を読んで「書き手が何を伝えたいのか」を理解することが必要です。

本や映画なら「作品のストーリー構成や背景」、ビジネスなら「どんな問題を解決したいのか」「どのように商品をPRしたいか」などを正しく理解しなければなりません。

④リサーチ力

もうひとつ、翻訳に絶対に欠かせないのがリサーチ力です。

内容理解をより深めるために、原文を読んで引っ掛かるところがあれば、なんとなく想像で訳したりせず、きちんと調べて裏を取ることを徹底しましょう。

4つの翻訳スキルを磨くために独学でできるお勧めの勉強方法とは?

ここまで紹介した「4つの翻訳スキル」を磨くための勉強に取り掛かる前に、ぜひやっていただきたいことがあります。

それは ” 現状把握 ” です。

自分の今の実力を知ってからスタートすることで、効率的に学習を進めることができるからです。

ここでは各翻訳スキルを磨くためのおすすめの 現状把握方法 具体的な勉強方法 を詳しく紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

①英文読解力を磨くためにできること

現状把握方法:英語の検定試験や翻訳学校のレベル診断テストを受けてみる

勉強をスタートする前に自分の英文法力が高校卒業レベルに達しているかを確認しておきましょう。
英検であれば2級、TOEICであれば650点以上、大学入試の参考書をある程度理解できるかなどを目安にすると良いです。

また多くの翻訳学校で実施している「無料のレベル診断」を受けてみることをおすすめします。
テスト形式で自宅で取り組むことができ、添削もしてもらえます。今の自分の英語力レベルを客観的に評価してもらえますので、ぜひ活用してみてください。

⇒レベル診断付き学校説明会はこちら

具体的な勉強方法:英文法書(参考書)を1冊やりきる

文法書はたくさんこなすよりも、薄いものでも良いので1冊を徹底的にやりきってみてください。

その時大事なのは、自分の苦手な項目ほど繰り返し学習することです。

英文法には、冠詞や関係代名詞など、つまずきやすいポイントがいくつもあります。なんとなく訳すのではなく、なぜこう訳すのか自分で理解できているかどうかを基準に得意と苦手な項目を分け、重点的に学習する箇所を選びましょう。

②日本語力を磨くためにできること

現状把握方法:市販品で、プロの翻訳と自分の翻訳を比較する

小説や映画など自分が目指したい分野の英語と日本語をたくさん読み、翻訳が手に入るものであれば、自分で訳してプロの翻訳と比較してみることをおすすめします。

そうすることでプロの翻訳者がどれだけ豊かな日本語を駆使しているかを、身をもって知ることができます。

具体的な勉強方法:プロが書いた上質な日本語に触れて、表現のストックを増やす

文章のプロである作家たちは、選び抜いた言葉を駆使して日々表現活動を行っています。
普段からプロが書いた本・新聞などの活字にできるだけ多く触れましょう。

そうすることで必ず、自分の引き出しにない表現や印象的な言葉遣いに出会うことができます。
都度書き留めて、実際に日記やブログ、SNSなどで使用してアプトプットを繰り返し、自分の言葉として使えるようにしていきましょう。

③内容理解力を磨くためにできること

現状把握方法:本や記事などの内容を口頭で人に説明してみる

日本語でも英語でも、文章を読んで理解しているつもりになっていることは意外と多いものです。
アウトプットがきちんとできてこそ、内容を理解したということに繋がります。

短い内容でも構わないので、読んだ内容を身近な人に説明して今の自分の内容理解力を客観的に判断してもらいましょう。

具体的な勉強方法:本や記事などを読み、理解した内容を要約してみる

口頭での説明からさらに一歩進めて、自分の言葉で短くまとめててみましょう。
書き手の文章を自分の言葉で要約することは、内容を正しく的確に理解するための訓練になります。

④リサーチ力を磨くためにできること

現状把握方法:自分を棚卸しして、好きな分野・興味のある分野・得意な分野を探す

リサーチは、自分が好きな分野や興味のある分野でないとそれ自体が長続きしません。
まずは今の自分自身を棚卸しして、どんな分野が好きなのか、どんなことに興味があるのか、これなら人よりも得意だな、と思う分野を探ってみてください。

具体的な勉強方法:複数の検索環境を整えて、ダブルチェックを繰り返す

翻訳では、専門用語や固有名詞、海外の文化など、手持ちの辞書では調べつくせない単語が数多く出てきます。
今ではインターネットで調べることが容易になりましたが、ネットの情報を鵜呑みにしてはいけません。

簡単な単語ほど誤訳しがちということも多々ありますので、書籍や信頼できる複数のサイトであらためて意味を確認する習慣を身につけてください。

独学で勉強を続けられない方におすすめの3つの対策 

ここまで独学でできる翻訳の勉強方法をご紹介してきました。独学のメリットは、「何よりお金をなるべくかけずに学べること」「自分のペースで進められること」「場所や時間にとらわれないこと」ですね。

その一方で勉強を進めるほど「モチベーションが保てない」「自分の訳文が正しいのか判断がつかない」「今の自分の翻訳力がどれだけプロに近づいているのかがわからない」といった悩みが自然と出てくるものです。

独学で行き詰まってしまったら、別の学び方を組み合わせることも1つの手です。
そうすることで前進するきっかけをつかんだり、正しい知識を効率よく身につけていくことができますので、参考にしてみてください。

①通信教育で学ぶ

独学のスタイルに一番近いのは、なんといっても通信教育です。場所も時間も選ばず、ある程度自分のペースで学習を進めることができます。

添削により自分の訳文の正確さを判断してもらえますし、具体的にどこを修正すればよくなるのか、という気づきを得ることができます。課題提出日(締切)が決まっていることや添削者からの励ましの言葉をもらえることで、独学よりもモチベーションを保ちやすいといえます。

⇒通信講座のラインナップはこちら

②翻訳学校で学ぶ

一般的な勉強方法として思いつくのは翻訳の専門学校ではないでしょうか。
最近はコロナ禍でオンライン授業が増えてきたので、以前よりも場所と時間の制限が格段に下がってきています。

通信教育よりも高額な講座もありますが、学校ではクラスメイトがいるというのが最大のメリットです。
翻訳は十人いれば十人の訳し方があり、クラスメイトの訳文を見て「そういう訳し方があったのか!」「自分には無い解釈だった!」と膝を打つような体験を何度も味わうことができます。

また同じ目標を持つ仲間がいることでモチベーションを保ちやすく、勉強や仕事の情報交換の場としても活用できます。
開講時期が近づくと体験レッスンが開催されるところが多いので、お試しで参加してみてクラスの雰囲気を実際に見てみることをおすすめします。

⇒通学・オンライン講座のラインナップはこちら

③番外編:SNSや交流会を活用してネットワークを広げる

勉強と並行して意識して行ってほしいことを、最後に1つだけ紹介します。

それは翻訳者のネットワークを広げることです。

ステップアップして仕事を見据える段階になったら、「翻訳需要の多いジャンルは?」「報酬はどのぐらいなのか?」「今後求められるスキルとは?」など、実際に現場を経験している人でないとわからない疑問がたくさん出てきます。
そんな時に相談できるコミュニティを持っている人ほど、仕事を獲得しやすい傾向にあります。

独学の場合は特に、早い段階からSNSをうまく利用したり、リアル交流会などに参加して、翻訳業界のネットワークを広げることを意識してみてください。

まとめ

翻訳の勉強を「まずは独学でできるところまでやってみよう」と挑戦するのはとても有意義なことです。

何より「自分は本当に翻訳家になりたいのか」「翻訳家という職業は自分に向いているのか」と考えるきっかけになります。
また、いずれは通信教育や翻訳学校で学ぶことを視野に入れている方にとっても、独学しておくと本格的に受講する時にスムーズにスタートを切ることができます。

独学以外の方法を取り入れた場合も、独学の習慣がついている方ほど早くステップアップしていく傾向にありますので、今回紹介した勉強方法をぜひ実践してみてください。

募集中の求人/仕事情報

翻訳者ネットワーク「アメリア」は、企業と翻訳者をマッチングするサービスを提供しています。

翻訳に特化した求人情報を年間1,500件以上掲載しており、ご入会いただくことで求人に応募することができ、求人の約3割は未経験の方も応募可能です。募集元の企業は600社以上。すべて審査制度を通過した企業ですので安心してご利用いただけます。

⇒アメリアの求人一覧はこちら

※求人情報の詳細を閲覧するには、アメリアにご入会いただいた上でログインが必要となりますのでご了承ください。

Archive

OTHERS

SCORE
114

READ MORE

翻訳家になるために資格や試験は必要?
資格を取得する3つのメリット

OTHERS

SCORE
181

READ MORE

社会人が翻訳学校に通うのはアリ?
働きながら翻訳家になる方法

OTHERS

SCORE
1357

READ MORE

reco本リレー【34】おおつかのりこさんのreco本
『リスのたんじょうび』

OTHERS

SCORE
1395

READ MORE

reco本リレー【33】八木恭子さんのreco本
『レイン:雨を抱きしめて』

OTHERS

SCORE
1527

READ MORE

reco本リレー【32】杉田七重さんのreco本
『あたしが乗った列車は進む』

OTHERS

SCORE
1957

READ MORE

reco本リレー【31】中村久里子さんのreco本
『目の見えない人は世界をどう見ているのか』

OTHERS

SCORE
1282

READ MORE

reco本リレー【30】三角和代さんのreco本
『遙かなるセントラルパーク』

OTHERS

SCORE
1073

READ MORE

reco本リレー【29】高橋知子さんのreco本
『大鴉の啼く冬』

OTHERS

SCORE
1112

READ MORE

reco本リレー【28】青木悦子さんのreco本
『遠い町から来た話』

OTHERS

SCORE
1213

READ MORE

reco本リレー【27】光野多惠子さんのreco本
『馬たちよ、それでも光は無垢で』

OTHERS

SCORE
1046

READ MORE

reco本リレー【26】村上利佳さんのreco本
『列車はこの闇をぬけて』

OTHERS

SCORE
1272

READ MORE

reco本リレー【25】美馬しょうこさんのreco本
『60歳からの外国語修行 メキシコに学ぶ』

OTHERS

SCORE
1148

READ MORE

reco本リレー【24】赤塚きょう子さんのreco本
『サイモンvs人類平等化計画』

OTHERS

SCORE
1153

READ MORE

reco本リレー【23】古市真由美さんのreco本
『凍てつく海のむこうに』

OTHERS

SCORE
1283

READ MORE

reco本リレー【22】木下眞穂さんのreco本
『シンパサイザー』