マスターコース「コージーミステリー」

コージーミステリー作品として通用する表現力を身につけ、仕事につながる実力を養います。

講座のポイント

  • 表現力を磨きながら、作品の雰囲気に適した表現を追求する
  • ”物語として読めるかどうか”という観点で、全体的な流れを意識して訳す力を習得する

コース概要

講座名
マスターコース「コージーミステリー」
受講期間
2019/11/1~2020/4/30(6ヵ月)
受講料
81,000円(税込 89,100円)
試験について
【申込期間】9/2正午~10/1正午
【提出期限】10/1正午必着
【合否発表】10/16 ※合格者には同日、教材と受講料のご案内を送付します。
添削
6回/月1回(固定スケジュール/担当講師による指導)
修了規定
4課題提出で修了証書を発行
学習サポート
<復習サポートシステム「Q&A」>
返却された添削結果やアドバイスについて分からない点があった場合、マイページから質問することができます。
<スクーリング>
受講期間中1回、担当講師によるスクーリングを行います。
スクーリング
2020/5/16
留意事項
・課題の提出と添削結果の受け取りには受講生専用サイト「マイページ」を利用していただきます(郵送での提出受付、返却は行っておりません)。
・受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。

「アメリア」クラウン会員に推薦

講師から「仕事で通用する実力がある」と認められた受講生は、翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員に推薦され仕事のチャンスが拡大します。
クラウン推薦分野:フィクション

学習内容

プロの入口「マスターコース」

「マスターコース」は“プロの入り口”となる上級コース。現役で活躍する、各ジャンルのエキスパート翻訳者の添削指導のもと、すぐに現場で通用する実践的な翻訳力を習得します。

マスターコースの特徴は、その多彩なラインナップ。実務分野は、IT、メディカル、ビジネス英訳。出版分野は、ヤングアダルト、ルポルタージュ、ミステリー。映像分野は吹替・字幕、ドキュメンタリーなど、ジャンルを絞って必要なスキルを強化できます。

また優秀な成績を修めると、講師から翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員へ推薦され、仕事獲得のチャンスが格段に広がります。

マスターコース「コージーミステリー」の内容

この講座では、まず「小説として読めること」、そのうえでコージーミステリー作品として通用するレベルになること、そして仕事につながる実力を身につけることを目標とします。
課題作品は講師が翻訳を手がけ、日本でも人気のアガサ・レーズンのシリーズです。個性的で魅力的な中年女性が主人公ですが、コージーミステリーでは主人公のキャラクター作りが大切。まずは、作品と主人公を好きになることから始めましょう。
1回の課題量はペーパーバック3ページから6ページ程度で、後半に向けて分量が増えていきます。そして講評ではポイントになる箇所を受講生のみなさんがどのように訳したのか共有。自分以外の表現に触れて、登場人物ごとに口調をどう変えるか、作者の意を汲んで、どこまで意訳が許されるか、表現ひとつで雰囲気がどう変わるか、などを学んでください。各課題を通じて小説を深く読みこむ訓練を重ね、最終回には物語として読めるかどうか、全体的な流れを意識して翻訳に取り組めるレベルを目指します

担当講師

羽田 詩津子
Shizuko Hata

出版翻訳家。主な訳書に『アガサ・レーズンと七人の嫌な女』『春のスープと悩める花嫁』『ナチスから図書館を守った人たち』(原書房)、『秘密の花園』『ハイド』(KADOKAWA)、『〈協定〉』『アクロイド殺し』『猫的感覚』(早川書房)、『イレナの子供たち』『歴史の証人ホテル・リッツ』(東京創元社)、『毒親の棄て方』(新潮社)など多数。著書に『猫はキッチンで奮闘する』(早川書房)。

講師からのメッセージ

翻訳には、日本で一番目の読者として物語を作りあげていく喜びがあります。と同時に、ちょっとした言葉の使い方で作品全体の雰囲気や登場人物のキャラクターが変わってくるので、翻訳者は責任重大です。作品をきちんと読みこみ、魅力的な登場人物像を作りあげなくてはなりません。
教材はコージーミステリーを使用します。コージーミステリーは、主人公のキャラクターで作風が決まるといっても過言ではありません。
今期は50代の女性アガサ・レーズンを主人公にしているイギリスのコッツウォルズを舞台にしたシリーズ作品を訳していく予定です(原書房コージーブックスより「英国ちいさな村の謎シリーズ」として、すでに12巻まで刊行中です)。口は悪いし、わがままな部分もあるけれど、やさしくピュアで繊細さも持ち合わせ、恋にはとても不器用なアガサの物語は毎回にやりとさせられる場面がたくさんあります。想像力を駆使して、アガサの心理を深く読み解きながら、小説を訳すコツをいっしょに楽しく学んでいきましょう。

受講者の声

東京都在住/50代/女性

原文を尊重しながら訳文を工夫する、そのさじ加減をプロから学べたことが一番の収穫でした

フィクション翻訳に関心を持っていたところ、マスターコース「コージーミステリー」の課題小説が大好きなアガサ・レーズンシリーズで、しかもアガサシリーズを翻訳を手がけてこられた羽田先生にご指導いただけるまたとない機会と思い、受講を決めました。
マスターコースは毎月、一回提出というスケジュールなので、他の仕事をしながらでも、一回の課題にひと月かけてじっくり取り組めるのが良かったです。提出した訳文を毎回、プロの先生に直接、添削していただき確実に上達につながったと思います。直す点だけでなく、良かった点についてもコメントをいただけて、たいへん励みになりました。
コージーは、ミステリー小説ではありますが、思わず笑ってしまうユーモアあふれる場面がちりばめられているのが特徴です。そういった場面では英文をそのまま日本語にしても、可笑しさは伝わりません。そこで、訳文に工夫が必要になってきますが、原文を尊重しつつ、どこまで原文を離れた思いきった訳文が許されるのか、そのさじ加減を学べたことが一番の収穫かなと思います。
また、全てのスケジュールが終了した後のスクーリングで、羽田先生や他の受講者の方々と直接、顔を合わせての授業も楽しい体験でした。

大阪府在住/50代/女性

受講生全員の訳を場面ごとに取り上げた講評で、自分の訳文を客観視できたのがよかったです

中級「出版翻訳講座」を終えた後1年近くは翻訳から遠ざかっていました。勉強を再開しようとした時期に、大好きだったコージーミステリー講座の募集がちょうど始まっていたので迷わず受講することにしました。

私の場合、訳抜けは絶対にダメだという気持ちから、とにかくあるだけの情報を取り込んで訳そうという思いが強すぎて非常にくどい文章になってしまうのですが、羽田先生からは「全ての情報を盛り込まず、何を言わんとしているかだけを描写する」というアドバイスをいただきました。英文の具体的な箇所について、「このあたりは流す感じでいいのでは」というご指摘がわかりやすかったです。

各回の課題講評では、受講生全員の訳例を場面ごとに取り上げて紹介してくださり、他の受講生の訳文を参考にすることができました。ほかの方のうまい表現や言葉の選び方を知ることで、自分の訳文を客観視できたのはよかったと思います。

受講中はうまく訳せなくて落ち込むこともあったのですが、終えてみてますます翻訳が面白くなってきました。自分に必要な知識、今すぐに取り組むべきことが見えてきて、私にとってはマスターコースが翻訳修業の本当のスタートなのだと実感しています。

お申込みの流れ

このコースは試験(無料)に合格された方が対象となります。
※試験の応募は無料です

STEP-1
開講月の約2ヶ月前:募集開始
ご希望の講座にWebサイトからお申込みください。
試験の課題文と提出方法についてメールでご案内します。
STEP-2
開講月の約1ヶ月前:試験課題の提出
締切日時(必着)までにご提出ください。
STEP-3
開講月の約2週間前:合否発表・教材、手続書類の発送
担当講師による判定後、合否をメールでお知らせします。
合格者には初回教材、「契約書面」と受講料のご案内を郵便もしくはメールでお送りします。
STEP-4
受講料のお支払いクレジットカード
「振込(一括)」を選択した方は、8日以内に受講料をお振込みください。
「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、受講生専用サイト「マイページ」にログインしてカード情報をご登録ください。

お申込み後の受講の取り消しについて

「契約書面」をお受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリングオフ期間経過後は講座ごとの規定の算出方法により、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
※クレジットカードのボーナス一括払いをご利用になられた場合は、決済完了後のご返金となります。