翻訳者のための辞書セミナー~辞書引きから訳文作りの実践へ~

課題を用いて、辞書を正しく活用した翻訳方法を実践します。

こんな方にお勧めです

  • ひととおり辞書はそろっているが、辞書の使い方を見直したい方
  • 辞書を効果的に活用できていないと感じている方

コース概要

講座名
翻訳者のための辞書セミナー
~辞書引きから訳文作りの実践へ~
配信期間
2019/11/5~2019/11/26
受講料
8,000円(税込8,800円)
動画時間数
約90分
受講対象
翻訳学習経験者
申込締切
10/29
動画URL送付
11/5
※課題と資料(PDF)はメール添付でお送りします。
質問受付期間
11/5~11/26
動画視聴後、講師に質問することができます。回答は2週間以内にお送りします。
※質問はお一人様1回とさせていただきます。

学習内容

正しい辞書選び・引き方・読み方のプロセスを実際の翻訳に活かす

このセミナーでは、辞書を有効活用した実践的な訳文の作成方法を紹介します。前半では、辞書ごとの特徴や発行年、形態など辞書選びの基本を解説し、後半は例文をもとに、辞書を翻訳にどう活かすのか具体的に見ていきます。
どんな辞書を使い、どんな調べ方をして、最終的にどんなプロセスで訳文に反映していけばいいのか、セミナーで解説するポイントは以下のとおりです。
・よく知られた慣用句を敢えて辞書で引き直す理由
・成句を辞書で引く方法
・どんなタイプの英日翻訳で日本語の類語辞典を使うと有効か
このほかにも、辞書ブラウザやアプリでの検索方法なども紹介します。
課題文でご自身の訳文作成プロセスを確認した後は、動画でプロの手順と比較して改善を図ることが可能。過去の「翻訳者のための辞書セミナー」で紹介したポイントもおさらいしますので、今回辞書セミナーを初めて視聴する方でも安心してご視聴いただけます。また、すでに辞書セミナーを視聴したことがある方は、前半であらためて辞書の選び方や読み方を定着させたうえで実践に取り組むことができます。

辞書環境の整え方、オンライン英英辞書の活用方法に続く、高橋先生による「辞書セミナー」待望の第3弾です。辞書に関する情報発信や講演を積極的に行っている高橋先生から、実践的かつ効果的な辞書の使い方を学べるこのチャンスをお見逃しなく!

※過去に配信した「【動画配信】翻訳者のための辞書セミナー~辞書引きから訳文作りの実践へ~」とほぼ同じ内容です。

学習内容

1.どんな辞書を引くか
・英和、和英、英英、国語
・大辞典、中辞典、学習辞典、専門辞典
・辞書の発行年
・辞書の形態

2. どのように引くか
・成句をどう引くか――辞書の形態ごとに語義や語法をどう読むか

3.課題(事前課題/練習問題)の解説

受講者の声

――プロの方々は、「そこまで調べるのか」と思うほどたくさんの辞書にあたって訳語を決めていることが分かり、大変参考になりました。

――事前課題に取り組むことで、講座の流し見がなくなることと、自分の普段の調査環境や作業に足りないところ、そのまま維持していいだろうというところが認識できたので、満足しました。

――困っていた成句検索の方法がわかったほか、これまで導入していなかった辞書アプリ、学習者向け英和辞典活用のメリットなど、実務ですぐにいかせる情報が盛りだくさんでした。質問にも丁寧にご回答くださいました。

担当講師

高橋 聡
Akira Takahashi

実務翻訳家。学習塾の講師をしながら、マニュアルなどコンピュータ関連の翻訳を始める。その後、翻訳会社のローカライズ部門に社内翻訳者として勤務し、2007年からフリーランス翻訳者として活躍。現在はIT・テクニカル、マーケティング文書全般の翻訳を手がける。日本翻訳連盟(JTF)理事。アメリアの「定例トライアル<実務(IT・テクニカル)>」の審査も担当。

講師からのメッセージ

翻訳者の間には「辞書はお金で買える実力」という格言があります。しかし、各辞書の特性を知り、自分の辞書環境(辞書ソフトやアプリ)の機能を正しく理解していなければ、せっかくそろえた辞書も有効には活用できず、「実力」を買ったことにはなりません。今回の講座では、まず辞書環境の機能を詳しく説明したうえで、それを使って実際に訳文に反映していくまでのプロセスを説明します。
お申込みの流れ
STEP-1
受講お申込み
推奨環境を必ずご確認のうえ、ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
※「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
STEP-2
受講料のお支払いクレジットカード
メールにて、受講料のご案内をお送りします。 「振込(一括)」を選択した方は、メール受信日を含めた4日以内に受講料をお支払いください。 「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします。
STEP-3
視聴用URL・課題・資料の送付
配信開始日に、ご入金の確認ができた方を対象に視聴用URLと、課題・資料(ある場合)をメールでお送りします。