岡本 彩織

Saori Okamoto

上智大学文学部英文学科を卒業後、がん専門病院に就職。外国人患者の対応を担当する部署で、来院時の通訳や院内文書の翻訳に従事する。その後、CRO(医薬品開発業務受託機関)に転職し、治験立ち上げ業務に携わる。フリーランスの翻訳者として独立以降は、実務経験を活かし、同意説明文書や治験契約書など、治験関連の文書を中心に翻訳(主に日英)およびチェックを行っている。