実務翻訳コース 上級
2017年4月期は1/25(水)から募集を開始いたします。

経済・金融ゼミ

  • 受講期間:10/19 〜 2017/2/8 (全14回)
  • 曜日/時間:毎週・水/19:00〜21:00 (120分)
  • 受講料:127,500円(税込 137,700円)
  • 申込締切:10/7

お申込みを締切ました

「ビジネス・経済ゼミ」は「経済・金融ゼミ」に講座名を変更しました。

この講座では、経済・金融分野の翻訳に必要な基礎的事項を確認しながら、最新の金融動向が分かる旬なトピックを題材にした演習で、トライアル合格レベルの翻訳力を身につけます。

<予定教材>


<授業の進め方>

  • 1回の課題範囲はA4 1〜3枚程度
  • 授業前日までにメールで訳文と質問を提出
  • 授業前半は課題テーマの背景知識の講義、後半は訳文の解説と質問への回答(全員分の質問一覧を共有)
  • 講師の訳例配布、講評
スケジュール
講師:吉本 秀人 (よしもと ひでと)

実務翻訳家。多種多様な経済・金融・ビジネス関連文書の翻訳を手がける。実務基礎テキスト「BETA」を執筆。著書に『金融の英語』など。

◆講師インタビュー
「実務翻訳のエキスパートが考え抜いた 力の伸びが実感できる体系的な学習とは」


【講師からのメッセージ】
この講座の目的は「マクロ経済」と「ミクロ経済」の両方を学ぶことで経済・金融分野の総合的な翻訳力を高めることにあります。「マクロ経済」とは、経済動向や市場動向などを集合的な動きとして捉えた事柄、「ミクロ経済」とは、企業活動の法律的側面、会計的側面などを個々の動きとして捉えた事柄です。
こうした知識を必要とするのは「経済」「金融」分野の翻訳ばかりではありません。実際にあった話で言うと、法務文書で「仲裁(arbitration)」関係の仕事を受注した翻訳者が、文書中のexitという単語を「抜け出す」と訳してしまい、それが本当は経済用語である「投資回収(エグジット)」で、重大な誤訳となってしまった例があります。そのような例は枚挙にいとまがないので、経済に関する知識は、法律・ビジネス分野でも最低限必要となる知識ということができるでしょう。

受講条件
下記のいずれかの条件にあてはまる場合。

①同じ講座を再受講する場合。
②単科中級「経済・金融」で行われる最終トライアルでB判定以上を取得した場合。
③「経済・金融ゼミ」の選抜試験に合格した場合。

*①は受講期間終了日から、②はB判定以上を取得した「経済・金融」の受講期間終了日から、それぞれ3年以内の申込みに限ります。
 ③は合格通知日から3年以内の申込みに限ります。
クラウン推薦
対象ジャンル
金融
→ クラウン会員の詳細はこちら
お申込みから受講までの流れ

お申込み

ゼミ選抜試験の要・不要に関わらず、ご希望の講座を 受講申込フォームへ からお申込みください。

  • <ゼミ選抜試験が必要な場合>

    1.お申込み後3営業日以内に、メールで課題文をお送りします(メールアドレスが無い場合は郵送)。
    2.1週間以内に訳文をご提出ください。
    3.ご提出後1週間以内にメールで合否結果をお知らせします。合格された方には別途、契約書面と受講料納入のご案内を郵送します。

  • <ゼミ選抜試験が不要の場合>

    お申込み後3営業日以内に、契約書面と受講料納入のご案内を郵送します。

お申込み

受講料納入のご案内到着後8日以内(ただし開講日より前)に受講料をお支払いください。


お支払い方法
○振込:一括払い
○クレジットカード(VISA/Master):1回/2回/ボーナス一括
(クレジット払いご希望の方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします)

お申込み

各講座の申込締切日の翌営業日に、教材、学生証を郵送いたします。

PICK UP

通学講座説明会 「入門・初級」体験レッスン カレッジコース

PAGE TOP