マスターコース「フィクション」

「お金を払って読んでいただける」文章作りを目指します。

講座のポイント

  • ユーモア、LGBTQなどさまざまなジャンルのフィクション短編に取り組む
  • スクーリングでは講師による個別面談を実施

コース概要

講座名
マスターコース「フィクション」
受講期間
2021/1/1~2021/6/30(6カ月)
受講料
89,100円(税込)
試験について
【申込期間】11/2正午~12/1正午
【提出期限】12/1正午必着
【合否発表】12/16 ※合格者には同日、教材と受講料のご案内を送付します。
添削
6回/月1回(固定スケジュール/担当講師による指導)
修了規定
4課題提出で修了
学習サポート
<復習サポートシステム「Q&A」>
返却された添削結果やアドバイスについて分からない点があった場合、マイページから質問することができます。
<スクーリング>
受講期間中1回、担当講師によるスクーリングを行います。
スクーリング
7/10
※フェロー・アカデミーにて行います。
留意事項
・課題の提出と添削結果の受け取りには受講生専用サイト「マイページ」を利用していただきます(郵送での提出受付、返却は行っておりません)。
・受講にあたって、Eメールアドレス、Microsoft WordもしくはWordファイルに対応したソフトを所有し、基本操作ができることが条件となります。
★この講座では原書をKindle版で配布します。Kindleをお持ちでない場合は、ご使用になるPCやタブレットにKindleアプリ(無料)をダウンロードしていただければご覧いただけます。
合否発表後、合格者にはKindle版の金額に相当するギフト券をメールでお送りします。ギフト券を利用してご自分でご購入のうえPC等にダウンロードしてください。

「アメリア」クラウン会員に推薦

講師から「仕事で通用する実力がある」と認められた受講生は、翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員に推薦され仕事のチャンスが拡大します。
クラウン推薦分野:フィクション

学習内容

プロの入口「マスターコース」

「マスターコース」は“プロの入り口”となる上級コース。現役で活躍する、各ジャンルのエキスパート翻訳者の添削指導のもと、すぐに現場で通用する実践的な翻訳力を習得します。

マスターコースの特徴は、その多彩なラインナップ。実務分野は、IT、メディカル、ビジネス英訳。出版分野は、ヤングアダルト、ルポルタージュ、ミステリー。映像分野は吹替・字幕、ドキュメンタリーなど、ジャンルを絞って必要なスキルを強化できます。

また優秀な成績を修めると、講師から翻訳者ネットワーク「アメリア」のクラウン会員へ推薦され、仕事獲得のチャンスが格段に広がります。

マスターコース「フィクション」の内容

この講座では、さまざまなジャンルのフィクション短編を訳すことで、ひとつの小説の世界を読み取り、作品として仕上げていくことを目標とします。一回あたりの課題量は原著4ページ程度。添削結果と、講評・訳例を対比させながら、訳文としての正確さはもとより、プロとして「お金を払って読んでいただける」レベルの文章作りを目指します。
扱う予定作品のひとつ、シャーリー・ジャクソンのユーモア短編では、平易な原文ながら、読者をクスっと笑わせる工夫についてみっちり学んでいただきます。また、今回は初めてコラム・エッセイを取り上げ、短い文章にこめられたエスプリとウィットと皮肉をいかに日本語に移していくかを学んでいただきます。このほかにも、様々なテイストの作品に挑戦していただく予定です。
またスクーリングでは講師による個別面談を行います。講師に直接相談することで、悩みや疑問を解決していただけます。

担当講師

柿沼 瑛子
Eiko Kakinuma

英米文学翻訳家。主な訳書に『魔術師の帝国』C・A・スミス(共訳)、『わが愛しのホームズ』ローズ・ピアシー、『キャロル』パトリシア・ハイスミス、『ヴァンパイア・クロニクルズ』『眠り姫シリーズ』アン・ライスなど。

講師からのメッセージ

翻訳なんてしょせんヨコのものをタテにする作業だと思ってはいませんか? 実は翻訳とはとてつもなくクリエイティブな作業なのです。まずは原文を読み取り、そこから生まれた脳内イメージを正確にとらえ、それを日本語に再構成していく――それには英語力と日本語力だけでなく豊な想像力が求められます。当講座では五感をフルに活用し、「読んで、見て、触れて、味わい、訳す」をモットーに、楽しくかつ厳しく、みっちりと翻訳を学んでいただきます。

受講者の声

静岡県在住/40代/女性

たくさんの赤が入った添削結果は、自分のウィークポイントに気づくチャンス

以前柿沼先生のロマンスのマスターコースを受講した際のスクーリングで参考図書などを教えていただき、他ジャンルでの翻訳も勧めていただきました。それらを参照する中で、もっと翻訳の幅を広げたいと考え、今回のフィクションの講座を受講することを決めました。
今回の講座では恋愛感情の入らない人と人の距離感、立場や上下関係の違いによる言葉の取捨選択に苦労しましたが、そこがとても面白かったです。
前回もそうでしたが、今回も6回とも全部、先生の訳例を読むたびに気づかされることがたくさんあり、原文をもっと読み込まなくてはならないと痛感しました。

講座ではたくさんの赤が入った添削結果をもらいます。落ち込みそうになることもあるのですが、先生ご本人は気さくで、かわいらしくて、とても親切な方です。厳しい指摘にめげず、自分のウイークポイントに気づくチャンスをもらったと考え、どーんと胸を借りる気持ちで上を目指すとたくさんのアドバイスもいただけます。

私の訳は「硬い」と前にも指摘されたことがあるのですが、それも「個性」で「無理をして直すことはない」と言っていただけたことで、活かしながら訳そう、と前向きになれました。

大阪府/40代/女性

メリットは、独学では気づけない自分の弱点や癖などを指摘してもらえること

数年間ほかの翻訳講座に通っていたのですが、別の先生にも教わってみたいという動機もあって、柿沼先生のフィクションのマスターコースを受講しました。
課題として取り上げられた3作品はそれぞれ作風が異なるので、たった6回の講座とはいえ、さまざまなタイプの作品に取り組むことができました。
課題提出の際に記入した質問に対して、かならず、きちんと返答がいただけたことも非常にありがたかったです。柿沼先生からは「ところどころ説明っぽくなっている」「直訳から完全に抜けられていない印象」などのアドバイスをいただきました。独学では気づけない自分の弱点や癖などを指摘してもらえるのは、やはり、翻訳の講座を受講する大きなメリットだと思います。先生の訳例もいただけますので、よりこなれた訳文、読みやすい文章の流れなどを学ぶこともできます。文芸翻訳に興味がある人、プロを志す人にとって、得るものは少なくない講座だと思います。

お申込みの流れ

このコースは試験(無料)に合格された方が対象となります。
※試験の応募は無料です

STEP-1
開講月の約2ヶ月前:募集開始
ご希望の講座にWebサイトからお申込みください。
試験の課題文と提出方法についてメールでご案内します。
STEP-2
開講月の約1ヶ月前:試験課題の提出
締切日時(必着)までにご提出ください。
STEP-3
開講月の約2週間前:合否発表・教材、手続書類の発送
担当講師による判定後、合否をメールでお知らせします。
合格者には初回教材、「契約書面」と受講料のご案内を郵便もしくはメールでお送りします。
STEP-4
受講料のお支払いクレジットカード
「振込(一括)」を選択した方は、8日以内に受講料をお振込みください。
「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、受講生専用サイト「マイページ」にログインしてカード情報をご登録ください。

お申込み後の受講の取り消しについて

「契約書面」をお受け取り後、8日以内はクーリング・オフが可能です。
クーリングオフ期間経過後は講座ごとの規定の算出方法により、書面の届出をもって、将来に向かって中途解約を行なうことができます。受講料をお支払い済みの場合は、解約手数料と振込手数料を差し引いた金額を返金いたします。
※クレジットカードのボーナス一括払いをご利用になられた場合は、決済完了後のご返金となります。