フリーランスになるなら考えたいお金のこと

事前準備、ライフプランニング、節約の仕方や確定申告についてなど、フリーランスになる前に知っておきたい情報をお届けします。

こんな方にお勧めです

  • 将来フリーランスとして仕事をしたい方
  • フリーランスにとって有益な情報を知りたい方

コース概要

講座名
フリーランスになるなら考えたいお金のこと
配信期間
2019/7/5~2019/7/26
受講料
8,000円(税込8,640円)
動画時間数
約90分
講師
古川智子
受講対象
フリーランス翻訳者になりたい方
定員
30名
申込締切
6/28
動画URL送付
7/5
※資料をあわせてお送りします。
質問受付期間
7/5~7/26
動画視聴後、講師に質問することができます。回答は2週間以内にお送りします。
※質問はお一人様1回とさせていただきます。

学習内容

フリーランスになる前に最低限知っておきたい必要事項や制度をご紹介!

翻訳者の就業形態のほとんどは、フリーランス。フリーランスは、言ってみれば自営業です。会社勤めをしていると、「自営業ではさまざまな手続きを自分で行わないといけない」ということはわかっていても、実際どのような手続きが必要なのか詳しく知らない、という場合が多いのではないでしょうか。この講座では、フリーランスの就業形態から、フリーランスになる前の必要な手続き、どんな準備をしておくと良いのか、また自営業にはつきものの確定申告についても概要を説明します

さらに、なかなか人に聞けないお金のことについてもご紹介。節税の仕方や使える制度など、フリーランスとして働くために事前に知っておきたい情報をお届けします。

講師は中日翻訳者であり、日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定AFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)の資格を持つ、古川智子先生。専門家ならではの切り口で、翻訳者として独立したい方に向けて、ライフプランニングの仕方やご自身に合った制度を選ぶヒントとなる情報を提供します

学習内容

状況の整理

1.フリーランスとは

2.必要な手続きと望ましい準備とは

3.フリーランスを取り巻くお金について

4.外部環境

5.ライフステージ

 

使える制度

1.青色申告

2.小規模企業共済

3.確定拠出年金

4.生命保険料控除

5.NISA

受講者の声

――フリーランス入門編ともいうべきもので、とてもわかりやすく勉強になりました。

――フリーになった時に必要になってくる手続きや制度などを考える良いきっかけになりました。

担当講師

古川 智子
Tomoko Furukawa

会社員、派遣社員などを経て2003年よりフリーランス翻訳者(中国語の和訳専門)。取扱分野は観光情報から新規事業計画書まで多岐にわたる。訳書に『日本製造業のイノベーション経済学分析―技術革新と組織改革の進化』(科学出版社東京、2017年)など。2016年5月にファイナンシャル・プランニング技能検定2級、同8月に日本FP協会のAFP認定を取得。

講師からのメッセージ

フリーランス翻訳者となるために特別な資格は必要ありません。個人として翻訳業務を受注するだけです。一方、独立して生活していくとなると、考えるべきことは少なくありません。とりわけお金の収支については、早い段階から意識して手を打つことが大切です。お得な公的制度ほど向こうからやってきてはくれません。自分にはどういう制度が向いているのか、どういう保障があると安心なのか、考えるきっかけにしていただければ幸いです。
お申込みの流れ
STEP-1
受講お申込み
推奨環境を必ずご確認のうえ、ページ下部の「お申込み」ボタンよりお申込みください。
※「お申込み」ボタンが表示されない場合は、申込み期間外となります。
STEP-2
受講料のお支払いクレジットカード
メールにて、受講料のご案内をお送りします。 「振込(一括)」を選択した方は、メール受信日を含めた4日以内に受講料をお支払いください。 「クレジットカード(VISA/Mastercard® 1回/2回/ボーナス一括)」を選択した方は、お申込み時に入力いただいたカード情報に基づき手続きいたします。
STEP-3
視聴用URL・課題・資料の送付
配信開始日に、ご入金の確認ができた方を対象に視聴用URLと、課題・資料(ある場合)をメールでお送りします。